2008 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 03

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

キャッチボールをしよう!! 捕球編

 【16//2012】

前回の記事の続きになります。

今回は捕球編です。

グローブの形付けの次についに捕球してみましょう。

まずはグローブの構え方。
これは必ずボールに対して手首が垂直になるようにします。

つまりまっすぐ正面に飛んでくるボールに対しては手首を垂直に立てるということです。
まとめるとボールの進行方向に対してグローブの開いている面積が最大限生かせる広さを保つようにすることです。


あとは相手が投球動作に入たっときにも自分なりの決まったリズムを作っておくと動きやすく捕球が楽になります。

私の場合ですが、相手が投球動作に入ると同時にグローブの中に拳を入れてグローブを開く。
相手の動作に合わせて右足に体重移動、相手が投げる寸前の前足がつくのにあわせて重心を中央に戻しながら少しひざを曲げる。

といった感じです。


さて、捕球前の動作について話たのでそのままボールが来るまでの体制について書いてみようと思います。

キャッチボールと言えど、相手が人間である以上はある程度の暴投は必ず起こります。

プロでもあるのに素人たる私たちが暴投をしないわけがない。

そして、キャッチボール中にめんどくさいのが後ろにそらしたボールを取りにいくこと。

そうなるとやはり捕球側の守備範囲がものを言うようになります。

相手の多少の暴投も捕ってしまえば暴投ではなくなるのです。

そこで重要なのが自分の行動範囲を広げること。

まず大事なのが相手がボールを投げるまでの姿勢。

野球の守備ほどがっちり構える必要はありませんが、多少ボールが逸れてもすぐ動けるようにしておく必要があります。

動きやすい体勢は軽くひざを曲げ体重を足の親指あたりに移します。

とにかく相手が投げボールが指から離れた瞬間に前後左右動ける体勢にしておくということです。

さて、ボールの追い方ですが、野球未経験者にとってむずかしいのが前後の動き。
特に頭を越えるボールの追い方が難題になってきます。

どうしてもボールがくる方に対して正面を向いたまま後ろ向きに移動してしまう。
ボールが後ろに来るかどうかはもはや相手の力加減、投げた瞬間の球の上がる角度とスピードと経験とカンでしかできないと思いますが、それは慣れです。

もし、練習したいなら、近くで連続で前後左右に投げ分けてもらったりするとコツは掴みやすくなると思います。
(かなり疲れますが。)

ではボールを追う体勢に入りますが、2種類あります。

まずは半身でボールを見ながら後ろに下がる方法、もう一つは完璧に後ろを向いてボールを追う方法。
完璧に後ろを向いて追う方法はボールが相当後ろに来るときに追う方法ですし、一度ボールから目を離すことになるのでここでは除外します。

というわけで、半身で追う方法です。

まずはボールがどちらよりに飛んでくるかを判断します。

つまり右寄りの後ろなのか左よりの後ろなのか。

判断できたならそちらよりの足を後ろに引きます。
つまりは右寄りに飛んできたら右足を後ろに引くわけです。

このときただまっすぐ後ろに引くのではなくつま先を90度以上後ろに向くようにします。
つまりは体を後ろに開く感じです。

次に反対の足を完璧に後ろに走り出すように踏み出します。
あとは目をボールから離さないように後ろに走っていくだけです。

最初のうちは落下点の判断は難しいでしょうのでボールを追い越すぐらいの勢いで走っておけば時期になれると思います。

大事なのではそれくらい後ろに走れる度胸です。



次に捕球位置に関するお話。

ボールは基本的に正面で取るように移動します。
そこが一番取りやすいからです。

あとはできるだけ体の近くで取るということ。
例えるなら胸の辺りに飛んでくるボールなら、胸からグローブの位置が20センチくらいでしょうか。脇を軽く締めて肘を曲げて取れる位置あたりです。

体の近くでボールを捕る理由は、肘が曲がっている方が多少のボールの変化にも対応しやすいというのと、こちらの動作が少ないのでボールをブレなく見れるということになります。

初心者にありがちなのが手を伸ばしてボールを捕りにいくのをよく見ますが、ボールを迎えにいくのはコチラから動く動作になるので視線がブレるのでグローブでボールを弾いたり捕り損ねたりします。

ボールを捕球するときの基本は自分は停止してしっかりボールが来るのを待つということです。

あと、ボールはできるだけ正面で取るべきですが、多少そらして取る方がいい場合があります。
それがグローブの位置がボールと顔の一直線上に並ぶとき。
つまりグローブでボールを視界から隠してしまう場合はちょっとずれたほうがいいということです。

ボールが視界から消える時間が長ければ長いほど捕球確率は低くなります。
特に少しでも自分が動きながら(一歩くらいの動きでも)ボールを追っている状態だと目測を誤りやすいんです。

それだけ目測がずれやすいのでできるだけボールは最後まで見ておく必要があります。

プロ野球の内野フライの捕球を見てもらえばわかると思いますが、ほとんどの場合は顔の横辺り、あるいは胸の前あたりで捕球しているはずです。

つまり、グローブに入る瞬間までボールから目をはなさない位置で捕球するということが上達のコツになります。


さいごに、投球もそうですが捕球は慣れの部分が非常に強いですので何度も捕球していればそのうちうまくなるでしょう。これが一番マジです(笑)
スポンサーサイト

Category: キャッチボール

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キャッチボールをしよう! 捕球のためのグローブ編

 【16//2012】

さて、キャッチボールをするうえで投げることは非常に大事ですが、相手が投げたボールを取るというのも非常に大事です。

だって、いくら相手がうまく投げても自分が取れなくちゃ意味ないですもんね。

さて、最初に書いておきますが、このキャッチボールの記事に書いてあるコツのようなものは私の小、中学生時代の技術とそれに私の独学での内容になりますのでご了承ください。



ではまず、ボールを取るグローブについて少しお話を。

グローブそのものにも個性はありますが、最終的に取りやすさを決めるのは使い込んでグローブに型がついたときです。

グローブの型はボールを捕球するときだけにつくのではなく、自分好みにつけることができます。
小中学生のころは自分の好きな方に座布団の下にグローブを置いて踏みながら形をつけていたのを覚えています。


さて、次の画像を見てもらいましょう。
グローブの型2
グローブの型1

どっちが捕球しやすいでしょうか。

私は断然下の画像ですね。
とりあえず上下の画像の違いを書いておきます。

グローブの親指の位置が違います。
上は親指の先が人差し指の先に合うようになっています。

下の画像は親指の先が薬指の先にくるようになっています。

私は下の画像のように形をつけています。

さて、この違いは捕球にどういう変化があるでしょうか。

まずはポケット(ボールを取ったときのボールがグローブの中にどれくらい埋まるか)の深さが変わります。

あと捕球位置が変わります。

上の画像だと捕球位置は画像の通りになります。
グローブ取る位置2

下の画像の捕球位置はコチラ
グローブ取る位置3


まずは上の画像から

この捕球位置だと結構正しい場所のように感じますが、この辺りはグローブの折り目や縫い目があるため、ボールを弾きやすいんです。

そして手のひらに近い分さらに弾きやすくなります。

またボールを掴むポケットが浅くなるため掴んだボールがこぼれやすくもあります。


次に下の画像。
上の画像よりやや右上、人差し指の付け根あたりにボールが来ています。

グローブによっても異なるかもしれませんが、ここはグローブでは付け根に見えますが実際の指がある場所は人差し指の先っぽになります。

反発するものもなくグローブ自体の柔らかい部分なのでここでボールの勢いも吸収しやすく慣れればグローブを閉じなくても捕球できるくらいです。

また、この位置はグローブのほぼ中心になるので多少ボールがそれても取りこぼしが少なくなります。

Category: キャッチボール

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キャッチボールのコツ キャッチボールをする前に編。

 【14//2012】

ボールを投げるにも基礎を知っているのと知らないのではその後の上達に大きな差が出ます。

ですが、知っているだけでは意味がないんです。

その動作がきちんとできないと意味がない。

いわゆる頭ではわかっていても体がついていかない状態です。

これでいきなりキャッチボールをしてもきちんと投げることすらできないでしょう。


昔の人はいいました。

まずは形からと。



キャッチボールをすると決まったならまずは投球フォームをだけでも覚えておきましょう。

さて、本来ならボールは下半身を使って投げる、体をしならせる、体重移動をうまく使うなど動作の基本的なことを書いていくつもりですが、実際ほんとに初めてキャッチボールをするとなると、口では説明できても感覚的なはなしになりますし、ほんとに始めての人にとっては理解すら出来ないとでしょう。というかまずまともに体が動かない場合がほとんどでしょう。



ではどうやって覚えるか、簡単です、家でボールを投げるふりをするだけでいいんです。
プロ野球選手の投球フォーム(出来ればピッチャー)をまねするもよしYOUTUBEなどで見つけた動画のまねをするもよしです。

そのとき重要なのがきちんと自分の投球フォームをみれるようにしておくこと。
全身鏡があれば全身鏡の前で、なければ窓ガラスの反射でもいいです。

とにかく自分がどのように動いているかを確認しながらやってみください。


そしてできるだけまねる対象にできるだけ近づくような動作をしてください。
そのとき本当にボールを投げるときの速さで動くのではなくスローモーションで動くようにしてください。
一つ一つの動作を自分で確認するためです。

これをするだけでも実際にボールを投げるときの動作は大きく変わります。
まぁいきなりうまく投げられるわけではないですけどね。なにもしないよりましという感じでしょうか。



何事もそうですが、動作にはそれぞれ専用の体(筋肉)の使い方があります。
そして、体は知らない動作を初めてするときは体は戸惑いうまく動かせません。
泳いだことない人にいきなり泳げ、運転したことない人に運転しろといっているようなものです。

とにかく体を投げるという動作に体を慣れさせることがまず第一に大事だと私は思います。

基礎となる投球に関する理屈は投球動作が少し様になってきてから修正する形でいいでしょう。
まずは理想どおりに動ける体を作りましょう。


おまけ
ちなみに鏡などを見ながらやるにはかなり大きな理由があります。
その人のイメージでは理想どおり動いているつもりらしいのですが、外から見るとぎこちない人っているんです。
某テレビ番組の運動神経悪い芸人の人たちみたいな感じにですね。
イメージと体の動きは必ずしもあっているとは言えないのです。
そのためにも鏡の前で動作を確認するというのが非常に大事になってくるんです。
ただカッコつけるために鏡の前で動作を確認するんじゃないですからね(笑)


注意:この記事は大人の特に初心者向けに書かれています。発展途上の子供(小中学生)には当てはまらないと思いますので参考になさらないようにしてください。

Category: キャッチボール

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

そうだ、キャッチボールをしよう!!

 【14//2012】

新コーナー!!そうだキャッチボールをしよう!!!!


というわけではじまりました、新コーナー『キャッチボールをしよう!!』ですが、最近週末は友人とキャッチボールをすることのが決まりになってきているんですね。

私も運動不足ぎみですし、中学まで野球やっていたので、ボールを投げる捕るというの結構好きなんです。

だから結構楽しく運動不足を解消しているのです。

まぁ私の話はさておき、キャッチボールするのは近くの緑地公園の広場でやるのですが、休日ということで小学生くらいのサッカー少年、野球少年が多いんです。

しかし、そんな中にも私たちのような大の大人がキャッチボールするという人も結構いるわけなんですがっ!!!

中にはまったくボールを投げたことない、捕ったことないような人もやっていることあるんです。

まぁぶっちゃけ言っちゃえばヘタクソという感じなんですが、普段ボールを投げたことがない人っていうのはそういうものですよね。

徐々にうまくなればいいわけです。

ただ、あまりにもの動きにこっちでキャッチボールしながら『ここをこうするといいのに・・・』とか横目でちらちらと見ているわけです。

ですが、知らない人にいきなり指摘されても『は?』となると思う。

そこで思いついたのがこのコーナーというわけです。

というわけでこのコーナーではキャッチボールしたことないけどしてみたい、これからキャッチボールするんだけど・・・という人向けに発信していこうと思っているわけです。

というわけで今後書いていこうと思っているのが以下のことを書いていこうと思っています。

1道具の選び方

2キャッチボールする際気をつけること

3ボールの投げ方

4ボールのとり方

あとは思いついたこと取り上げていこうと思います。


というわけで今回は初回ということで道具の選び方から入っていこうと思います。

まずキャッチボールに必要なもの。

グローブとボールですね。

グローブの前にボールの話を。
野球で使われているボールは軟式と硬式がありますが、キャッチボールでするなら軟式の方がいいでしょう。
草野球も軟式が使われますし、もし身近で野球をすることになっても軟式を使用することが多いです。

それに広場なんかでやるには硬式球は硬くて見知らぬ人に怪我をさせてしまう可能性があります。

ボールを選ぶなら軟式にをオススメします。

次にボールにも種類があります。

ホームセンターやスポーツショップなどでボールがおいてあるところを見るとわかりますが、ボールの種類に

『A号』『B号』『C号』とあります。
これはボールの大きさを示しており大人であるなら『A号』を選んでください。

中には準硬式球というH号ボールというのがありますが、まぁそこは好みでいいのかな。
というか使ったこないのでわかりません。
この場合グローブは硬式用になるのか、軟式用でもいいのか・・・

わからんっ!!キャッチボール程度なんだからA球をつかえっ!!!ということにしておいてください。
↓楽天市場より紹介です。



さて、というわけで次にグローブの選び方に入ります。

これは・・・好みでいいです。好きなメーカーの好きなデザインのグローブを買えばいいんです。
もちろん選ぶなら『軟式用』のものになります。

そして、グローブの形状などでもポジション別、たとえば外野用、内野用(の中にもセカンド用ショート用など)、ファースト用、ピッチャー用、キャッチャー用、つまりは全ポジションにそれぞれにあったグローブがあるわけです。

さらにはオールラウンド用なんていうのもあります。

大雑把に特徴を書くと、

外野手用はフライやライナーそして守備範囲が広いためポケットが深くグローブ自体が大きめ。
内野手(ファーストは除く)用はゴロなどボールをとってすぐ投げるという動作が多いため小さめに作られているなどです。

ただ基本的にはどのポジションでどのグローブを使わなくてはいけないということはないですし、ましてやキャッチボールするのが目的であるのだから、自分の好みで選ぶのが一番いいでしょう。

あとはグローブのメーカーについてですね。
ほんとにキャッチボール用に安価で980円くらいで売っているものもありますが、これはオススメできません。
理由は、革が破けすぐ壊れます(笑)。

いや本当です。
私はマイグローブを持っているのですが、友人は持っていないため、某ディスカウントショップで買った安物を使っているのですが、これで実は3つ目。

全部革が裂けて破けてしまっています。

無名のメーカーは捕りやすさも考えて避けたほうがいいでしょう。
軟式グローブの価格帯は3,980円から8000円程度のもであればしっかりしたものが買えます。

そこで一応オススメというかグローブと言えばのメーカーをいくつか紹介しておきます。

まずグローブ、というか野球といったら『ミズノ』ですね。
プロの野球選手もこのメーカーを使っている人が非常に多く、私自身も小、中学のときは愛用していました。
今のグローブもだいぶへたってきたので次に買うときはミズノにします。
↓オススメというわけではないですミズノグローブの一例(手の甲に辺りにあるのがメーカーロゴです。)


とにかく昔からあるメーカーですのでボールの捕りやすさや耐久性もしっかりしているので安物で安心して使えるでしょう。


次にあげるのは『ZETT(ゼット)』というメーカー。
コチラも国産の野球関連ではかなり老舗のメーカー。
小学生時代の最初のグローブがこれでした。
↓コチラも同じくです。

日本で野球用品買うならこのミズノかZETTを選んでおけば間違いないでしょう。

そしてもう一つ、『ローリングス』というメーカーがあります。
今私の愛用しているグローブがこれです。
ぶっちゃけいうとデザインで買いました。

でもこのメーカーはどうやらアシックスと統合したとかどうとか・・・詳しい話はわかりませんが・・・

このメーカーは今でも多くのメジャーリーガーが使用するブランドです。日本のプロ野球選手も使っていたはずです。

個人的な感想を書くと若干ですが、捕球するのにちょっと癖があるように感じます。
捕りにくいとか違和感があるとかじゃなくてなんていうんですかね、癖というか特徴というか。
結局使い慣れてしまうので気にすることはないのですけどね。

ちなみこれがマイグローブ。
グローブ修理完成2

他にもメーカーはナイキなどが出しています。

ここら辺はほんとに好みでいいでしょう。

最初はグローブは革で出来ているので最初は硬く、自分の手の形になじんでいないので捕りにくいのです。
使い込んでいくうちに自分のとりやすい形になっていきます。

そんな中でもあえて捕りやすさを求めるならやはりミズノということになるでしょう。


かなり長くなってしまったので一度ここで締めようと思います。

道具に関して言うと、グローブ型つけ方やメンテナンスなんかありますが、まぁそんな細かいこと考えてもしょうがない(物は大事にすれば長持ちするのですが)ので、それはまたいつかということで。

次は、なにをしようか、キャッチボールする場所について書こうか、投げ方について書こうか、それとも捕りかた。

まさかこの新コーナー1回きりで打ち切りなんてこのならんだろうか・・・

Category: キャッチボール

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。