2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

MMDでMME使ってみました。

 【31//2011】

って記事書いていたんですが・・・

記事を保存をクリックしたらなぜかインターネットエクスプローラーからはじかれた・・・


記事がオジャンになりました・・・

せっかく時間をかけて書いたのに・・・

というわけで長々と書けないので、かいつまんで!!
初めてMMEで動画撮りましたっ!



動画作成中

MMEオフの状態で、FPS無制限で85fpsを記録(個人的に感動)
MMEを増やすごとに、fpsは低下、全4種のMMEで20fpsに。
だけど、2種類くらいまでは30fpsくらい出ていたので、確認、動画作成時以外は使わないエフェクトをオフにしながら、作業には問題なし。

モーション作成後、MMD上でのfpsは20前後
スムーズではないけど、まぁ見れる程度。(動画にすれば問題なし)

ちなみに全部グラフィックはオンボードの状態。MMEを入れるとOptimaで切り替わらない。ちなみにMMD単体ではきちんと切り替わる。
どうやらMMEに原因があるらしい。

後なに書こうとしていたんだけど・・・

すいません。

テンション限界(笑)
スポンサーサイト

Category: 【MMD】MikuMikuDance

Theme: 3DCG

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

今度こそ完成させて見せるっ!

 【31//2011】

何度挑戦して何度途中で投げたことか・・・


このモデル・・・
2011人体モデリング1

投げた理由ではですね~。
モデルの形が定まらなかった!!!

簡単に言うととにかく顔の形が気に入らなかったわけです。
それであぁだこうだやっているうちに・・・

まぁいつかでいっかみたいな(笑)


でも、このあいだ新しいパソコンを買ったので心機一転!!
また続きやります。

とりあえず顔はこれでいって、ここ数日でボーンの設定をしました。
(ボーンの細かいことはまた後日ということで)

とりあえず、MMD用のボーンをお借りしてそれにあわせてアンカーとボーンを設定。

ためしにMMDに入れてみた。

モーションも借りて動かしてみると・・・

なんと思った以上にちゃんと動く!!!
テンションアップ!!

せっかくだから動画をあげようと思ったら・・・

洋服着せてない・・・

なんと素っ裸で踊らせていました(笑)
さすがにそれはまずいよねw


でもこれで光明が見えてきた!
あとはモーフで表情をつけて洋服着せて・・・


洋服って・・・


どんなんがいいんだ??

モーフは顔だけにするか全身で設定するか・・・

やばいっ!
悩み事がまた増えた!!!

まさかのループ!!?

いやそうはいかん!!

今度はちゃんとやりとげるのだ!!


というわけで、最初に悩んだのがモーフ

モーフの設定は変化する顔と元となる顔のポリゴン数(頂点数だったかな?)が一緒じゃないとだめなんですよね。
ほかの方が作ったMMDで使用されているモデルを見てみると、顔だけを別オブジェクトにしてモーフにしているかたと、全身まるごとモーフに設定しいる方がいるようです。


とりあえず両者のメリット、デメリットを上げてみると

・顔だけ別オブジェクトに
メリット
顔だけなので、体部分の変更(洋服を変えたり体型変えたりなど)が用意
(別のオブジェクトなどで体部分を変更してもモーフには影響しずらい)

モーフの対象が顔だけなのでファイルサイズを抑えやすい

デメリット
体と頭が離れているので、接続部分が不自然になりやすい。
(接続部分を洋服のところにしたり回避する方法はいろいろあるみたいですが、私には無理)

・全身をモーフの対象に
メリット
全身一つのオブジェクトなのでつなぎ目がなく首周りなどが自然になる(見た目がいい)

デメリット
・洋服を変えたりするのにポリゴン数や何か変なことをしてしまうと、表情を動かしたときぐちゃぐちゃになりやすい。
(おそらくやり方がわかれば何とでも出来るんでしょうが、モーフのルールを理解しきれていない私にはきつい)

全身でモーフを作るので、その分ファイルサイズが大きくなりやすい。


と、こんな感じでしょうか。

出来ることなら後者で作りたいんですが・・・
先ほどやって失敗しました。

それはもう顔面がひどいことに・・・

というわけでモーフはとりあえず前者でやることにしました。

ビックバイパー作ったときある程度はわかったのでこれはなんとかなりそう!!!


最後にもう一個の難題!!

それは・・・

お・よ・う・ふ・く!!!

画像では服着せていますが・・・
実はこれ、他の方のモデル拝借したもの・・・
さすがに裸はまずいだろうということで、勝手に借りたんですが、やっぱ洋服も自分で作りたいです。

というわけでどういう服着せるか・・・?

やばいこれが最大の難関になるのかもっ!!!


とりあえずここまでのメタセコで撮った画像とMMDに試しに入れてみた画像を

メタセコイア
2011人体モデリング2
2011人体モデリング3

MMD
2011MMDモデル1
2011MMDモデル2

Category: 【MMD】MikuMikuDance

Theme: 3DCG

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ノートパソコンでMikuMikuDanceの動作テストしてみました。

 【16//2011】

さて今回購入したノートパソコン、マウスコンピューターの『Luv Book D』でMikuMikuDanceはちゃんと動くのか・・・
マウスコンピューター [ LB-D710S ]

ちょっとテストしてみました。
前のパソコンだとガクガクでほとんど動かなかったデフォルトで入っている、きしめんのオールスターズを再生したときのものをデスクトップキャプチャーしたものです。

状態はnVIDEAを起動した状態です。

ちなみに改めてこのノートのスペックを紹介しておきます。
OS:windows7 HOME Premium 64bit
CPU:intel core i5-2410M 2.3GHz
メモリ:8GB
グラフィック:NVIDIA GeForce GT 540M とintel(R)HD Graphics3000の自動切換え
(ちなみに自動切換えを手動で切り替えにしたりソフトにより起動を設定することもできます。)

これが基本スペックです。

まずは今回とった動画ですね。
とりあえずみてください。

まずエンコードが下手ですいません(笑)
以前のノートだったらガクガクしてほとんどまともに動かなかったんですが、かなりスムーズに動いています。
映像部分の左下の青い数字が再生中のフレーム数です。

なんと40も出てる!!
これには結構びっくりしました。

一般的に人間の目では30フレーム出ればある程度スムーズに見えるといわれています。
私の予想ではデスクトップキャプチャーも起動していることですし、20後半出ればいいかなぁって思っていましたのでほんとに驚きでした。

ノートで3DCGやるのは無謀と言われることも多いと思うんですが、私程度のユーザーにとってはこれくらい動いてくれれば問題ないんですよね。

ちなみにゲキド街にモデル数体いれて動かしてみたのですがこちらも問題なし。


ノートでもMMDができる時代になっちゃったんですね~(笑)


あ、ちなみにこのフレーム数は動画にするときは関係ありません。
あくまでMMD内での再生したときのフレーム数。

つまりリアルタイムでCGモデルを動かしているときのフレーム数です。

動画にするときは、1フレームずつ吐き出して全フレームつなげた動画としてできるわけですし。

モーション作ったりするときはかなり楽になるんでしょうね。



ちなみに今回使ったデスクトップをキャプチャしたソフトは『DESKTOP CAM 400』というソフトです。
設定とかできないですが、ものすごいシンプル(デスクトップの撮影したい部分を囲んで録画ボタン押すだけ)ですので、これからパソコンでなんかしたいときはすごい便利かもしれません。



マウスコンピューター 楽天市場店


Category: 【MMD】MikuMikuDance

Theme: ノートPC

Genre: コンピュータ

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第6回MMD杯が始まってますね!!

 【25//2011】

っていうかもう第6回!?

やっぱこういうのは作るより見るに限りますね~♪

前回の5回MMD杯では記念で参加させもらったんですが、まさかのこんなに再生されるとは思っていなかったの逆に申し訳なかったです(笑)

とはいえ、あたたかいコメントといただけるのほんと嬉しいもんですね♪

なのでまた何か作りたいなぁとか思うも、何もネタがない・・・というか何も作れない・・・
やっぱセンスないなぁとか思ったりしてます(笑)

あと作ったビックバイパーのモデルもあまり使ってもらえてないのかなぁとか思ったんです。。。がっ!!

なんと使われていました!!

しかもなんかすげぇかっこよく!!!
CyenPというかたがちょ~かっこよく使ってくれましたっ!!
ちょっと見てくださいうちの子の仕事を↓


感謝感激です\(^o^)/

またなんか作りたくなってきたなぁ・・・

CyenPのブログ
黒だの白だの室

Category: 【MMD】MikuMikuDance

Theme: ニコニコ動画

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

MMDがキネクト対応!?

 【11//2011】

しばらくMikuMikuDance(以下MMD)から離れていたのですが・・・

完璧に乗り遅れた!!

無料で、手軽で3DCGで遊べて動画とかも作れちゃうMMDですが、その進化は早くちょっと前にビジュアルに様々なエフェクト効果をもたらすMMEができ、そうしばらくしないあいだに今度はキネクト対応とな!!

しかも最新バージョンMMDに標準装備ですよ!!

これがフリーソフトとは・・・まぁなんていうか『すごい・・・』の、一言につきます・・・

まだ詳しくはわかっていないんですが、どうやらモーションキャプチャーとしてキネクトを使えるようになっているようです。

つまり、キネクトの前で動いた動作が、そのままMMD上のキャラクターに反映されるというものらしいです。

必要なものは

・キネクト本体(単体のものでないとついていないパソコンにつなげるケーブルが必要のことです。XBOX360とセットのものだとケーブルがついていないようですが別売りでも買えるようです。)

・DxOpenNI.dll
キネクトから関節の位置を取り込むためのプラグイン。
MMDを配布しているVPVPさまのサイトで配布されています。

・パソコンとMikuMikuDance
これがなきゃ始まりませんね。

3DCGとかモーションキャプチャをこんなに手軽に楽しめるなんて、なんていい時代に生まれてしまったのだろう(笑)

このMikuMikuDanceを配布されているのはコチラになります。
VPVP
コチラのサイトから 『VPVP wiki』に行けば使い方や配布されているキャラクターなどのデータが配布されています。

たぶん大丈夫かとは思いますが、一応書いておきます。
今紹介したものはあくまでフリーソフトであり、ソフトの開発者、キャラクターなどの製作者や権利者の善意によって作られていることろが多いと思います。
遊ぶときはくれぐれもマナーを守って欲しいと思います。

まぁ私が言うようなことではないと思うのですが、一応このソフトを紹介したということで(笑)

ちなみに私はまだキネクト持っていないんですよね。
これを機にちょっとキネクト購入を考えてみたりしちゃうかもです。

Category: 【MMD】MikuMikuDance

Theme: 3DCG

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。