2011 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 01

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今年最後のご挨拶

 【31//2011】

早いもので今年もあと1時間ほどでおしまい。

長いようであっというまでした。

今年は東日本の大震災や台風など自然災害に恐怖を感じることが多かった年になってしまいましたね。

怖い思いはしましたが、無事に年を越せることに感謝したいと思います。

ブログもこれで3年目になるんですよね。

見てくれる記事は限られてくるかもしれませんが、平均で1日200アクセスまで増えてこんなブログですが見てくれる人がいると思うと嬉しく思います。

見てくれた方々にはほんとうに感謝しています。
ありがとうございました。

今年は後半、とくに最近ちょっと更新が滞ったりしましたが、来年はもうちょっとおもしろい記事を書いていけたらいいなぁって思います。

うまいこと挨拶が思い浮かびません(笑)


と、とにかく言いたいのは!!!

今年も1年ありがとうございました!!!!

来年もどうぞよろしくお願いいたします(^o^)/

あぁ、最後はきちんとかしこまって挨拶するつもりだったんですが・・・
砕けてしまった(笑)



みなさん良いお年を~~~~\(^O^)/

ありがとうございました~~~~~~♪

ギリ間に合った・・・
スポンサーサイト

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

中古でスマートフォンを買ってからしたこと。

 【31//2011】

というわけで前回の記事の続きです。

今回は中古でスマートフォンを(Xperia arc)を買ったわけですが、普通に通話をするだけなら機種変更の手続きは必要ないんですね。

というより、FOMAからスマートフォンに変えたとしても、FOMAカード(SIMカード)をスマートフォンに差し替えるだけで使えるので通話のみ必要という場合や、無線LAN環境でのみネットを使う場合は特に機種変更の手続きは必要ないようです。

ただ、imodeで使っていたメールアドレスを使用したりネットを利用したりする場合は今まで契約していた『imode』を『SPモード』というものに変える必要があります。


このSPモードというのはネットでは申し込みできないので、電話での申し込みかドコモショップ店頭での申し込みが必要。

わたしはいろいろ聞いてみたかったので届いたら店頭に行こうと思ったのですが、もうすぐ使いたかったので電話しちゃいました。

最初は自動音声による案内で『SPモードに関する・・・』というメッセージにたどり着くまでガンダンスを聞く(確か全部2だった気がします。)

そこまでたどり着くと『担当者におつなぎします』となるので、ここからオペレーターとお話タイム。

用件を聞かれるのえ、私は『imodeをSPモードに変えたいんですが・・・』というと、あとはもう説明聞くだけ。
(中古で買ったのか?どこで買ったんだ?とか聞かれることはないので心配は要りませんよ)

ただスマホにはスマホ用のオプションなどパケホーダイ・フラットなどがあるようで、興味があるのはきちんと説明聞いてから判断、興味がないものは『今はいいです』でスルーといった感じ。

今回はSPモードに変えたかっただけですが、現在はimodeからSPモードに変えるという方法のほかに、imodeとSPモード両方を持つということができるようです。

本来二つ加入してしまうと300円(imode)+300(SPモード)で600円のはずなんですが、現在は両方加入した状態で300円になっているとのこと。

どうして二つ加入する理由があるかというと、FOMA端末ではimodeしか使えないのでSPモードのみにしてしまうと、FOMAカード入れ替えるとFOMA端末ではネットが見れなくなる。

なので、もしまだimode端末も使うのであればimodeサービスも必要ということになります。

なので、両方に入っていればスマホでもFOMA端末でもネットを使えるということです。

ただしデメリットもあるようで・・・

と、そのまえにSPモードに加入するとどうなるか?
ネットを使うにはSPモード以外にも手段はあるのですが、SPモードの加入すると以前使っていたFOMA端末の携帯メールアドレスが引き継ぐことができるというものです。

つまり、『スマホに変えたからアドレス変わったよ~』とかいう必要がないんです。

さて、話は戻ってimodeとSPモード両方加入することのデメリットですが、実はimodeで持つメールアドレスとSPモードで持つメールアドレスは別になるということらしいです。

imodeからSPモードに変えるだけなら、imodeで使っていたメールアドレスを一度閉鎖して、そのアドレスをSPモードに入れ替えるという感じでしょうか。

ですが、両方加入していると、imodeのメールアドレスも生きているわけですから、SPモード用には新しいメールアドレスが割り当てられてしまうということになります。
同じアドレスは2つ作れませんからね。

これがデメリットになるわけです。

ですが、二つ加入した状態でもスマホでimodeで使っていたメールアドレスを使える方法もちゃんと用意されているんです。

それがメールアドレスの切り替え。

これは、ドコモのホームページのお客様サポートからできます。

imodeのメールアドレスをSPモードに、SPモードのメールアドレスをimodeに入れ替えることができるのです。

簡単に書いてしまうと、スマホでも今までのメールアドレスはちゃんと使えますよ~ってことです。
よくわからなかったら店頭か電話で聞いてみるといいと思います。

少しまとまったら私のブログでも書いてみようと思います。

なんかSPモードの申し込みのときの様子を書こうと思っていたのですが、SPモードの申し込みの仕方みたいになってますね。

というわけで話は戻します。

オペレーターの方から注意事項と無線LANサービスなどの説明を受け、10分くらいで手続きは完了。
電話を切って、すぐにネットにつながってスマホでネットが使えるようになりました。

これでやっとスマホデビューです。


ソフトウェアやアプリ、本体に関してのレビューはまた今度にしようと思います。


なぜって?

そりゃぁもうすぐ年越しちゃうからだ!!!!

Category: パソコン

Theme: スマートフォン

Genre: 携帯電話・PHS

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

いまさらですが始めてのスマホ、届いたよ。

 【31//2011】

スマートフォン買っちゃいましたの記事からどれくらいたってしまったのだろう・・・

ポチってから翌々日には無事にスマートフォン届いたのですが、いろいろといじっていたら記事にするのをすっかり忘れていました(笑)


さて、まず買った機種ですが、『Xperia arc SO-01C』という機種。
XPERIA ARC セット

acroという機種も出ているのですが違いは形はちょっと違うくらい、あと赤外線とDCMXなどが使えないということだけで、中身はそんなに違わないようです。


さて、今回中古で買ったわけですが・・・


開けてビックリ!
傷もまったくなく、思った以上にキレイな状態でした。
付属品もmicroSDカード以外は全部付属、箱もキレイな状態でほとんど新品といってもいいのではないかと思ういます。
画面側
XPERIA ARC画面
うっすら見えるほこりのようなものや筋は全部私の手垢によってついた油汚れです。
ほんとにキレイなんですよ。(撮ってアップロードするまで気づかなかった・・・)

裏面
XPERIA ARC裏面
ちょっと画像小さすぎですね。
傷はまったくないんですが、これじゃ見づらいかな?
(arcの背面は全体がカバーになっているので傷がついても背面だけなら交換可能ですので、もしかしたら背面だけ新品になっている可能性もあるのかな?)


バッテリーの状態もバッテリーの監視アプリ開いてフル充電の状態にして、初期アプリ以外は稼動していない状態で、残り時間376時間と出ていたのでバッテリーの状態も良好といえるのではないでしょうか。



というわけで安心して買ったショップを紹介できるわけです。
今回購入したのはこちらのショップです。
秋葉原Mac_Collection
(左下のほうの中古携帯電話のところから探すこともできます。同じ名前で携帯メーカー(ドコモ用とかau用とかあるので注意です。))


購入したのはこれとほぼ同じものです。

(私のはシルバー)

中古の商品状態は注意書きのしたにある商品ランクで★4つ『中古優良品』というランクでした。
なので、これと同じ状態なら安心して購入できるのではないでしょうか。

この記事を書いている時点では中古売り尽くしセールをやっているようなので、型落ちでもよく中古で探すなら今は買い時かもしれませんね。


ちょっと長くなりそうなので記事を分割しますね。

続く

Category: パソコン

Theme: スマートフォン

Genre: 携帯電話・PHS

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

今年のおもしろかったゲームランキング

 【31//2011】

最初にい書いておきますが・・・

っていうかわかりますよね(笑)


あくまで個人的にプレイしておもしろかったと思ったゲームのランキングです。
集計を取ったとかそういうのじゃないです。


まぁ一応ということで・・・


ではさっそく1位!!!

って早速1位かよ(笑)

まぁそういうなって・・・
ワクワクするようなランキングってわけじゃないんだらか!!1


というわけで第1位

シュタインズゲート!!!

これはまさに衝撃のゲームでした。
今までノベルゲームというものはまったくといって手をつけていなかったのですが、ここまで出来上がったストーリーは今までなかった。
クリア後の喪失感が半端なくしばらくの間はシュタインズゲートのストーリーが離れることがなかった。

ゲーム性としては、メールの返信をどうするかで分岐しルートが決まる、読み物系のアドベンチャーゲームなので特に何かするという操作はなかったのですが、この先どうなるんだろうか・・・
この物語はハッピーエンドで終わるのかバッドエンドしかないのか・・・
などという緊張感を味わうことができた。

そして何より、一番長いこと心に残ったゲームということで1位に選びました。


次は2位

バトルフィールド3

圧倒的なグラフィック、オンライン対戦の充実で2位にランクイン。

シングルプレイでは戦闘機に乗り込むときの演出は神がかっていて、もう実写さながらといっていいかもしれない。
いや、映像だけでいうとゲームCGならではののめり込めるほどのグラフィックと演出だった。

マルチプレイでは、今までのシリーズ同様に乗り物、武器、戦略などさまざまなことができさらに乗り物に戦闘機が追加され空中戦を楽しむことができるようになったは大きい。

戦闘機では普通の空中戦をおこなうゲームのように空がメインというだけでなく、対地攻撃による戦車などの攻撃で地上戦との一体感も感じられる。

そしてなにより、今でもプレイしているということで、2位にしました。


次に3位

アサシンクリード リベレーションズ

これがほんとに悩みました。
ストーリー、アクション、戦闘ともにほんとにおもしろかった。

ストーリーはプレイヤーの裏をかきそうでさらにその裏をかいているような感じでワクワクするし、物語が確信に触れはじめるだけで先がかなり気になる。

アクションもフリーランがやりやすくなったり、塔を登ったりするのが楽になったりでストレスも少なくなった。
戦闘も行動に幅が広がったにもかかわらず、敵を次々と倒していくのは爽快そのもの。

ミッションなんかでも気づかれず暗殺することの快感もありました。

ただ、個人的にはサブミッションなどの少なさを感じたので3位にしました。
(もうちょっと遊びたいというのがそう思わせているのかもしれません・・・)


これが今年のトップ3になります。

実際のところはこの3つは全部1位にしてもいいと思うくらいおもしろかったです。


続いて4位

シュタインズゲート 比翼恋理のだ~りん

シュタインズゲートのスピンオフ作品であるので、本編のシュタインズゲートをやってたからこそおもしろかったといえるかもしれません。

ただ、本編の雰囲気そのままに、笑いあり、感動あり、個性ありでかなりおもしろかったです。
特にダルのキャラが際立っていましたね。
鈴羽ルートというよりどう見てもダルルートでした。ほんとうにありがとうございました。

ゲームをやるというよりは小説を読む、マンガを読む、ライトノベルを読む感じに近いかも?
(ライトノベルは読んだことないので違ったらすいません。)

気軽に物語を楽しむという意味でもかなりおもしろかったです。


次に5位

ギアーズオブウォー3

まさかの5位・・・
つまらなかったわけではないんです。
むしろ物語も完結したわけですし、ゲームとしてもおもしろかった・・・
ではなぜ5位???

なんででしょうね???
私の中では思った以上に印象が薄かったんです。

『あぁそういえばなかなかおもしろかったなぁ』程度で止まってしまったんです。

それが5位の理由です。

とは今でもやればおもしろいですし、やりはじめたらそこそこやります。
決してつまらなかったわけではなかったんですが、個人的にはやっぱり今までに比べると印象が薄いかなぁって思います。

最後にランク外

EDF EARTH DEFENCE FORCE IA
あの地球防衛軍の流れをくむゲームとして発売されました。

製作が海外の見知らぬメーカーが作ったこともあって、今までの地球防衛軍とはちょっと違うイメージを受けてしまいました。

まず何よりストーリーが短い。
武器がのレパートリーが少ない。

特にストーリーは『え?ほんとにこれで終わるの???』って思ったくらいだった。
そして武器が中途半端すぎた気がする。

ロケットランチャー以上の強い武器がなかったのが残念すぎる。
地球防衛軍3のときのような広範囲に広がるナパームのようなグレネードランチャーとかなかったのが残念すぎると思いました。

最後のほうに、核爆弾のようなものすごい強い武器は登場するのですが、確かに強くて爽快感があっておもしろいのですが、ちょうどその間の武器が欲しかったと思います。

ゲームとしてはおもしろかったので結構残念感強かったと思います。


以上が今年プレイしたゲームのランキングになります。

今年はおもしろいゲームが後半に一気にでたようなイメージですね。
エースコンバットなど買ってないゲームがありますが、プレイした中ではこういったランキングになりました。

Category: XBOX360ソフト

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

おれはじまった!!

 【27//2011】

寒さで目が覚めた。

今年の冬は特に寒い。
布団に覆われていない顔に挿す寒さは痛さすら感じられる。

布団の中からでも吐く息は白い。

私の部屋は東向き、だがまだ太陽も昇っていないことからまだ6時前だということに気づく。

私は顔を体温で温まった布団にうずめまた眠りについた。


それからどれくらいたっただろうか。
あまり時間がたったようには感じられない。

なぜか2度寝したとき、何時間寝ていようが長い時間寝たというような感じが得られない。
2,3分で目が覚めてしまったような気分だ。

だが、あきらかに太陽は昇っている。
窓から差し込む日の光から8時くらいということがわかった。

まどから差し込む日の光は暖かく部屋も暖めているが、布団の中の暖かさにはかなわず中々布団の中から出ることができなかった。

トイレ行きたい・・・
けど寒いからもうちょっと我慢・・・

そんなことをしていると、再びうとうとし始めた。

起きなきゃと思いつつも睡魔に負け、再び眠りに落ちそうになった。

そのときだった。

『ドン、ドドンっ』何かがぶつかるような音、その音に体がビクゥとなり体が緊張した。

だが眠気は強く、水の中をゆっくりと沈んで行く携帯電話のように眠気が誘ってくる。


再び音がする。
『ドン、ドン、ドン!!!』『きょびさ~ん!!きょびさ~~~~ん!!!!』


私は思った。

まったく朝から大きな音出してまったくめいわ・・・

『きょびさん???』

あ、おれのことだ!!!

そう、たびたび聞こえた大きな音私の家のドアをたたく音だった。

人間不思議なもので、究極に眠いときはいつも聞こえる当たり前の音がただの雑音としてしか入ってこない。
足音もテレビの音も聞こえていて他人事のように感じているの特に気にしないのだ。

もしそんなときに火事になったら、地震にあったら・・・
私は起きることができるのだろうか・・・

しかし、自分の名前を呼ばれた瞬間、私に魂が再び戻ったかのように我に返る。


そんなことを考えながら、体を起こし玄関に向かう。

このとき私はシュレーディンガーの猫を思い出していた。
量子論では観察者が見ていない状態だと、その箱の中身はどうなっているか確定していない状況にあるという。

シュレーディンガーの猫とは箱の中の猫は死んでいる状態か生きている状態かという問題を唱えた論文である。

箱の中身が見えない状態では猫は生きているか死んでいるかのどちらかではなく、生きている状態でもあり、死んでいるじょうたいでもある。

そして観察者が箱を開けた瞬間に猫の生死決まる。
量子論の世界と現実の世界がつながったときの、『箱の中身は決まっていないなんてことはありえないんじゃないか?』という疑問を唱えたものだ。

話は逸れたが、このとき思ったのが私が名前を呼ばれるまでは私が私であるかどうかわからない状態、つまり箱の中猫の状態であるので、起きていると寝ているという二つの状態が混合しフラフラとした存在になっている。

もちろんそんなことはありえないと私は思っている。

ただ感覚的にそんな風に感じただけだ。


玄関のドアノブに手をかけると、再びドアはたたかれた。
ドアノブに手をかける前に返事をしておくべきだった。

金属でできたドアは小さい玄関ではコンサートホールのように響く。

あまりの音にちょっといらっとしながらもドアを開けた。



白い湯煙が見え、荒く乱れた呼吸が聞こえる。

『きょびさんですね?こ、これを・・・』

息を荒げた男は青いきじに白い縦じまの入った服を焦っている様子で、私に小さい小箱差し出した。

私は受け取る。

『た、確かに渡しましたよ。渡しましたよ!!!』

私はその必死の顔に『ハイ』とだけ答えた。

『ではここにサインを・・・』

時計を気にしながら焦っている様子なので、仕方なくサインを書いた。

サインを受け取ると、男はそそくさと去っていった。

あの男は一体何者だったのだろうか?

そもそも怪しい男だった。

まず服装だが、あの服は私服ではないだろう。
青に白い縦じまの服、それに合わせた青いベースボールキャップ。
確か帽子には『SAGAWA エクスプレッソ』という球団名が書かれていた。

そして、小箱を抱え私の目の前に立ちこの小箱を差し出したの。

怪しい以外のなにものでもない。

受け取ってよかったのだろうか?

いまさらながら恐怖を感じてしまった。


その恐怖を打ち消したのが尿意だった。

最初に目が覚めたときからトイレに行くということを何時間も我慢していたことになる。

小箱を部屋に置き、そそくさとトイレに向かう。


用を足しながら小箱についていろいろと考えたのだが、結局はなにも思い浮かばず、開けてみようと決意した。
映画ではあるまいし爆弾とかではないだろう。


用を足し終え、小部屋に向かう。

私の部屋は幹線道路が目の前にあるため、常に車の走るタイヤの音、排気音、ブレーキ音が聞こえる。

しかし、信号が変わる瞬間だけ全てが止まったように音が消える。

トイレから部屋に戻り、小箱を見つめる。
小箱と対峙しながら少しずつ近づく。


ちょうど信号で車が止まったのか部屋の中が一気に静まり返った。

少しずつだが部屋の音が大きくなる。

『チッチッチッ』

まるで時計のような音だった。

ま、まさか・・・バクダ・・・!!!と思い机の上の小箱に近づく。

机の上に時計が置いてあることに気づいた。

そんな映画のような話はそうあることではない。

わかっていたさ。あぁわかっていた。

雰囲気は大事だ。

なにせ、謎の男に謎の小箱、ここまできて何か期待しないわけにはいかないだろう。

わかっているさ、そんなことは映画だけの話だと。

そんなことを考えながら小箱を開ける。

茶色につつまれた包装を開けると、なにやら機械のようなものが見えた。

全体がモニターのようになっていて、小さなボタン3つほどついていた。
『テレビ?』とおもったが、もっと洗練されているイメージだ。

最近流行のPDA端末とかかもしれないと、思ったが、文字を入力するにしてもボタンが少なすぎる。

ちなみに、私は懸賞に応募した覚えはない。



手にとって見るとちょうど良く手にフィットする。

機械であることはわかるのだが、電源の入れ方がわからない。

(タッチパネルに驚く描写)

電源を入れたときだった。
緊張感がピークになり立ちくらみの状態になった。
目の前の景色はゆがみ、上下がわからない。上からも下からも引っ張られつつ、内側に押しつぶされるような感覚。

吐き気すら覚えている状態がしばらく続いた。

が、次の瞬間ふと我に帰る。
その状態がまるで夢であったかのようだった。

吐き気も何もない。
窓の外に目をやると周りの景色はちょっと違って見えた。
部屋の雰囲気もちょっと違う。

外の建物は長屋のようなぼろいたてものだったはず?

なんかこぎれいなマンションがあった。

わけがわからない。

ふと手元の端末に目をやると時間が表示されていた。
『2011年12月26日 12:10』


『2011・・ね・ん?!』

時計が狂っているのだと思った。
のだが、映画や小説なんかでよくあるパターン。

わかっている。そんな都合のいい話しはありえない。

あれは架空の話なのだ。そう思うとちょっと冷静になった。

テレビをつけると、いいともがやっていた。
しばらく見ていなかった知らないメンバーが加入されたらしい。

AKB48とのなんとかというどっかのグラビアアイドルグループと思われるメンバーや劇団ひとりとかいうのは初めてみた。

いつの間にかいいともは方向転換し、若手の無名のアイドルや芸人を使うようになっていたようだ。

違和感。

何かがおかしい。

新入りが入ってたことは驚いたが、それにしては違和感がある。

確かにいいともの方向転換で前に見たときとだいぶ変わっていたということもあるだろう。
しかしそういった違和感とはちょっと違う。

メンバーは他にタモリ、関根勉と有名どころも入っているのだ・・が・・・

そう思いつつテレビを見ていたとき関根勉の一言で私はパニックに陥ることになった。

『来年の干支は辰年ですしね!!』

いやいやまて来年の干支は蛇だろう??

さらにいいともメンバーはその蛇年の話を始めていた。

おかしい。

おかしすぎる。

よくよく見てみると、タモリ、関根と歳を取っているように見えた。

私はあわてた。

日付を確認するために新聞を手に取る。

愕然とした。

日付の欄が『2011年12月26日』になっていた。

今は2000年だったはず。

再び端末に目をやる。
コイツのせいか・・・

目の前に広がる映画のようなできごとに、私はどうすることもできない。
私はこれを受け入れるしかないのだろうか。

私は今も悩み続けている。



というわけでスマホ到着を心待ちにする私の気持ちをこんな風にしてみました(笑)

中略が多いのは気にしないでください。
というか最後が中途半端なのはまだスマホが届いていないからあまり思い浮かばなかったのとちょっと疲れてきたからです。

続きというか再編集は考えていますが、まぁあまり見る人もいないでしょうし・・・気分しだいということで。

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

やっちまった・・・あぁ、やっちまった(笑)

 【26//2011】

昨日、スマホを買おうかというお話をしたのですが、一度気になるとこれでもかっていうほど気になってしまうめんどくさい性格の私。

夜な夜なブックオフの中古にどんなのがあるか気になり見に行くと思ったような好み機種はなかった。


とりあえず今のところ考えていたのが、Xperia arcという機種とgalaxy sという機種。

まぁないならないでしょうがない・・・と思ったのですが、ちょっと欲しいとなると気になってその機種がどんな感じなのか調べ始めてしまった。

ここからが私の悪い癖の連発でした。

調べれば調べるほど興味をそそられていく、そして欲しいという気持ちが抑えられなくなっていく。

そして、ここで『Xperia!!君に決めたっ!!!』となる。
そして購入を決意。

この時点でもう周りが見えなくなっていたわけなんですね。

その機種を探し始めちゃったんです。

そして、またしても楽天で中古を見つけ購入。
値段は約2万。

とりあえず程度は中古できれい目ということですが、届いてみないと機種の状態はわからない・・・

まぁ要するに価格に惹かれて購入してしまったわけです。

だけど、後悔はしていない。

気分、これくらいの値段でスマホを体験できるなら安いもんだろうという感じでウキウキ。

そう買ったことにはまったく後悔はしていないんです。
むしろやっと買ったったって気持ち♪

では何をやってしまったか・・・

スマホを使えるようにするにはiモードをSPモードというのに切り替えなければならないということがわかっていたので、届いたらすぐ使えるように準備するためと、料金がどれくらい変わるか調べるために、imodeの料金確認ページなどをチェックしていました。

そこで目に留まったのがそう『ドコモプレミアムクラブ』

ここで、ふと気づいた・・・

『あ、ポイント・・・』

機種変してからどれくらいたったから改めてしべ手見る尾と3年と8ヶ月でした(前回書いたの5年は間違いでした)。

それだけ機種変してなければポイントも相当たまっているのでは??

ものすごい嫌な予感がする・・・

そしてその予感は的中することとなる。

ポイント総数・・・24000!!!
しかもちょっと前に3000ポイントくらい失効してるっぽい(笑)

そう、このポイントがあれば中古買ったくらいの値段で新品を買えてしまったことに気づいてしまったのだ・・・

同じ機種ではちょっと足りないかもしれませんが、2万ポイントの差は大きい。


しかも買ったのが年末ということを忘れていた・・・
今年中に届くのだろうか?
届いたとしてそのときどこもショップはあいているのだろうか?(SPモード申し込みのため)

今回のスマホは今の携帯の危機からすぐにでも欲しいという気持ちで購入したので、もし来年になってしまうとなると、この行動がまるで滑稽に見えてならない。

おそらく年が明けたら、中古でももう少し安いのが出ているだろう。
もしかしたら新品でも安いの手に入れられるかもしれない。

そう考えると私の行動はほんとに、おろかだ・・・まったくほんとうにおろかだった・・・


とはいえほんとにあんまり後悔はしていません。
どちらかというとやっぱ初めてスマホを持つワクワクのほうが勝っちゃってますから(笑)

そう後悔はしていないのですが、購入にいたるまでの経緯があまりに無計画だった・・・

さて、この2万ポイントどうしようか・・・
ポイント交換でホームベーカリーでももらおうかしら・・・


あと今年中届くかなぁ・・・届いて欲しいなぁ♪

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

クリスマスの攻撃

 【25//2011】

クリスマス一色の街。

そんな街をあるくおれ。
右を向いても左を向いても、男女が編隊(HENTAI)組んで歩いていやがる。

憎たらしい、あぁ憎たらしい。

そんな敵の編隊どもとの空中戦をかいくぐりながらも、帰路をゆくおれ。

駅前という激戦区を抜け、地雷の多い商店街を抜け落ち着いた道へと出たときだった。

後ろに気配を感じた。

ここまできたことで安心感を覚えた私はまったく後ろに敵機がいることに気づかなかったのだ。


そして気づいたときにはすでに遅かった。

『ピ ピ ピ ピ ピピピピピーーーー』

しまったロックオンされた!!!?


んなわけないですよね~~wwwwww

前半はほとんどネタ(リア充死ねはガチ)ですが、ロックオンのくだりは書いておきたかった。

ここのところバトルフィールドのやりすぎのせいかどうかはわかりませんが、後ろの人からほんとに聴こえたんです。

バトルフィールド3の感覚で言うと、ロックオンされそうでなかなかされないような状態のときの音でした。


その人はまぁ、鼻歌を歌っていたわけなんですが、そのリズムが戦闘機のロックオンのときのリズムとピッタリすぎてほんとに吹き出しそうになりました。

ただこうなると何を歌っていたかはわかりませんが、気になってきますね。

年代的には若いおっさんって感じの人だったのでゲームをやっているようには思えないし・・・


いやまさか・・・



ほんとにおれをロックオンしようとでも・・・




アーーーーーーッ!!!!!

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

XBOXでYOUTUBEが見れるようになってた。

 【25//2011】

もうお気づきの方もいるかと思いますが、前回のアップデートでXBOXLIVEに『アプリ』という項目が追加されていました。

そのアプリの一つにYOUTUBEが見れるアプリが追加されていたことに昨日気づいたのです。

結構優れていて、普通にパソコンと同じように検索してみることもできるので、結構便利ですね。

ちなみに検索方法は確かYOUTUBEアプリのところで、確かYボタンかなんかで検索を入力できる画面を呼び出すことができます。

Category: XBOX360本体、その他

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

そろそろスマホ買いましょうか・・・?

 【25//2011】

最近ついに今使っている携帯がやばくなってきました。

私の使っているのはSH905という携帯、使用し始めてもう5年くらいになりましょうか。

電池の充電がやばくなったはもう1年ほど前の話。
充電が持たないくらいは別に気にしなかったのですが、ここ数日の間に新たなる異変が起こるようになりました。


それが・・・
FOMAカードを突然認識しなくなるというもの。

どういうことかというと、夜寝る、朝起きるとなぜか右上にFOMAカードを認識していないマーク。

一度電源落としてFOMAカードを挿しなおす。

再び電源を入れると・・・

『FOMAカードを挿してください』とのメッセージ。

何度か繰り返すと復帰・・・

まぁまだなんとか使えているのですが、さすがにこれだけ使っているとそろそろ寿命かなって思うようになりました。


そこで、考えたの・・・スマホにするかどうか・・・

私は基本的に外ではあまり携帯をいじることがないんです。
使うのは通話かメールくらい。

家でもネットを見たいときはパソコンを使ってしまう。

そんな私が・・・スマホを買う必要性があるのかどうか??

正直なところ新しいもの好きではあるのでスマホに興味がないわけではないのですが、今すぐ必要かといえばそうでもない。

しかも一括で買うと5,6万はするし、分割にしても月々の携帯代が高くなるのもちょっといや。

ゆえにそこまで買い替えを考えていなかったのですが・・・


ちょっと調べてみるとドコモの機種変って、ドコモショップに行っても携帯ショップに行ってもいろいろとやっているので、なにかしら手続きが必要なイメージがありますが、実はちょっと違うみたいですね。

ドコモで使える機種ならFOMAカードを差し替えるだけでOKらしい。

つまり本体さえ手に入れればFOMAカードを変えるだけで機種変できるということらしいです。


さて、昨日久々にブックオフにいったら、iphoneとか売っているところにドコモのスマホが置いてあったんです。
しかも、17000円ほどとかなりお安い(もちろん型落ちの中古ですが・・・)

そこで、中古での携帯購入も視野に入れるようになったわけです。

ただ、携帯として使えるようにするようにするのにはSPモードというものには加入しなくてはいけないようですけどね。

さて・・・本当にどうすっかなぁ・・・

Category: 日記

Theme: スマートフォン

Genre: 携帯電話・PHS

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バトルフィールド3 最強の武器は?

 【23//2011】

というわけでまたしてもバトルフィールド3の記事です。

さて、シリーズ史上ここまで凶悪で悪質、そして最強の武器を見たことあるでしょうか?

私はバトルフィールド2モダンコンバットからはじめたのですが、ここまで『うわっ卑怯!!!』って思う武器は初めてでした。


その武器とは??

F2000?

迫撃砲?

リペアツール?


いやいや違います。
それは・・・


MAV!!

偵察兵の装備品の一つですね。
主な用途としては上空を飛び敵をスポットし、味方と自分が敵の位置を把握しやすくすること。
それと、適当な場所に設置することでモーションセンサーとしての役割も果たし、待ち伏せや拠点の防衛などに役立たせること。

これが主なこのツールの使い道です。


が・・・

このツールの恐ろしいところ。

それが敵を倒すこともできるということ。
これがこのMAVが最凶で卑怯な武器といわれる由縁です。

このツールを使っての倒し方はあえて書きません。
他の攻略サイトなんかでも書かれていますし、他のプレイヤーからはかなり嫌がられる(というかイラっとする)行為だと思うのであえて書きません。

ただ、ちょっと思うこともあるので書いておこうかと思います。

とにかくこのバトルフィールドシリーズの楽しみはフィールド上にある武器は何でも使え好きなように戦略を立てることができるというのが面白さの一つだと思います。

もちろんルール内で、あとマナーも考慮した中でですね。

さて、このMAVの使い方ですが上で書いたものの他にもちょっとした使い方あります。
それは敵の周りをウロチョロ飛んで敵をイラつかせるというもの。

さすがに目の前をさえぎるように飛ばれたりするの気分悪いです。
それを利用して敵に弾を撃たせたりしてこっちに注意を向けることで味方からの攻撃を援護するということもできます。(慣れた人なら無視したりするので、この程度ならギリありだと思うのは私だけでしょうか?)

問題なのがこれに相手を倒す機能が付いていること。
相手を霍乱させるだけならまだしも、攻撃して倒されるとなると近づいてこられた方は相手をせざるをえなくなります。

しかも近くを高速で飛び回られると標準も合わせずらい。
倒すのが困難な上に壊してもさほどポイントになるわけでもない。
操縦者は無傷である。
壊れたら援護兵の弾薬補給で補給できる。

そして、一番問題なのが慣れてくると相手を倒すのそんなに難しくないということ。

実際・・・

私も使ってみました。

最初は慣れないのでなかなか倒せませんでしたが、ちょっとすると結構な確立で敵を倒すことができるようになります。

しかもMAV自体もやられにくい。
やられても自分は無傷。

ちょっとやって我に返ると・・・

『うわぁ・・・これってめちゃくちゃ卑怯じゃん』って思いました。

しかし、メーカーがこの制度をアップデートで改善していないということは、メーカーとしてこれを認めているということ。
ルール上は問題ないということが一番の問題なのかもしれませんね。

実は私自身はそこまでこのツールでやられた経験はそんなにありません。
たしか1、2回ほどだったと思います。

つまり位置や立ち回りことによってやられることはめったにないと思うんです。
実際MAVを動かしてみると、倒しやすい人は倒しやすいところにいるんですよね。

さて、ここからも問題。
倒せる相手が倒せる状態でいて、倒せるツールがあるのに倒さない理由がどこにある?
という問題にぶつかってしまいます。

実際使ってみると思いますが、空からスポットしてて味方が攻撃されている。
今ならこれで後ろから攻撃できるという状況。
あなたは見てみぬふりができますか?という問題。

心境的には倒したくなってしまうのではないでしょうか?

確かにルール上は問題ない行為なんですよね。


しかしやられる側からすると、やはりウザさ隠しきれない。
ハエのように飛んでいてウザいというだけではなく、MAVを壊したりかまってもメリットが少ない。
(実際は味方の位置を知らせないという意味でも壊しておくべきですが・・・ここでは攻撃してくるMAVに対してですね。)
さらに操縦者の近くに援護兵の弾薬箱があればまたすぐに飛んでくる。

そういった意味でも卑怯とも言えますね。

ただゲーム上許されている行為である以上は黙認するしかないのが現状ですね。

そこで、そんなMAVに対する対処法を私の経験からちょっと書いてみようと思います。


まず、見つけたらとりあえずスポット。
これで、味方にMAVの位置を知らせておくことで自分で倒せなくても誰か倒してくれる可能性が高くなる。

そして、MAVで攻撃してくるときは大体一直線に飛んでくるので、AIMせずにそのままの視点で落ち着いて銃を撃てばかなりの確立で壊すことができます。
コツはなるべくひきつけて撃つこと。ショットガンがかなり有効ですが、それを倒すためにショットガンを持ち歩くのもバカらしいですしね。
偵察兵なんかはボルトアクションのライフルよりかはピストルのほうが当てやすい。

またスティンガーなどロックオンできる武器でもロックオンができるのでとりあえず見つけたら落としておいたほうがいいです。ヘリなどのヒートシーカーでもロックオンできたはず。
(これは味方の位置をスポットされないという意味でも結構重要かも?)

もうひとつは偵察兵のMAVでRトリガーのジャミングで壊す方法。
そういった低い位置を飛んでるMAVは比較的ロックオンしやすいので簡単に壊せると思います。
またしつこく何度も上がってくるようでしたら、少し上空で待機しておき、上がったら壊すを繰り返せばそのうちあきらめると思います。
これはあまりにしつこく上がってくるときには有効ですね。

それか、あえて敵の操縦者を見つけて同じ手段で倒すというのも効果的かもしれませんね。
ただ、これをやると因果応報、やったらやりかえすの泥沼になりそうな気もしますが(笑)


どうしてもかまっていられないときは、ある程度よけ方があります。
使ってみるとわかりますが、MAVで攻撃しやすい敵は・・・

止まってたっている人
中腰の人
周りに障害物がないところにいる人

これらがターゲットにしやすいんです。

逆に攻撃しにくいのが

伏せている人
壁際や岩など近くに障害物があるところにいる人
動き回っている人
建物の中

が、攻撃しにくいんです。

MAVを使ってみるとわかりますが、狙う相手は特定の相手になります。
つまり上に書いた狙いやすい人です。

逆を言うとそれ以外の人は成功率が低いのであまり狙わないということです。

まったく狙ってこないわけではありませんがMAVの操縦者は倒しにくい相手よりまず先に倒しやすい場所にいるやつを攻撃すると考えればよけ方はわかってくるんじゃないでしょうか?


最後になりますが、あれやこれや書きましたがこれはちょっと修正パッチを当ててもいいんじゃないかなとは思いました。

ただ、弱くしすぎたり補給できなかったりすると、偵察兵としてはかなりの使いかっての悪さがでそうなので、私が思うのは『高速で何かに当たったら壊れる』というくらいならバランスがよくなるのでは?と思います。

あ、ちなみにこの記事見てやってみようと思ったならあまりお勧めできませんよ。
ゲームのルール上認められているとは、多くの人が嫌っているやり方なので、悪評が入る可能性が高くなりますし、最悪ゲームからキックされる可能性もあるかもですので。

Category: バトルフィールド3

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (20) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ちょっとブログスランプな気分。

 【23//2011】

最近バトルフィールド3の記事ばっかだ・・・

ハハハ、なぜだろう・・・

そうただ単に書くことがないっ!!!!

まぁ実際には些細なことで書いてみようかなということはあるんですが、ブログを書き始めるとどうもうまく書けないんですよね。

上手に書けないんじゃなくてあくまで自分の中でなんか違うな・・・っていう感じでその先に進まなくなる。


直接的には関係ないかもしれないんですが、ここ数ヶ月イライラすることがちょっと多いんです。

私は比較的温厚な性格だと言われますし自分でも思っています。
イライラすることも多々あるんですが、すぐに消化できるのであまり溜め込んだりしないんです。

しかし、最近はイライラを消化し切れていない・・・
些細なことにもイラっとしてそのイラつきがいつも以上にイラっとする。

この前ゲーム中に友人に『○○くんがそんなこというなんてそうとうだねっ!』言われて気づいたのですが、確かに以前はこれくらいで口に出すほどはイラつかなった。

これはかなりストレスがたまっているのだろう。

そこで思いついた一つの理由。

それは消化不良。
やりたいことが急に多くなりだしたこと。

しかもそれはすぐにできることであったため順序をつけることができずに、あれもやりたいこれもやりたいという状態に陥ってしまったことが原因に思う。

ここ数ヶ月でいろいろと手に入れたものがある。

まずペンタブレット、ちょっとお絵かきに興味を持ち絵を楽しさを覚えてしまった。
そしてピアノ、まだはじめて1年だがちょっとずつ弾けるようになってきて楽しくなってきた。
そしてゲーム、年末にかけてバトルフィールド、アサシンクリードと立て続けに発売されやりたいゲームも増えた。
あとなんかあったけどそれは後回しでいいと思ったのか消化済み。(というか飽きたんだろうね。)

さて、問題はここかから。

それぞれ時間を区切ってやればいいと思うのだが、それぞれ1,2時間で済んだ試しがない。
そしてやるからにはそれなりに疲れる。

ならば日にちごとに分ければよいのでは?

実はそれも考えたが性格的に無理ということもある。
やりたいときにやりたい。
そしてやりたいと思ったときにする練習のほうが上達が早いことを知ってしまった。
もし日にちを区切ってしまうとやりたいと思った時にできなくなってしまう。

そしてやらなきゃあって思った時点で練習しても上達はやりたいと思ったときより少ない。
さらにはそんな状態で続けても飽きてしまうというのが今までのパターン。

日にちを区切るとこういった弊害があるのだ。

ただ今の状態はちょっと違う、全部やりたいと思っているのだ。

ゆえにたちが悪い。

そうここまで読んでくれた人はすでにわかっていると思う。
私は超がつくほどわがままなのだ!!!

とはいえ最近は少し落ち着いてきた。

それは、ある程度優先順位が決まったきたおかげだろう。

今の優先順位はピアノ、ゲーム、お絵かきの順だ。

というかこうやって今ブログを書いている時点も少しずつイライラがおさまりつつある・・・のです。

今気づいたけど、なんだこの記事(笑)

『○○だっ』『○○だろう』とかおれ何様(笑)

失礼しました。言葉を改めるようにします。

というわけで、だいぶストレスから開放されつつあるのですが、まだ少し残っているので今日はここで一気に吐き出そうと思います。


まぁちょっと言葉が悪くなりますが、あぁかわいそうな人だなぁとか思ってやってください(笑)


では・・・

先日夜中に軽く川沿いをランニングしてたんですね。
その川沿いは道幅が狭く、二人すれ違うときはお互い軽く道を譲るような形になるんです。
まぁ大体の人はお互い譲り合って問題ないんですが・・・

いつも私が走るルートは片道2キロ、往復4キロほどのコース。ペースは遅め。

それにかかわらず久々に走ったせいか走りきることができなかったんです。
片道を折り返したときに疲れを感じたので無理をせずゆっくり歩いて呼吸を整えてたんです。

しばらく歩くと後ろから走ってくる足音がしました。
よく走っている人がいる道なので私は『あぁ誰か走ってきたか』と思い、軽く端により通れるくらいの道をあけました。

どんどん足音が近づいてきて・・・

『ドンッ』

思わずこけそうになってしまいました。

後ろから走ってきた人と肩がぶつかったのです。

とっさに私は『あ、すいません』といいました。
あ、ちなみにこれは私が悪いと思ったわけではなく、挨拶程度の意味合いですね。

相手も悪気があったわけじゃないだろうし・・・


と思ったら相手が発した言葉が・・・

『ちっ』

その人はそのまま走り去っていきました。

片道走った疲れもあって『あぁ世の中こんな人もいるんだっけ』程度に思っていたのですが・・・
だんだんイライラしてきたわけです。

そのイライラを今吐き出しておこうかと思います。

注:ここからちょっと言葉が悪くなっていきます。


っていうか、てめぇ何様だよ!!!!
そんなにランナーはエライんか!!!!!!
っていうか明らかにおれより年上で肩ぶつかってその対応はねぇだろうがよっ!!!!

ゆとりか?いい歳してゆとりかよっ!!!!

っていうかこの道走るランナーさんよぉ。

自分は道ゆずらねぇくせに歩行者に道譲らせすぎじゃねぇか??

会釈もしねぇで走り去ってどんな教育受けてきたんだよっ!!!

おれは疲れてるんだから・・・がんばっているんだからそれくらい当然のような顔しやがって、そんな自分の勝手じゃねぇかっ!


バカなの?死ぬの?

そんなに走りてぇなら近くに緑地公園あるじゃねぇかよ!!
そこで走れよっ!!!




あぁすっきりした(笑)
大変お見苦しいところお見せしました。

深く反省しております。

ほんとは他にもいい歳したサラリーマンが道幅全体に広がって歩いていたりイラつくことはいろいろあったんですが、まぁこれくらいで許してやろう(笑)

っていうか、実は上の文『バカなの?死ぬの?』っていうのをどうしても一度使ってみたかったっていうだけだったりするんですよね。

でもストレスの解消にもなったしまぁいっかなぁって感じです。

若い世代を『ゆとり』と悪い意味で表現することがありますが、そこそこの歳の『バブル世代』もどっちもどっちじゃない?と思う今日この頃。

とはいえ自分も立派な人間だとは思っていませんし、その上記の世代でもいい人はいい人。
そういった人たちは少ないけど、イラっとさせることが多いため目立って見えるだけとも考えられるので一概には言えませんけどね。

っていうか知り合いの知り合いでそこまで変な人はいないんですよね。

私より若い人でも、言葉遣いはしっかりしているしきちんと気も使える。
年上でも気さくな人多いし。

で、思ったのが知らない人だからこそそういった人多いのかもしれないなと。
(めっちゃハショッタ。)


もうすぐ年末だしクリスマ・・・だし嫌な気分ですごすのももったいないしですしね。

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

電子レンジのコツ(笑)

 【20//2011】

なんだよ、電子レンジのコツって(笑)って思ったら負けですよ(笑)

まぁ冗談はさておき、電子レンジにコツなんてあんのかよ・・・とは、あまり思いませんよね。

ちょっと前と違って多機能化され、いろんな料理ができるようになり、こんな料理ができるようになりました。
っていうのはテレビでもネットでもよく見るようになっていますし。


しかし今回私が紹介するのは料理をするというより、電子レンジを使ったときに起こるちょっとした不便を解消するコツ、つまり電子レンジを使った料理のコツではなく、電子レンジ自体の使い方のコツのようなものです。

まぁ知って損することは無いので気楽に読んでください。


でわ・・・

電子レンジでちょっとしたものをお皿に乗せて温めたとき、お皿が触れないくらいに熱くなっているときありませんか?

そう、今回紹介するコツというのはこの異常なまでの熱さを回避するコツです。

それは鍋手袋やタオル持ってお皿を使う。

そう、それだけ・・・


なんちゃって(笑)

ハイハイわかってます、つまらないこといっています・・・


話を戻して・・・

まず、電子レンジでお皿ごと温めるとなぜお皿までものすごい熱さになってしまうか。

電子レンジは熱を発して料理を温めているのではなく、料理内の水分を振動させて料理自身の水分から熱が発せられているんですね。

簡単に言うと運動すると体が温かくなるのと似たような感じかな。

まぁ細かいことはわからなくていいんです。
つまり水分があるものが温められるので、本来は水分のほとんどないお皿は温かくなることはないんです。

お皿だけ電子レンジに入れればわかりますが、熱は持ちません。

ならなぜ、料理を載せてチンするとお皿も熱くなるか。

その原因はそのとき使うラップにあります。


あぁそうだ、ラップを使うとは最初に書いていませんでしたね。
まぁ料理を電子レンジで温めるときは大体ラップ使いますしね。

それに、ラップを使わず温めるとお皿はあまり熱を持たないんですよ。

と、話がそれまくっているのでこれはもうちょいあとで。

というわけで、お皿が熱くなる原因はラップでお皿ごと覆うことで温められた料理の熱が逃げず、そのままお皿に伝わって熱を持ってしまうというのが原因です。

普通の陶器のお皿はあまり熱が伝わらないので、料理が触れているところしか熱くなりませんが、ラップでお皿の中を覆ってしまっていることで、温められて高温になった料理の水分などで温められてしまうのです。

例えると何だろう?
お風呂のふたをするのとしないのだとさめにくいみたいな感じ?

うまい例えが思い浮かばないんですが、本題はそっちじゃないですね。


本題はお皿を熱くしないようにするコツだった(ほんとに本題忘れてました。)


まぁラップをしないという選択肢もありますが、ラップをしない状態だとレンジ内ににおいが残ったり、料理がはねてレンジが汚くなったり、ラップをしないことで熱が上に逃げるので温めが足りなかったりするので、今回はまぁ・・・ラップをしたということを前提でお願いします。


さて、それではお皿が熱くならないようにするにはラップのかけ方にコツがあります。

そのかけ方というのは、単純に料理の部分にだけラップをかけるようにするというもの。

普通ラップをかけるときは、皿のふちからお皿全体を覆うような形でラップをかけると思いますが、ふちの部分は覆わないように料理の部分だけに乗せるような形でラップをすると、お皿の部分は熱をもつことがありません。

もう一つの方法としてはふちまでラップをするときは熱が逃げるように端っこだけ隙間を開けておくというのもありますが、こっちはお皿を覆っている部分が多い分お皿も熱くなりやすいんですよね。

時と場合によって使い分けてみるといいと思います。

とにかくコツは電子レンジから取り出すとき持つ部分をラップで覆わないということです。

これで、電子レンジから料理を取り出すときの『アッチッチ』というのは回避できると思いますので興味があったら試してみください。

Category: 日記

Theme: 料理日記

Genre: グルメ

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バトルフィールド3 戦闘機のコツ第4弾 コンクエストでは味方機と共に

 【18//2011】

コンクエストではゲーム開始時にはお互いの戦闘機2機が飛び立つのでいきなり2対2の空中戦になりやすいです。

なのでまずやるべきは制空権の確保。
とにかく敵の戦闘機が2機同時に飛んでいる状態で対地攻撃は考えないほうがいいでしょう。

まず敵戦闘機の撃破第一。

そこで、ゲームが始まったら、まずやるのが味方機の近くを飛ぶこと。

味方機がうまい人なら、まず敵機の背後を取るでしょう。
しかし相手も2機飛んでいるので、敵機を追いかけている味方機の後ろを取ってしまいます。

そこでその後ろに自分がつくと敵機の撃墜率はかなり高くなります。

まぁ実際はそこまでうまくはいかないわけですが、2機が近くにいるということは敵もどっちを追いかけるか迷いやすいですし、どちらかを追えばどどちらかが後ろにまわれるわけなんです。

また防空レーダーなどを持っていない場合は敵機の位置を捕捉そにくいのですが、味方機の近くを飛べば、味方追いかけていればその先に敵機がいることがわかりますし、追われていばその後ろを取りやすくなるわけです。

とにかく敵を見つけづらかったら味方機を視界に入れいておくというのもかなり撃墜率が上がります。

それが終わったらヘリを片付ける。
ヘリは上からの攻撃に弱い(理由はヘリを操縦したとき上を向いてみるとなんとなくわかるかと思います。)ので高度を上げてから、攻撃すると反撃は受けにくいです。

敵機が片付いたら対地攻撃です。

再び上がってくる戦闘機に注意しながら、特に戦車を狙うようにするといいです。
通常の兵士を適当に狙って撃つのはかなり困難。

それに対して戦車は機銃でも一回のアタックで無効化、うまくすれば破壊ができるので地上戦では戦車に苦戦している場合があるのでかなり助かると思います。

防空レーダーがなければ一回アタックしたら味方機のほうを確認し、新たに戦闘機が上がっていないか確認しまたアタック。

うまいことすれば1度も撃墜されずに結構な撃墜数を稼ぐことができると思います。


とはいえ、やはすごいやつはすごい・・・
そこそこの腕の人が二人でかかっても落とされるときは落とされる・・・

もうどうしても勝てないと思ったら、あきらめて戦闘機は他の人に譲ったほうゲームに勝つという意味でも大事かもしれませんね。

Category: バトルフィールド3

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

いつの間にか来てた バトルフィールド3の追加コンテンツ

 【18//2011】

全然気づかなかったのですが、バトルフィールド3の追加コンテンツ『BACK TO KARKAND』が配信されていました。

気づいたのが5日ほど前だったかな?

初回特典のダウンロードパスを持っていたのでダウンロードは無料でしたが、初回特典がないと1200ポイント必要だったっていうのは初回特典版でよかったなって思います。

さて今回の追加コンテンツは『バトルフィールド2』に登場した人気マップをリメイクしたものらしく4つのマップが追加されていました。

さて、私も勘違いしていたのですが、バトルフィールド2であって『モダンコンバット』のほうではないということ。

XBOXではバトルフィールド2モダンコンバットのほうが出ていますがバトルフィールド2はでていないんですよね。

XBOXでしかバトルフィールドをやったことないので、『2』の人気マップと言われるとモダンコンバットのほうを思い浮かべていました。

なので始めてプレイしたときは『あれ?こんなマップあったっけ?』とか思っちゃいました(恥)

でも、まったく知らないマップっていうのもそれはそれで新鮮で楽しい。
右も左もわからないままやっているのもなかなかおもしろいと思います。

『バトルフィールド 1942』で登場したコの字型のマップWAKE ISLANDというマップ。
これはXBOX360のアーケードでも発売された1943にも登場してマップです。
(ただプレイしてみるとちょっと印象は違う気がしますが)


さて、ではプレイレビューです。

まず、全マップをプレイしての感想。

バトルフィールド3で登場したマップとはまったく違った印象を受けました。
ちょっと表現が難しいのですが、バトルフィールド3のマップはどちらかというと、狭いマップはどちらかというとコールオブデューティよりのイメージで広いマップは今までに無いようなマップという感じでしたが、追加マップはXBOXでいうところのモダンコンバットに近いように感じます。(立ち回りや動き方という意味で)

また、コンクエストに関しては3のルールではなく、コンクエストアサルトというルールになっていました。

どういうゲームかというと、ゲームの進め方はほぼコンクエストと変わりません。
フラッグを占拠していくというものですが、まずゲームスタート時の状況が違います。

片方のチームは拠点を持っている占拠しているフラッグは0の状態でチケットも少し多い。
もう片方のチームは拠点は持っていないが、マップ上のフラッグを全て占拠してある状態でゲームがスタートします。

つまり、両方フラットの状態からフラッグを取り合うというより、攻撃側がフラッグを占拠するのを防御側がそれを阻止するというようなイメージですね。

防御側がフラッグを取られても取り返すことは可能なのでゲームがはじめってしまえばコンクエストとなんら変わりはないのですが、防御側がフラッグを全部取られてしまうと、拠点が無いので復活が部隊からのみとなってしまい、さらに部隊が全滅すると誰かが拠点を奪い返すまで復活できなくなってしまうです。

さらにマップ上に部隊が全滅したらその時点でそのゲームは負けで終わります。

ちょっと特殊なルールな感じがしますね。

RUSHのほうは今までかわったところはなかったですね。

あ、それとコンクエストアサルトで戦闘機の出てくるマップ(確かWake Island)のアメリカ側の戦闘機なんですが・・・

なんと『F35』!!
まぁ今年アメリカ軍にも配備された最新戦闘機なんですが、問題はそこじゃない。

この飛行機通常の滑走路からの助走をつけて飛ぶだけではなく垂直離陸ができるという戦闘機。
ゲーム中は垂直離陸はしたこと無いんですが、飛行中に減速を続けるとそのままヘリのように飛行できてしまう。
スティック押し込みで視点を後方視点に変えるとエンジンが下向きになるのが見えます。

大して相手は通常の戦闘機。

これは機体に差をつけすぎじゃないか・・・と思いきや、このF35・・・すごい扱いづらい。

敵機を追いかけたり逃げたりするのに最小半径で逃げるのに減速したりするのですが、ある程度減速すると機体
水平飛行(っていうのかな?)とりあえず空中で止まれる状態になるのにエンジンを下に向けるので挙動が急激に変わる(失速したようになる)のでとにかく焦る。

ただ、追いかけられているときにそんな状況でも落とされなかったのが不思議なんですよね。
思った以上に速度が落ちてて後ろの戦闘機をやり過ごせているのか、見失っていただけか・・・

もしかしたら、使い方によっては本当に差がつくのかもしれませんね。

長くなってきたのでそろそろ締めます。

まぁとにかくまだ全然マップもわからずにいるのですが、なかなか楽しく遊べています。

Category: バトルフィールド3

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久々のカラオケ

 【18//2011】

どうも一度感覚があいてしまうと更新が滞ってしまいがちになってしまいますね・・・

まったく悪い癖です。


さて、先日いとこが10年ぶりに上京してまいりました。

いとこの住む近くには祖父の家があるのでよくあってはいるのですが、せっかく来たのだからと私の母のやっているお店に行くことに。

まぁ小さいスナックのようなお店なんですが、私が着いたときにはすでにいとこは見事にお酒がまわって出来上がっていました。


まぁそんなことは実はどうでもいい(笑)
といったら語弊があるのでフォローしておきますがいとこは同い年なので話もあうので盛り上がってました。

ただ本題はそこではない。

いとこが10年ぶりの上京なら私は10年ぶりのカラオケを歌うことになってしまった。

まぁお店がお店だけにお客さんもみな酔っ払っている。

最初は歌うつもりは無く断っていたのですが、まぁ陽気なおじさんたちに後押しされ歌うことになってしまったのです。

これでも昔はカラオケは好きなほうだったんですよ。
ただある時期からなんとなくカラオケで歌うのが楽しくなくなっちゃったわけなんですよね。

それで、友人とカラオケ行っても断固として歌わなかったわけなんですが、それでもここ最近カラオケもいいかなって思ってきてたわけです。


そして久々に歌ったら・・・

あれ?おれ・・・こんな下手だっけ???

いや正直もともと歌はうまいほうではない。
それはわかっている。

しかしここまで・・・

まず、声が出ない。
野球部で鍛えたあの美声はどこへ???

音程が取れない。
ピアノで鍛えた音感はどこへ???

そして、歌詞を歌うのにろれつが回らないwww

最近の曲を知らない・・・というよりもはや自分がどんな歌を歌っていたかも忘れていたので、選曲はいとこに任せたのですが、その選曲がboowyのB・BLUE

なぜかいとこの中では私のイメージはBOOWYだそうです。
(確かに一時期はまってた)

そうそれでどうろれつがまわらなかったかというと。

曲の最初から・・・
『乾いた風にかけけれれ~
ふふいごの声もほほ~え~な~い』
って感じが終わりまで永遠と・・・


まぁグダグダだったわけですがそれでも、みんな笑ってくれたりしたのでまぁ楽しかった。
というか結構気持ちよかった。

たまにはカラオケもいいですね。

とまぁとりあえず、記事の更新をこのまま止めないためにちょっと最近の出来事を書いてみました。

よっしゃ!!!

今年はがんばるぞ~~~!!!!
(↑実はこれが言いたかっただけだったりするw)

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

実写版ナルトのクオリティが・・・

 【08//2011】

なんでだろう、普段なら目にもとめないアニメ作品をファンが実写かしたというネタの動画・・・

ほんとに普段ならまったく目にもとめないのですが、その動画の再生数が半端ないことに気づき見てしまった。

そう、再生数が多いことはそれなりに見られる理由があるということだからだ。

ただ、そのほとんどの私の好みに合うことは少なかった。

見たのはちょっと期待したからだ。
そう、なんか笑える要素があるのではないかと・・・

しかし・・・

違った・・・

もう一度いう、これはファンの作ったナルトの実写動画だっ!
それを心して動画を見て欲しい。



というわけで思った以上にクオリティが高くてビックリした動画でした。

ナルトはともかくリーの声まで似てんじゃね?って思ったんですね。

ただカメラワークとか見てるとその手の仕事やっている人がやってんじゃないかとも思えますけどね。
そういえばスターウォーズのライトセイバーバトルをやってた動画もかなりクオリティ高かったんですよね。

ファンの力はすごいなぁって思いました。

Category: ネット動画

Theme: 動画

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

リベレーションズのマルチプレイがおもしろかった。

 【08//2011】

前作のブラザーフッドではほとんど手につけなったのがこのアサシンクリードシリーズのオンラインマルチプレイ。

今作のリベレーションズでのはじめてきちんとやったのですが、思った以上におもしろかった。

前作やったときは操作やゲームの進め方などまったくわからずおもしろみを感じなかったのですが、リベレーションズではアブスターゴ社側のムービーなどがマルチプレイでレベルを上げなくては見れないというので仕方なく始めたというのが本音だったのですが、実際やってみるとかなりおもしろかった。

GOGOLINAさんのブログでもかかれていますが、ゲームの感覚はまるで鬼ごっこやかくれんぼに近い感覚で、追いかける楽しみと隠れるドキドキを楽しめました。

ただ、最初慣れるまでが大変でした。

下手に走るとすぐ見つかり、怪しい行動するとすぐ見つかるので、本当に群集にまぎれなくてはやっていけない・・・

さらに敵と群集の見分けがつかないのでかなり結構間違えて一般市民を倒してしまう。


というわけで攻略というわけではないんですが、マルチプレイをなれるコツとして最初は個人戦より『チーム戦』をプレイすることをオススメします。

理由は簡単、味方がいるのは心強い、それとチームプレイだと両チームとも外見が統一されるので敵を判断しやすいんですよね。

ついでにチームプレイを気の知れたフレンドとやるのも結構おもしろいですよ。

片方がおとりになって目立つところに立っておき、片方がワラに隠れるそして敵がおとりになった人に近づいたときにうしろから・・・っていう・・・

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガラータの塔 アニムスの断片の取り方

 【06//2011】

アニムスの断片で唯一取りづらかったところ。

それが、『ガラータの塔』の裏側中段ぐらいにあるアニムスの断片でした。
アニムスの断片 ガラータの塔1

取りにくい理由は中段に足場があるものの、手をかけるところなどが無く一度上に上がってから下に飛び降りながら足場に着地しなくてはいけない。

だけど、足場の真上から降りようとすると、イーグルダイブになってしまい足場に着くことができないんですね。


というわけで私のやった取り方です。

まずこの位置から塔の上に上っていきます。

アニムスの断片 ガラータの塔2

一番上まで行ってもいいのですが、失敗すると登るの面倒なので私はこの位置まで登りました。
アニムスの断片 ガラータの塔3
下に足場が見える位置まで着たら、そこからもう一つ隣の窓(画像ではもう一個先)までいき、方向スティックをはなしRトリガー引きながら後ろにダイブ(このときイーグルダイブにならないようにしたのワラの位置を確認)。

後方にジャンプしたらすかさずXボタンでパラシュート。
アニムスの断片 ガラータの塔4
方向転換して足場の上に降りれるタイミングでBボタンでパラシュートをはなす。

2、3回やればなんとなくやり方がわかってすぐできるようになると思います。

コツとしてはギリギリに着地するというよりはなるべく早く足場の上空に行き飛び降りるというほうが確実に足場にたどり着けると思います。

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アサシンクリード リベレーションズのクリア後の感想

 【06//2011】

ついにアサシンクリード リベレーションズをクリアしました。

正直な感想を言うとちょっとボリューム不足感は否めなかった。

というより前作がボリュームありすぎたのだろうか?

次の記事で書きますがストーリーの要素をマルチプレイのほうに含ませた分メインストーリーのほうにイベント組み込まなかったような気がします。

とりあえず少なくなったと感じたサブイベントをあげると・・・

・秘密の墓所
これが二つしかなかったのが残念。

・シンボルでの謎解き要素
私はこれを探して謎解きするのがなくなったのが残念。

とはいってもそこはアサシンクリード。
やっぱりおもしろかったです。

ボリュームが無かったとはいえある程度サブイベントをこなしながらも13時間は遊べてました。
さらに、さらに残ったアニムスの断片集めや秘密の墓所などをめぐって18時間ほどプレイしているのでなんだかんだで、結構遊べているのが現状ですね。

ちなみにやはり今作になって敵に気づかれにくく街での立ち回りがやりやすくなっていました。

例えば敵の目の前で剣を抜いたり、銃を突きつけても気づかれずに無視される始末(笑)
こんな感じです。
アサシンクリードリベレーションズ 敵に気づかれない2
アサシンクリードリベレーションズ 敵に気づかれない1
実際にこちらから攻撃する、タックルやつかみかからない限りはスルーしてくれるというかなりの親切兵士たちになっていました。

走りながらぶつかっても注意される程度で、そのまま走り去れば追っかけてくることもないんですよ。

難易度も思ったより高くなく各ミッションシンクロ率100%を目指さなければクリアはできると思います。

あとサブイベントの秘密の墓所には出現条件があり、一つは『イシャク・パシャの回顧録』を全部集めるでよかったと思うのですが、もう一つがいつの間にか出現していたので何を集めたときにでたのかよくわからないんですよね。

おそらくは『ポーロの印』を見つけ全ての書物を見つけた時点で出現するのだと思うのですが・・・

ここらへんはもう少し調べたら掲載します。

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

辛口レビュー SUPER8

 【05//2011】

久々に辛口に映画レビューしてみようと思います。

個人の感想なので人によって感じ方は違うと思いますが、まぁ参考にせずネタとしてでも見てください(笑)

さて、今回のレビュー対象は『SUPER8』という作品。
このさくひんはj.j.エイブラムスとスティーブンスピルバーグが組んだ作品で、上映当時はETに継ぐ傑作として紹介されていた。

さて、実際見てみると・・・


まず、これはSFでもミステリーでもない。
雰囲気はSFミステリー感あるが、どうみても普通の家族愛を描いたファミリー映画。

そこにうっかり宇宙人が見切れちゃっているくらいと考えたほうがいいだろう。
そこに戦車とか爆発とかしたほうが人気出るんじゃない?と考えた監督が無理矢理組み込んだというイメージだった(笑)

ETのような宇宙人との友情、愛情の交流はほとんどない。


その宇宙人と主人公の子供たちとの接点はほとんどうっかりだったとしか言いようがない。

主人公たちとほとんど交流も無く一人で勝手に帰っていく宇宙人。

もはや家族愛を描くのに宇宙人じゃなくても誘拐犯でもなんでもいいような気がしてきた(笑)


さて、ここまで書いておいてなんだが辛口レビューを書くことに至ったにわけがある。

この作品には期待していたからだ。


つまり期待を裏切られた感が半端なかった。


物語の序盤はよかった。

これからなにが起こるのだろうとワクワクした。
後半もそうだった『一体どうなるんだろう』というワクワクを感じた。

だがしかし、そのあとが何も無かった。

上にも書いたようにいつのまにか宇宙人が帰っていき、勝手に家族の絆が深まったという程度。

宇宙人が帰ったあとのエピローグもほとんど無く主人公たちのその後は描かれていない。
その後の主人公たちはみなさんの想像にお任せしますもありだけど、この手の映画だったらもう少し流さないとわけのわからないまま終わっている感強く感じる。

SFミステリーとしても弱い。
ファミリー映画としても内容がいまいち足りない。
パニック映画でもない。
特段すごい映像技術を使っているわけでもない。

いろいろと中途半端感がいなめない。

唯一ジャンルづけするとすればカップルがすることなくて仕方なく見る暇つぶし映画といえよう。

まぁ、途中のワクワク感は本物だったのでまったくつまらなかったわけではないんですよね。
つまり、物語を締めくくるエンディングは大事ですよね。
終わりよければ全てよし、逆に言えば終わり悪ければ全て台無し。とも言えますね。

途中のワクワク感だけを味わいたければ見る価値はあるかもしれません。


最後に、ほんとにこれは私個人の感想です。
最初にも書いたとおり期待値が高すぎたせいでこう感じたのかもしれませんね。

人によっては非常におもしろい作品になっているかもしれません。
(めっちゃフォロー中(笑))

Category: 映画、ドラマ

Theme: 映画レビュー

Genre: 映画

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アサシンクリード リベレーションズ アニムスの断片の場所

 【05//2011】

今回もサブイベント『追憶の旅』を見るのに集めるものが必要。
それがこの『アニムスの断片』です。

しかし、これがなんと100個もあるんですね。

最初に2、3ヶ所は画像に取ったんですが、途中でうっかり取っちゃたりとちょっと挫折中。


ただ、サブイベントやるだけなら100個も必要なく5個10個という感じで集めた数によって見れるイベントが増えていき、全部見るのには30個ほどあれば見ることができるようになります。

実績のために全部とりたい場合は50個集めるとマップにアニムスの断片の場所が記させるようになるので50個までは集めれば残りの50個は見つけやすくなります。

50個集めた後に表示されたアニムスの断片の画像。
クリックで拡大
マップ全体
アニムスの断片全体

北側
アニムスの断片北側

南側
アニムスの断片南側2
アニムスの断片南側1

とりあえず私が集めた後の残り50個なんでこれで全部ではありませんがまだ一つも持っていないときには確実にある場所なんで参考にしてください。


最初の50個ですが、基本的にはかなりの確立で高い建物の上においてあること多いです。
ビューポイントに登ったらとりあえずさらに上見て鷹の目を発動して確認しておくと取り逃しが少なくなります。

あと詳細な条件はまだわかりませんが、50個集めなくてもマップにアニムスの断片の場所が表示されていることもあります。

おそらくですが、一度鷹の目が発動した状態で視界に入っている状態で鷹の目を解除するとマップに表示されるようになるっぽいので、とりあえず高いところに登ってありそうなところを鷹の目で見てすぐ解除をすると知らないうちにマップ上に表示されていると思います。

とにかくアニムスの断片は屋根の上にあることが多いので高い建物に登るときはかなり注意が必要(たまに下にあるときもありますがそれは50個集めたあとでも)

あと、序盤でフックブレードの使い方を知るミッションで登る円筒状の大きな建物の裏にあるアニムスの断片がちょっとコツがいります。

これは後ほど画像つけて解説しようと思います。
とりあえず、ヒントはパラシュートを使え!!!です。

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アサシンクリード リベレーションズ 効率の良いお金の稼ぎ方

 【05//2011】

今回も前作と同様にお金の効率の良い稼ぎ方を紹介します。

とにかくゲーム全体的にアサシンブレードと素手で敵をばったばったと倒せるので、武器の購入はあまり必要ないと考えてください。

武器にお金を使うなんてナンセンスです(笑)

なので、戦闘に自信のないときだけ防具を購入。

それ以外はとにかく店を買うなどして投資しておけば20分当たりに入るお金が多くなります。

回復アイテムや銃弾なども、戦闘中に敵から攻撃されたら(カウンターの感覚で)RボタンとYボタンで敵から奪うことができる(フックブレードを手に入れたあたりからできる)ので無理に買う必要はないです。

あと弟子を取ることができるようになったらできる限り修行のたびに行かせたほうレベルも上がりお金も入るのでどんどん行かせておけばお金が増えていきます。

またミッションなどで倒した目標も高額なお金を持っている場合があるのでできるだけ探っておくといいでしょう。

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アサシンクリード リベレーションズ 弟子と傭兵は強い

 【05//2011】

戦闘にどうしても勝てないときは・・・

弟子と傭兵を使うとかなり戦闘が楽になります。

敵が弟子や傭兵と戦っている後ろからアサシンブレードで暗殺できるので戦闘はかなり楽です。

というか弟子とか傭兵とかかなり強く、敵をロックして攻撃させてみると街を4人で徘徊しているイェニチュリのいる敵の番兵くらいだったら、見ているだけで全滅させてくれるほどの強さ。

本気でエッツィオより強いんじゃないかと思います(笑)

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アサシンクリード リベレーションズ 戦闘コツ

 【05//2011】

今回も前作に続きアサシンクリード リベレーションズの戦闘コツを書いてみようと思います。

やはり今作も強かった武器が『アサシンブレード』と『素手』だと思いました。

まず通常の敵に関しては、カウンターは一撃で敵を倒せるのでどんな武器でもカウンターを狙えばOK。
一人倒したら、キルストリークを狙って次々にスティックで方向を指定してXボタンを押すとキルストリークが発動します。

またキルストリークのコツですが、途中で敵に攻撃されそうになることもあります。
そこで次に攻撃してくる敵を予測するのですが、敵の頭上のライフメーターが点滅している兵士がいます。

そのメーターが点滅している敵が次に攻撃してこようとしている敵です。
なので、その敵を中心に狙っていけばストリークを増やすことができます。

またストリーク中に攻撃されてもそれをカウンターで返せばストリークは止まっても攻撃自体は止まらないので、ストレス無く戦闘ができると思います。

次に前半でちょっとめんどくさい敵、槍兵です。

アサシンブレードだとなぜかカウンターのタイミングが取りづらい。
ですが、『素手』でカウンター(武器を奪う)をおこなうと成功しやすくなります。
武器を奪ったらすかさずキルストリークをおこなえばスムーズに敵を倒すことができます。


とにかく敵がどうしても一発で倒せないと思ったらすぐさま素手に切り替えて武器を奪うを行ってみるといいでしょう。

最後に今回のリベレーションズ一番の強敵『イェニチュリ』。
仮面をかぶったやたら足の早いやつです。

とにかく逃げては追いかけてきて、カウンターは当たらない(あたってもダメージだけ)、武器は奪えない、ちょっと離れると銃を撃ってくるなど、ほとんどの攻撃が効果的にあたらないというなんともやりにくい相手です。

普通に考えたら地道にコンボ狙ってダメージを重ねていくのが普通のだと思うのですが、やはりアサシンクリードの戦闘楽しみといえばいかにすばやく敵を倒していくか。

そこで、簡単な倒し方を見つけました。

その方法はやはり『素手』

素手でカウンターを狙うのではなくRボタンを押しながらYボタンでおこなう『所持品を奪う』という方法。
素手でこの行動をおこなうと、相手がよろけるのでそのまま普通にXボタンで攻撃をすれば一撃で倒せることができます。(たまに一撃でなくコンボになりますが、ダメージを与えられ、そのまま一撃で倒せるようになります。)
ちなみに相手は気絶しているだけですが、気絶状態でもその戦闘中に敵が起き上がってくるということは無く、ほとんどキルと同じ状態なので起き上がってくるのではないか?という心配はいりません、気絶で十分なのです。

もう一つが『イェニチュリ』が銃を向けてきたときです。
そのままにしていると撃たれるので、殴りかかればかわされても撃たれることはなくなります。

ちょっとでもダメージを与えておきたいときは、こっちもその敵の方向にスティックを倒しYボタンで銃を撃てばダメージを与えておくことができます。

毒矢をもっていれば毒矢で攻撃すれば一撃で倒すこともできます。
アイテムの煙幕やまきびしなどがあればそれを使うことでもかなり楽に倒すこともできます。

とりあえず、ここまでが個人的に感じた敵の効率よくすばやく倒す戦闘コツです。

また、何か気づいたら足して足していこうと思います。

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ついに買ったよアサシンクリード リベレーションズ 軽くレビュー

 【02//2011】

というわけで買って早々ガッツリプレイしてみたのでそのレビューです。


送料無料】アサシン クリード リベレーション Xbox360版
【送料無料】アサシン クリード リベレーション PS3版

ストーリー説明でちょっと前作エンディングのネタバレも含みます。

たぶん今中盤くらいだと思います。

というわけでとりあえずの感想を書いてみます。


まずは大まかなストーリーですが、前作ブラザーフッドをクリアした人はわかると思いますが、オープニングはその復習をかねての演出。

デズモンドくんがりんごちゃんのせいでいとしのあの人を刺しちゃって、さらにアニムスから出られなくなっちゃった・・・

今作のリベレーションズでは、その直後からのお話になっています。

まずはじめの舞台がアニムスと現実の境目にある感じの謎の島。


そこで例のあの人(ヴォルデモートじゃないよ)が登場。
前作のシンボルの謎解きやった人はおなじみの人が登場し現在の状況を説明。

アニムスから抜け出し現実に戻るために必要なことを教えられます。

簡単に言うとここが今までのシリーズで言う現実の世界での行動に近いですね。

ここからエッツィオの時代へと行き来するわけです。

さて、めちゃくちゃ大雑把ですが、ストーリーがおもしろいのでなるべくネタバレしないようにこれくらいにしておきます。

ここからがプレイした感想にはいるわけですが・・・

いい方と悪い方があるんだけどどっちがいい?

え?悪いほう・・・

うん、じゃ・・じゃあいうよ・・・?

というわけで個人的に思ったのが前作のブラザーフッドよりボリューム感がちょっと薄い気がしました。

メインストーリー自体はしっかりガッツリって言う感じなのですが、サブイベントがちょっと弱いかなって印象を受けました。


前作で言う謎解き要素ですね。

前作では、シンボルの場所をヒントを元に探し当て、その中に入って陰謀にかけて謎解きをさせて、ゲームのストーリーの真にせまるという感じでおもしろかったのですが、今作ではちょっと趣向が違います。

アニムスの断片というものを集めるとその数におおじて、アニムスの島というところでデズモンドがアブスターゴ社捕まるまでに記憶をたどるというもの。
『追憶の旅』といいものです。

謎解きというかFPSパズルのような感じなので謎解きっていう印象ではないですね。

ついでにいうとその数も5個と少ない(初期状態5個の扉があり、内壊れた扉が二つあり、集めて数かクリア後かに増える可能性はあり。)

しかも、アニムスの断片は前作のように『なんかの痕跡が・・・』みたいな設定もなく、今までのシリーズの羽や旗のように乱雑に置かれているので、なんかおもしろみが無いんですよね。

個人的に前作で感じたのは、シンボルと謎解きは位置づけこそサブイベント的なところだったんですが、がっつりメインストーリーに組み込まれていて、『これもゲームの一部』っていうのが強かったんですが、今回はそれが弱いように感じます。

それに頭を使う要素が少なく結構簡単なのでやり応えというか、解けたっていう感じがないのも残念。

ただし、この追憶の旅はデズモンドがどこで生まれてどういう経緯でアブスターゴ社に捕まってというストーリーがあるのでそれ自体はおもしろいです。

総評的に悪い部分を言うと、サブイベントについてはゲーム性よりストーリー性を重視しちゃったのかなぁって言うのが個人的な感想です。

さて、ここまでが悪いほう。
ここからはいいほうを書きます。

とりあえず、単純に言葉作らず書くことしたら・・・
『やっべ~!!やっぱおもしれぇ~~!!!!!っていうかやめどきがわからんぞっ!!!!!!』

ていうのが感想です。

いいところは書きたいことがあるので攻略やコツもあわせて別記事にしようと思っているので短めに書こうと思います。

特に戦闘がまた一段と磨きがかかったかなって言う感じがしました。

前作で戦闘のストレスがかなり軽減されて爽快感がでたわけですが、キルストリークも出しやすく敵を倒す快感っていうのがさらに増した気がします。

また前作では敵から逃げるのがかなりめんどくさかったりしましたが、リベレーションズでは結構逃げやすくなったっていう風に感じてます。
前みたいに永遠と追っかけられるっていうのも今のところほとんどないですね。

やっぱりアサシンブレードと素手が最強?

マップも前作に比べてものすごい広大というわけではないのでそこまでストレスにならない。

もう一つが新装備『フックブレード』高い建物に登るのがかなり楽になりました。
ビューポイントなど高いところに登るのに一段ずつあがっていくのも大変だったのですが、今回フックブレードを手に入れたら、上への大ジャンプを連続でしかもかなりすばやくできるので以前ほど高い建物を登るストレスは減っていると思います。



サブイベントなどでは物足りない部分がありますが、メインの部分はしっかりおもしろいですよ。

送料無料】アサシン クリード リベレーション Xbox360版
【送料無料】アサシン クリード リベレーション PS3版

Category: アサシンクリード リベレーションズ

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。