2008 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 03

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

パワステ ステアリングラックのシール交換 その後・・・

 【19//2009】

先日からはじめたブレーキキャリパーのオーバーホール・・・そのときに気づいたのですが、タイロッドとステアリングラックのブーツ部分が湿ってる・・・

キャリパーのオーバーホールも止まっているということで、ブーツをとりあえず外すことに・・・

そしたら・・・

パワステフルードが漏れていました・・・

組み付けるときにどこかでミスをしたのか・・・
それにしても、ラックの左右両方から漏れているとなるとやはりシール???って思っています。

でも新品のシールなのになぜ漏れる??って思ったので、もしかしたら、ラック自体の寿命・・・というか傷が入っているのか?

もう1つ気になっているの、ラックを組み付けるときに使ったグリスです。

ラックブーツ部分と、ラックの組み付け時に安物の汎用グリースを使ったためシールをいためてしまった可能性が・・・?

そう思った理由は他の部分で、同じグリースを使ったところで、ゴム部分が変形していたことがあります。

他にもグリースはゴムをいためる可能性があるということや、ゴムパーツにはゴムと愛称のよいグリースがあることを知りました。

そういうことを考えるとやはりグリースも怪しいものと考えてもおかしくないと思いました。

とは言っても、あけて確認するまではただの推測になってしまうので取り外しを決意しました。


でもその間も車を動かせないのは嫌なので、ヤフオクでパワステラックを購入しました。

とりあえず漏れもないようなので、これをFCに取り付けて、その間にゆっくりとステアリングラックをばらしてみようと思います。
スポンサーサイト

Category: FC3S パワステ シール交換

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ステアリングギアボックスオイルシール交換に使った工具

 【26//2009】

今後のために、今回ステアリングギアボックスのシールキット交換に使用した工具を記載しておきます。

今回は特殊工具はなしでいけましたが、あったらやっぱり便利なんだろうなぁ実感です。
あ、唯一使った特殊工具といえば、タイロッドエンドリムーバーくらいでしょうか。

■ラチェット

■ソケット 8~24mm(もっとでかいのがあると楽かも)  →  全般的に使用

■メガネレンチ8~24mm  →  全般的に使用

■スパナ8~24mm  →  全般的に使用 オイルラインの切り離しに使用

■41mm  →  サポートヨークのロックナット外し用
(利用したのは41mmですが、実際は40mmの専用工具が必要かもしれません。とりあえず41mmのスパナで外せました。)

■モンキー 35mmまで、口が開くやつ  →  オイルラインの切り離、タイロッドの取り外しに使用
全体的に使用

■ドライバー(+ - 大中小)  →  全般的に使用

■グリース  →  ステアリングラック内ギア部に塗布 ステアリングギアボックス内ベアリング タイロッドエンドブーツ封入に使用 その他

■バイス(万力)  →  タイロッド取り外し、ステアリングギアボックス内のシール組付けに使用

■ビニールパイプ  →  ステアリングギアボックス内のシールの取り外し、組み付け、圧入に使用

■パワステフルード  →  オイルシール組み付け時、ステアリングラックをギアボックスに入れるときに使用

■木の板2枚  →  ステアリングラックのブッシュにオイルシールを圧入時に使用

こんな感じだったと思います。
足りなかったらまた追記します。

Category: FC3S パワステ シール交換

Theme: 【DIY】Do it Yourself!!!【DIY】

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ようやく完成!

 【26//2009】

ついにパワステのステアリングギアボックスのシール交換が終わりました。

昨日のことでした。


っていうか組み付けるのに必死になって、写真を取るのを忘れてしまいました。

というわけで、今回は画像なしでいきます。


シール類も全部組みあがって取り付けるだけになっていたので、ひたすら組み付け、取り外すときより、取り付けの時のほうがどこについていたかがわかっていたので、かなり早く組み付けることができました。


ちょっと怖かったのが、インタークーラーなども取り外していたので、異物などが入っててエンジンが壊れてしまわないかと・・・


さらに取り付けミスやつけ忘れなどで、最後に部品が余ってしまってないかと・・・


ですが、今回は取り外すものが多かったので、各パーツごとに小分けして入れ物に入れていたので、部品のつけ忘れなどはありませんでした。

さぁそしてエンジンをかけるとき!!

キュキュキュ・・・ブゥ~ン!!


かかった!!


ここからパワーステアリングフルードと、ラジエターも外してクーラントも抜いていたので、それぞれのエア抜き作業。

まずは、ラジエターにクーラントを入れておいて、エンジンはかけずにパワステフルードのエア抜き。

パワーステアリングに負荷のかかっていないところで、(ジャッキアップ中に)左右にステアリングをめいいっぱい切ってある程度パワステフルードが減らなくなるまで、同じ作業を行いました。


パワステフルードが減らなくなったら、今度はエンジンをかけて同じ作業の繰り返し。
もちろんこのときもまだジャッキアップ中です。

このとき気をつけないといけないのが、パワステフルードが減りすぎていることに気づかずに継ぎ足さずにいると、オイルポンプから『キィーッ』っていいやな音がします。

おそらくこのまま放置していしまうとパワステのオイルポンプが焼きついてしまうのでしょう。

たぶん私の場合はぎりぎりセーフ(??)でエンジンを止めて間に合いました。




ついでこのときに、ラジエターのエア抜きもしました。


一通り終わったら、タイヤを取り付けてつけ忘れがないかを確認して、先に後片付けをして、車をジャッキから下ろしました。


いやぁ、約一ヶ月のFCの始動・・・
かなり緊張しましたね。

なんていうかちゃんと生きてるかなぁって感じでした。

結構大作業をしたあとだったので、いきなり走り回るのは怖かったので、まず駐車場内で軽くハンドルを切ったりしてちゃんと動いているか、異音やガタがないかを確認、そして改めて、パワステフルードの漏れや減りなどがないかを確認しました。


そして軽く家の周りを一回り。

感動!!!

やっぱりRX-7!!
この感覚はたまらなく楽しいですね。

怖いので、かなりゆっくりで走っていましたが、とりあえずは大丈夫だと思いました。

Category: FC3S パワステ シール交換

Theme: トラブル&対策

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ステアリングラック、オイルシールの組み付け

 【24//2009】

先日注文した、41mmのスパナがようやく届いたので早速利用してサポートヨークのロックナットを外しました。
41mmスパナ

41mmにもなるとさすがに大きいです。

これでステアリングギアボックスのサポートヨーク部のロックナットが外すことができました。

以前ロックナットの存在に気づかず無理やりまわしてしまいサポートヨークのナット部分をなめてしまったのですが、サポートヨーク自体はそんなに固定されているわけではなかったので、ロックナットを外したらプライヤーなどでも簡単に外すことができました。
ステアリングギア サポートヨーク
↑ステアリングギアボックスのサポートヨークがついていた場所
ステアリングギア サポートヨーク2
↑サポートヨークを外した画像

これが外れたことで、ステアリングギアボックスのちょうど中間についているオイルシールとバックアップワッシャーを外すことができました。

見えにくいですが、画像の一番奥に見えている、丸い部分がオイルシールです。
ステアリングギア オイルシール

外し方なんですが、特殊工具(オイルシールリムーバーというものがあり、ステアリングラックの先につけて引き抜くとオイルシールも外れるというもの)がないので、ビニールパイプの先にビニールテープなどをつけて反対側からたたいて外しました。

これで、すべてのオイルシールを組み付けることができました。

写真は用意していませんでしたが、今現在ステアリングラックにタイロッドも装着した状態で放置してあります。

明日あたりには全部組みつけられるといいなと思います。

Category: FC3S パワステ シール交換

Theme: トラブル&対策

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

少しずつ進めるシール交換

 【18//2009】

サポートヨークを外すためには40か41のスパナが必要なのでネットで安いスパナを購入しました。


土日注文したので、届くまで時間があるので、それまでに出来ることをしようと思いその他のシール類を取り替えることに。


ステアリングラックをステアリングギアボックスから外すのは片方のタイロッド外すだけでよかったのですが、反対側のブッシュに入っているシールを取り替えるには反対側のタイロッドも外さなくてはいけないことが判明したので、外しました。

最初に外したほうはなかなか外れなかった(外れるかどうかわからなかったので、力を入れることに躊躇していました)のですが、今度は外れることがわかったのでガツガツと力を入れてハンマーで叩いて簡単に外れました。

タイロッドが外れるとロックしているやつと、目当てのブッシュが外れます。

ステアリングラック

ブッシュを引き抜くとこうなります。
ブッシュ2

さらにブッシュについているオイルシールはこれです。
ステアリングブッシュ1


これを、バイスで固定してマイナスドライバーなどで外しました。
結構きつく入っているので中を傷つけないように注意します。


それで新しいオイルシールを圧入するのですが、専用の工具がなかったので、バイスに木の板をあてて、はさむように入れました。

とりあえず、これで今日はこれまでです。


っていうかペース遅いなぁ。

そろそろFC運転したくなってきました。

あぁ、もうそろそろ1ヶ月くらい運転してないなぁ・・・

Category: FC3S パワステ シール交換

Theme: トラブル&対策

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。