2012 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 04

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

BF3 偵察兵の私流立ち回り。

 【31//2012】

バトルフィールド3がやっぱり楽しいっス。

一時期ちょっと間が空いてしまったのですが、ここ1週間くらいで再開し始めました。

突撃兵での特攻、工兵での乗り物破壊にはまっていたのて、偵察兵のはなぜか使いづらく感じまったく使っていませんでした。

ところがなぜか目覚めた狙撃魂。

ボルトアクションスナイパーライフルの一撃必殺に目覚めてしまったのです。

封印された芋虫の心。

なぜかボルトアクションのスナイパーライフルで前線に突撃することに快感を覚えてしまった。


しかも、そこそこ立ち回れるようなり、キルデスはキルが上回れたことが偵察兵にはまった理由でもあります。


というわけで、そんな扱いづらさを感じる偵察兵を楽しく使えるような私流の立ち回りを紹介しようと思います。

さて、よく使う私の装備ですが、
メイン・・・広いマップで長距離戦がある場合はM98か狭い近接戦が多いところではL96
武器の特徴ではM98は威力、射程が長くちょっと弾速も速いかも。
距離が離れれば離れるほど当てやすい。
その反面、次弾装填(リロードのことじゃないよ)が若干遅いので連戦には向かない。

L96はM98に比べると威力や射程が劣るものの次弾装填が早いため敵が並んでいても対応することができる。
装弾数もM98より多いのでリロードが少なく済むのも特徴。
武器の装備品は

・バリスティック(×12倍)
・ストレートプルボトル

これが基本的によく使う装備です。

さて、ここから本題になります。

まず、ゲームが始まったらとりあえずMAVを飛ばす適当にスポットし、スポットが終わったら、前戦の適当な位置にMAVを設置、敵の位置を確認しやすいようにしておく。
MAVはできるだけこれから自分が向かう位置に置いて置くとよい。


次に対偵察兵対策。

今作では『伏せる』状態が復活し偵察兵での伏せての狙撃が可能になったわけですが、これが非常に当てずらい。
特に、移動しているやつを当てるのがかなり困難になっている。

その一方で立った状態での狙撃のほうがやりやすい気がします。

さらにいうと狙撃用ライフルだと、伏せた相手は基本的に当たればヘッドショットになりやすい。
そして、狙撃用ライフル同士なら、立った状態なら移動しながら狙撃できるため相手の弾が当たりにくく左スティックでの微調整ができるため、狙いを早く定めやすい。

逆に伏せた状態だと移動速度が遅く動きが小さいため、相手にとっては狙いやすく格好の的になってしまう。
さらには左スティックでの補助が小さいため、右スティックでの操作に相当自信がないと先手を取られやすくなるだろう。

なので、偵察兵を相手にする場合は下手に伏せないことをおすすめするすすす~。
次にそのほかの兵科を相手にする場合。

基本的には混戦状態では相手の射程内は入らない。
だいたいの狙撃銃以外の兵科では多くて4倍のスコープが主流なので、こちらの12倍スコープで確実に捕らえられ、4倍スコープでは狙いづらい位置をキープする。
これは経験していけばわかるが、ライフル系の武器はブレ生じるため数発は食らうが死なない位置にいるという意味。

慣れは必要だが、慣れてしまえば一回の攻撃でやられることがなく、こちらにとっては狙いやすい位置をキープできるようになる。

もう一つはスコープはのぞきっぱなしにしないと言うことも重要。
スコープは覘くと光るため覘いたままでと格好の的になりやすい。

さらにいうと、敵が並んでいて連続で倒せるような状態でない限りは装填毎にスコープから外し敵の位置を確認しながら壁に隠れたりすると生存率が高くなる。



次に混戦から離れて敵と戦う場合、つまり相手の虚を突く戦い方についてレクチャーしよう(教官風にw)。

上に書いたのは混戦状態で敵味方ともに団子状態での正面からのガチンコ勝負での立ち回りですが、偵察兵というだけあって、単独でしのぶ込むような戦い方も強い。

完全隠密で行動するわけでなければサプレッサーなどは必要ないとは思うがそこは好みでいいだろう。

この戦い方はこっそり敵の裏に回りこむ、あるいは待ち伏せを決めるのに最適な方法だ。
よく覚えておくといい。

まず必須なのがT-UGSかMAV。

これらの設置と活用が勝負を左右するのだ。

というわけで、まずは待ち伏せ。
敵がきそうな位置まで移動し正面からは見えな位置モーションセンサーを設置。
次にマップを見ながら、相手の視界にはらいないように正面には入らないようにする。
マップ上の敵の三角マークの頭をよく見る。
横か後ろに回れれば気づかれることなく敵を倒すことが可能。

次にこっそり後ろをとる場合だが、やり方は待ち伏せとほとんど同じ。
ただ、こちらから先に動くわけなので、とにかく相手の視界に入らないようすることと、発砲するとサプレッサーをつけていない限りはマップ上に表示されるため無駄な発砲は控える。
さらにいうと、こちらから相手に向かうわけでから、移動しているときに見つかっている可能性も高いので敵がいることがわかっても無理はせず見つかりにくいルートが見つからない場合は、我慢してチャンスを待つ必要もある。あるいは、他の敵を探すほうが得策の場合がある。


とにかく一匹の敵に固着しないことも重要、外して隠れてしまったらしつこく出てくるのを待つ。
そんなことをするといつの間にか横から撃たれるということが多々あった。

敵が隠れてしまったらひとまずあきらめて回りを確認するのも重要であることを忘れないでほしい。


最後になるが偵察兵の仕事は敵を倒すことだけではない。

戦うルールによってさまざま立ち回りができる特殊な兵科だ。

コンクエストではフラッグ取得の際、敵に邪魔されないようにスポットしたり。
ラッシュではM-C0M破壊のために適切ないちにビーコンを設置できれば任務の達成確立も上がるだろう。
戦車や戦闘機などが多い場合はSOFLAMでの目標指示も大いに重要だ。

このことしっかり忘れぬように。

諸君らの健闘を祈る。

かいさんっ!!!!
スポンサーサイト

Category: バトルフィールド3

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (7) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

イチローの敵は日本人(笑)

 【30//2012】

やっと野球のシーズンがはじまった。

そして今年はMLBが日本で開幕。

野球はヤッパ楽しいねぇ~♪

と、テレビで見てたんですが・・・

イチローの打席・・・

カメラのフラッシュひどくね???

ミーハーだろうがなんだろう野球見ることに文句はないけど、マナーぐらいは守ろうよ・・・と、テレビ見てて思った。

見てて気分悪くなりましたね。

おそらく撮っている本人たちは応援のつもりだろうが、応援と言うより邪魔でしかないだろ。
確か野球場はフラッシュ撮影禁止だったはず。
どう考えてもプレイの邪魔するなんてただクズやろうでしかないだろう。

ちなみに、あれだけ距離が離れているとカメラのフラッシュは意味ねぇし。


今回はイチローの打席のフラッシュがひどかったから書いてみたものの、実際はプロ野球見にいくとたいがい有名な選手が出るとフラッシュがひどい。

まぶしくないと思っているのか、誰かやっているからやっているのか、赤信号みんなでわたれば怖くないでやっているのか・・・

どちらにしろ、キチガイなクズやろうでしかないだろう。

野球好きとして私はこういうことは非常にイラつく。

このことをここで訴えても効果がないことはわかっている。
そういうやつはこういったことを調べようとせず、おそらくは球場ある『フラッシュ撮影禁止』の張り紙も見えていないのだから。

というより、文字の意味を理解できないバカか文字すら読めない大バカなのだろうから。


ふぅ・・・(一息)

というわけで今日は久々に野球見ていてイラっとしたので、こういった記事になってしまいました。
なんだろうね・・・

私自身できた人間ではないのでいたるところで失礼なことをしているので人のことを言えた義理ではないんですが、一応は他人に迷惑をかけないようには気をつけるようにしています。
できているかどうかは別として・・・

だから、それくらい守れよって思う行動にはどうしてもイライラを覚えてしまうんですよね。

なんとも器の小さい男です(笑)

さて、うさ晴らしも済んだので・・・

やっと来週からプロ野球開幕!!!

これから私もバッティングセンターに行く回数も増えることでしょう。
まったく、ほんとに影響されやすい(笑)

今年はどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。

非常に楽しみであります。

Category: 野球

Theme: プロ野球

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

一番好きなクラシック曲ですよ

 【24//2012】

はい、いつものようにどうでもいいような記事。
私の一番好きかもしれないクラシック曲です。

それが、ラヴェル作曲の『ボレロ』という曲。

一番好きな曲とか書いては見ましたが、好きな曲はチョコチョコ変わるのですが、結構衝撃を受けた曲であることは確かです。


どんな曲かというと、メロディは同じことの繰り返しで単調、リズムも単調、やたら長い。

どうしてこんな曲が一番好きか?

それはこの曲の盛り上がり方ですね。

最初、スネアと管楽器のものすごい静かなメロディーが繰り返される。

管楽器がワンフレーズごとに入れ替わり雰囲気が変わっていく。
(フルートからファゴットなど(詳しくはわからんですが、楽器が変わるのはすぐわかるはず。))

中盤から音が少しずつ大きくなり始め、楽器も2つになっていき、弦楽器なども参加、盛り上がってくる。

そして後半は・・・

ここからは聴いてからのお楽しみ(笑)

めんどくさくなったわけじゃないですよw


この曲を一言で例えるなら、盛り上がりと我慢の先にある開放感。

・・・一言じゃないし(笑)
シュタゲのような喪失感に似ているかもしれない。
長いストーリーに後半の盛り上がり、終わりの近づきを感じ、もうすぐ終わってしまう、もう少し聴いていたい。
終わってしまい、あぁ終わってしまったんだと言う喪失感。
よくできた物語を見た感じに似ているように私は感じました。


とにかく長いので、最後までの我慢も強いられるのだが、なぜか終わるころには終わってほしくない気分になるんですよね。

個人的におすすめの聴き方は大音量、ヘッドフォン装着で時間に余裕があるときに聴くのが気持ちが乗る。
そして、楽器が変わるタイミング、増えるタイミング、音が盛り上がるタイミングを探しながら聴くの。
目をつぶってただただ音を追うのがいいと私なりの聴き方です。


さぁ、これを聴いてなんともいえぬ感動と喪失感を感じたら私と同類ですよ(笑)

ちなみに再生時間は見ないほうがいい(笑)
あ、この曲、最初のほうはほんとに音小さいんでヘッドホン&大音量推奨。


まぁひまなときにでも(笑)

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アクションゲームツクールが届いたよ

 【22//2012】

実は昨日届いていました♪

一昨日にソフマップからメールで発送予定が注文から1週間ほどになりますとの連絡が来たのですが実質5日で私の手元に・・・♪
(楽天市場より紹介)


ちなみに取り寄せ品だったので、もうちょい時間かかるかと思っていたのが本音なので、予想以上の速さに嬉しいサプライズでした。

パッケージはこんな感じ。
アクションゲームツクールパッケージ1
中身はこんな感じ。
アクションゲームツクールパッケージ2

はい、見た感じだと結構痛いパッケージですね(笑)

早速インストールしてサンプルでちょっとお勉強。

最初の感想で言うと・・・
いい意味でも悪い意味でもほとんど話しに聞いていた通りだった(笑)

まぁちょっと大げさですけどね。

気軽に簡単にゲームが作れる!!というものではないことは間違いないと思います。
ぶっちゃけ少しハードルが高そうっていうのがいじり始めて最初の感想。

ですが、できることが少ないと言うのはちょっと違う気がしますね。
本格的なプログラムを自分で作っちゃう様な人にとっては物足りないかもしれませんが、私的にはできそうなことが多く使い慣れたら結構いろいろなことができそうっていうのも正直な気持ちです。

早速試しにゲーム製作してみました。
サンプルゲームから素材を自由に使っていいとのことですが、練習もかねて絵も全部自作。
あ、タイルはサンプルから取ったやつでした。

できはひどい(笑)
通常のexeファイルでも書き出せるのですが、FLASHでも書き出せるのでブログに貼り付けることができました。
下の続きにゲームを貼り付けたので興味があったら遊んでみてください。

とりあえず、初めて2日くらいでこれくらいのができたよ~って感じです。

さて、早速作ってはみたんですが、最初に書いたように何もかも簡単にとはいきませんでした。

とにかく歩行、停止、ジャンプなど一つ一つに設定をしなくちゃいけないんですよね。

とにかくこの作業になれるのに時間がかかりそうですね。

停止から歩行、ジャンプは少し理解できましたが、これから作るとなると、普通に攻撃できたり2段ジャンプとかアイテムとかも作りたい。

そうなるともっと慣れが必要な気がする。

ただ、やっていれば何とかなるような気もしているので、そのうちなんかできるんじゃね?って感じでチョコチョコといじっていこうと思います。

続きをクリックすると作ったゲームが表示されます。

◆  続きを読む  ◆

Category: 未分類

Theme: ゲーム製作 関連

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

短めのお話。

 【22//2012】

だいぶ前ですが、以前リンクしているLINAさんのブログ(実績解除でGOGO)で取り上げられていた記事。

それが、カタカナをひらがなにするとなぜかかわいく見える・・・と言う記事に対抗して。と言うわけではないんですが、ふと気づいたひらがなネタをちょっと。

それは『さ』パソコンや携帯上で見るとただのさですが、ちゃんとペンや鉛筆で書くと『さ』はこう↓


これがなぜかいきなり人がにやけているように見えてしまいました。

ほら、はねているところが鼻で払っているところが口って見るとなんかニヤニヤしてるように・・・

見えないって?


なら目と耳をつけてみました。

さが顔

ね?顔に・・・

なんかアップロードしてみると意外に顔に見えないな・・・

というわけでちょっと思ったこと書いてみました(笑)

これであなたも今日から『さ』はにやけ顔にしか見えなくなるぅ~www

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

BF3 チームデスマッチが熱い!!!

 【21//2012】

個人的に(笑)

昨日から久々にBF3を再開。

といっても2週間ぶりくらいかw


今まであまり手をつけていなかったチームデスマッチ(TDM)に挑戦したのですが。

とにかく国内(ASIA圏)のサーバーだと参加できるのが少ないですね。

ヨーロッパ圏のサーバーでプレイしたのですが、これがまた熱い!!

チームデスマッチは倒した敵の数で勝敗が決まるゲームで、マップは小さめ。おまけに乗り物は存在しない完全肉弾戦。

とにかく接近戦が主なのですぐ敵と遭遇できるのでかなり楽しかったです。

そして、今日から今まで封印していた偵察兵を解禁しました。

今回は芋ではありません。ちょい芋くらい(笑)

そして使用した武器はL96。
この武器はM98よりも威力は劣るものの次の弾の装弾が少し早い気がする。

言っておきますが、男は黙ってボルトアクション!!!
セミオートなんてお子ちゃまのおもちゃだ(笑)

というかセミオートのスナイパーライフル、どうもSVDとかは使いづらくてセミオートのスナイパーライフル使うくらいなら適当なアサルトライフルとか使ったほうが楽って言う感じがします。

というかある程度連射ができるせいか、あまりよく狙わないでやたらパンパンと撃っちゃうんですよね。

ボルトアクションだと次弾装填に時間がかかるおかげでしっかりと狙える気がします。
一発必中って感じですね。

それにヘッドショットの快感はやっぱり格別でした。

久々の偵察兵アンドスナイパーライフルだったのでかなりグダグダでしたがかなり楽しめました。

そいういえば最近USAS使う人少なくなったのかな?
まぁ使っていた武器が中距離以上の武器だったので、USASの射程内にいないってこともあるかもしれませんが・・・

そのかわりやられたときに表示される武器にFAMASが多かった気がします。


あ、今さら気づいたのですがチームデスマッチの話でしたね。

おもしろかった点としてはマップは既存のマップですが、先頭範囲が狭いのでリスポンポイントなどまったくわからず、敵の通り道や潜むポイントが違って新鮮さがありました。

あと戦車とかいないんで偵察兵とか対乗り物武器なくても困ることがないのもよかった。
(戦車乗ったり破壊したりするのは好きなんですけど、対戦車武器なしの兵科で戦車が近くにいることほどいやなことはない(笑))

とにかくチームデスマッチは敵を倒した数なので、いかに多く敵を倒していかに倒されないかが大事っぽいですね。

私はとにかく根が芋なので、突スナといっても前線の最後尾でペチペチおこぼれショットしてただけなんですけどそれでもそこそこキル取れたし、ボコボコにされたわけでもないのでかなり楽しめました。

やっぱバトルフィールドは楽しいっス!!!

Category: バトルフィールド3

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

心理・・・

 【19//2012】

そういえば週末に部屋を掃除しました。

そう、私の部屋はよくちらからるのです。

なぜちらかるのか。

私は部屋が散らかっていたら落ち着くタイプだ。といいいたいところだったが実は違うことに気づいた。

考えても見てほしい。

普段からきれいな部屋にいるとそのきれいさに慣れてしまう。
つまりその状況に飽きてしまうと言うことだ。

しかし、普段散らかっている部屋がきれいになったとき、そのきれいさに、フレッシュさに新鮮味を感じることができるのだ。

そう、私は別に片付けられない人間ではないのだ。
この新鮮さを味わうためにわざと散らかしているのだ!!!

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

悪魔城ドラキュラHDを購入しました。

 【19//2012】

ちょっと前の記事でも書きましたがマーケットプレイスで『悪魔城ドラキュラHD』を購入しました。

まず第一にこのドラキュラHDの『HD』、High Definition(ハイデフあるいはハイビジョン)という意味ではなかったのですね(笑)

ずーっとそう思っていましたw

正確には『Harmony of Despair』の略だそうです。

さて、最初にプレイしたときの感想ですが、動きが思った以上にもっさりしているというのが正直な感想。
さらには協力プレイでしかいけなさそうな場所が多数あり、これは協力プレイありきなのではないかとも思いました。
その結果、実はこれはずれだったのではないか??と言う疑念も頭によぎりました。

でもちょっとやっていくと慣れてきて、だんだんおもしろくなってきていると言うのが現状です。

個人的には月下の夜想曲をイメージしてたのでそれに比べるとちょっと違うなぁって思うところもあったのが『外れかもしれない』と思った要因ではないかと。

もうちょっと成長と収集要素があってもいいのでは?とも思っているのですが、どうなんでしょうね。

ちなみにまだ協力プレイは未プレイ。

というか、試しにやってみようとするとチーム見つからないと出てしまう。

おそらくはクリアした章しかマルチプレイはできないようなので、まだ全部クリアしていない私は仲間はずれということだろう(笑)

少しずつ進めていこうと思います。

ちなみに難易度は結構高めのように感じました。

なかなかドラキュラが倒せない(笑)

Category: XBOX360ソフト

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アクションゲームツクールでゲームをツクールぞっ!!

 【19//2012】

フフフ、ついに買ってしまった。

アクションゲームツクール!!

みなさんはツクールシリーズというソフトを知っているだろうか。

パソコン用のソフトウェアで比較的簡単にゲームを作ることのできるシリーズ。
有名どころではRPGツクールというのがある。

そのアクションゲーム版だ。

それを買っちゃった(笑)

とはいってもまだ届いてはいないんですけどね。


とはいえこのアクションゲームツクール、購入者や利用者の人からの評判が比較的悪かったみたいなんですよね。

これは買う前から知っていたのですが、使いづらかったりバグが多かったりやりたいことができないなどと発売当初はかなりの不評を買っていたようです。

だけどですね、このソフトで作られた世に出回っているゲームはなかなかクオリティが高かったりするんですよ。

不評が正しいのか、出来上がったゲームが物語っているのが正しいのか・・・

ウム、ここはやはり自分の目で確かめないといけないなと言うことで買ってみた。

もともとゲームをやるのも好きなんですが、こういう風にゲームを作ったりするのも好きだったりするんですね。
昔はスーファミであったシューティングゲームを作れるゲーム『デザエモン』なんかも夢中になったり、あとなんかあったけど忘れました。

前々から気になっていたんでほしかったわけなんですよ。

まぁ気になってはいたので、他にもアクションゲームを作るソフトウェアがないかと調べると思った以上にいろいろとあるんですよね。

有料版だとMMF2(Multimedia Fusion 2)と言うソフトウェア。
こちらはアクションゲームに限らずRPGやいろいろとできることが多い。
パソコン用のアプリから、スマホようのアプリまで作れてしまうと言う、すごいソフト。
ただ体験版をやってみると、思った以上にできることが多すぎて難しい。
動かしてみるとなんとなくできそうな気がするんですが、あまりに万能すぎてできることが多すぎてパニクりそうで手を出せなかった(笑)

フリーのソフトウェアではGAMEMAKERというのが有名っぽいんですね。
これは無料、有料とあります。

他にもフリーのソフトウェアはあるのですが、なかなかいろいろなことができそうで高性能っぽいです。

が、今回はフリーソフトは除外しました。

理由は、『金払わねぇとやる気はでねぇ』理論のためです。

つまり、フリーソフトだと手をつけて無理だと思ったら『まぁフリーソフトだしいっか』と思っちゃうわけです。

だけど有料のものだと『せっかくお金払って買ったんだしもうちょっとがんばってみるか!!』になるわけです。

まぁ実際は上記で書いたように賛否の分かれているソフト、その原因がおそらく使いこなせた人と使いこなせなかった人との違いだと思うので私が後者になるのもなんとなく目には見えているのですが・・・

やってみたい気持ちには勝てませんねぇw
なんか作ったらUPしてみようと思います。


ちなみに購入かここ。

ショップ購入後にメーカーに発注する商品のようなので、少し届くのに時間かかりそうですが、送料無料で価格が比較的安い、そしてポイント10倍に負けてここで購入しました。

Category: 日記

Theme: ゲーム製作 関連

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

やったこと、買ったものはメモしろってあれほど・・・

 【19//2012】

『おっ!これは帰ったらブログで書こう!!!』って思ったこと・・・

帰ったらまぁ忘れているんですよね(笑)

あと買ったものもおもしろかったりするととブログで書こうって思うですが、新しいものに夢中になって結局ブログで書くことを忘れちゃうんですよね(笑)

というわけで、まず一つ最近買ったもの忘れないうちに!!

これ買いました。

これなにって?
マンガですw

以前友人宅で読んだ『動物のおしゃべり』という動物系のギャグマンガ。
動物のおしゃべり
(なんとも中途半端な買い方w)
これが結構個人的にツボでした。

物語は動物おしゃべりできる妹(5歳児)とお兄ちゃん(名前まだない)とペットたちが織り成す日常を描いたマンガなんですが。

ゲラゲラ大爆笑とはいかないまでもなんかニヤってしちゃうようなマンガです。
というかペットが買いたくなるマンガと言うべきか・・・

さて、このマンガについて書いてみたものはいいのですが。

ふと気づいたのがこのマンガ、なにがおもしろいのだろう?ということ。

記事を書くにあたってはいつも自分で何がおもしろいかを考えて書くようにしているのですが、考えてみるとこのマンガ、なにがおもしろいかわからない(笑)

いやほんとなんです。

どこがおもしろいの?
と聞かれても、なんとなくおもしろいとしか答えられない。

だけどなぜ見るとおもしろいんです。

なんとも不思議なマンガですな・・・(笑)

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

XBOXの公式ホームページが重いのは・・・

 【16//2012】

XBOXの公式ホームページを開こうとすると重い、というかフリーズしてしまうと言うお話。

さて、前の記事で書いたとおり先の事件で消失したままの実績を戻すためにプロフィールの復元を行おうとしたのですが・・・

IDとパスがわからない・・・

というわけで、XBOXの公式ホームページを開いてみました。
というのも思いつくIDとパスを試すにもXBOXのコントローラで文字入力するのがかったるいんですよ。

で、パソコンから試しにIDとパスを入力してみると・・・
読み込んでページが変わっ・・・た・・・

と思った瞬間【silverlightを起動していいですか】的な警告が出てフリーズ・・・

うんともすんとも言わない・・・
許可も拒否もできない状態。マウスでポチポチしてもまったく反応しない状態。

仕方なく強制終了。

再度挑戦。

同じ結果。

ちょいと調べてみるとどうやらSILVERLIGHTに問題があるようですね。

アンインストールすると直ると言う声もありました。

さらに言うと、IE(インターネットエクスプロラー)でのフリーズが多いようで、FIREFOXなど他のブラウザでは問題なく見れるようです。

現に私も同じでした。


silverlightに問題があるというのですが、さらにいうとそのレジストリに問題があるって言うのが正しいのかな?
(ここら辺は詳しくわかりません。)

そういえばだいぶ前ですがCCleanerというパソコンのお掃除ソフトを紹介したのですが、これは今でよく使っています。
そして、ちょっと前からずっと気になっていたのですが、これでレジストリの問題点を検索すると結構な数のsilverlightのレジストリの問題点が検出されるんですよね。

なんか頭にマイクロソフトがついているか消すのが怖くてほったらかしていたんですが。
バックアップとって思い切って削除してみることにしました。

するとどうでしょう匠の手によって削除されたレジストリはスッキリし、XBOXの公式ホームページもスムーズに見ることができるようになりました。(某ビフォーアフター風)

というわけで、XBOX公式ホームページがフリーズする原因はsilverlightのレジストリにあると言ってもいいかもしれませんね。
もちろん全ての原因ではないんですが。

さて、今回CCleanerというソフト使ってレジストリの掃除をしたわけですのでちょっとこのソフトを紹介。

このソフトはいわゆるパソコンのお掃除ソフトで、不要な一時ファイルの削除からレジストリの削除などを自動でやってくれるソフトです。

位置づけ的には隅から隅までお掃除すると言うよりは危ないところには手をつけないように必要最低限を削除すると言ったものでしょうか。

フリーソフトの中では比較的トラブルは少ないほうなんじゃないかと思います。
(すごいやつは知識がないと必要かいらないものかわからないものも削除しようとするソフトもあるらしい。)

完璧に信頼できるソフトと言うわけではないでしょうが、個人的にはそれなりには信頼していいんじゃないかと感じてます。

前のパソコンから今のパソコンまで使っていますが今のところトラブルはなしですので。

で、今回やったレジストリクリーナーの使い方ですが、気になるチェック項目にチェックを入れてスキャンを開始し削除するレジストリを選んで削除するだけ。

その際バックアップも要求されるので必要に応じてするかしないかを選択。

長いことパソコン使っているとレジストリも無駄に増えたりしてパソコンの動作を遅くする原因になるので、パソコンのスピードに疑問を感じたら試してみてはいかがでしょうか。

と言いたいところですが、一応注意点も書いておきます。

あくまでフリーソフトであることを頭に入れておくこと。
信頼するなではなく、最新の注意を払うと言うことです。

下手にレジストリをいじると結構ヤバイことになると言うのはなんとなくわかると思います。
一応このクラップクリーナーはそこまでヤバイレジストリには触れないようになっていると思いますが、例えばレジストリにマイクロソフト関連の名前がついているのは触らないようにするとか、システムの基盤になっていそうなものには触れないようにすると言った注意はしておいたほうがいいかもしれません。

あとレジストリをいじるのあくまで自己責任ということ。
まぁここで紹介しているからこう書くと責任転嫁ってことになりますが、なぜ自己責任かはこちらのブログの方が書かれていたので紹介します。
http://blog.1karapc.com/?eid=84

まぁちょっと堅苦しくはなりましたが、ぶっちゃけわたくし、そこまでパソコンに詳しくはないんですよ(笑)
なんだろうそこそこは詳しくなってきたけどレジストリを直接いじるとなると『???』って言うくらいの知識です。

それくらいの人間でも使えるソフトくらいに考えてください。

というか、この記事レジストリを掃除しろ言っているんだかするなと言っているんだか解らなくなってきましたね。

というわけで


おしまいける

Category: XBOX360本体、その他

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

起きたからもっと書く

 【16//2012】

ふと目が覚めて書いた前の記事。

そうたった一言だけ書きたいがためにパソコンを起動、そして・・・


目が覚めた!!!!


そしてこのタイミングで地震!!!!

夜の地震は怖さ倍増だっ!!!

結構びびるぜっ・・・


その前に反省、最近変に頭よさそうに見えそうな馬鹿な記事ばっか書いていたこと深く反省します。
ちょっといいこと書こうとした結果これだよ(*´艸`)プッ

特にネガティブ記事が多かったことは大いに反省の余地ありです。

本当はもっと気楽に読めてちょっとバカだけなんか役に立ちそうな気がするくだらないけどちょっと笑える記事を書いて行きたいのですが、文章か書くって難しいですよね(笑)

まぁ反省なんかしたところでほとんど変わらないんですけどね(笑)
おそらくまた繰り返しますwwww


でも反省したフリは大事でしょ(笑)


と、いうわけで目が覚めたので、昨日書こうと思って結局書けなかったことを書きます。

それはさかのぼること二日前。

いつものように夜の9時過ぎよりXBOXを起動。
マイクロソフトポイントを購入し、久々にTRIALS HDの追加コンテンツと悪魔城ドラキュラHDをダウンロード。

10時になるとLINAさんログイン。
そしてパーティーへのお誘いを受ける。

そして事件は起こる。いや起こっていた事件が判明したと言っていいだろう。

注:ここから結構脚色してますwww

LINAさんの第一声、それが『実績を確認してくれ』というもの。
確かLINAさんの実績は18万を超えていた。

そのとき私は『もしやまたすごい実績を出したのか?フ、まったくこの男は・・・』(笑)と気楽に構えていた。

しかし彼が続ける言葉に緊迫感を感じた。

何か嫌な予感がする。

そう、それは冷蔵庫を開けて目に入ったいつ入れた、中身のかわからないタッパーの容器を発見したときのような予感。

しかし、その中身は明らかによくないものが入っているのは想像できる。そう、明らかによくないことが起こる予感だ。

焦る気持ちを抑え彼の実績を確認してみる。
するとそこにあったものは・・・

実績が消えた

9、90・・?

わけが解らなくなった。
タグを作り直したのか?いやそんなはずは・・・と、考えていると彼は重い口を開いた。

ゲーム起動したら解除された実績が解除されて、確認すると解除された実績以外の実績が全て消えていたというもの。

関連記事:http://hanyachan.blog29.fc2.com/blog-entry-876.html
(LINAさんのブログ)
そこで私も私自身の実績を確認する。
すると私はゲームをプレイ中にもかかわらず、実績は通常のままだった。

状況からすると私も同じようになっていいはずなのに・・・

そこで一度ダッシュボードに戻り新たにディスクを入れてゲームをプレイしてみた。

ゲーム起動時に実績解除されると言う現象は起こらない。

もう一度ダッシュボードに戻り今一度実績を確認する。

変化はない。
と思われたが、とある場所から見る実績に異変が起きた。

それがこれだ。
実績が消えた2

ゲーマースコアと実績の欄を見てほしい。

私は実績にはこだわらないと言いつつも、それなりに実績を出すことに快感を覚えているたいぷので現状で40000は超えていた。

それが、それが解除された実績の数、量ともに0になっている。

そして、LINAさんとの私の実績を比較した画面がこれだ。
sssssss

もう異変に気づいた人もいるだろう。
右が彼の実績で左が私のだ。
この時点で彼の実績は90のはず。だが表示されていたのは異変の起こる前の数字。
そして、異変が見られたのが私の数字。

明らかに少ないのである。

この画面から見ると比較相手の実績には異常がないのに自分の実績には異常が見られる。
これは他の人から見てもそうだと言うことが解った。

この件があり我々ハコマル探偵事務所はすぐに調査に乗り出した。

調べるとすでに我々と同じような被害にあった人が多数いることがわかった。

状況は把握した。
そしてこれから本格的な事件調査へ乗り出す。
あとは犯人を追い詰めるだけだ。

ハコマル探偵団とっては仕事、腕がなるぜっ!!!

と思ったらすでに警察(マイクロソフト)が復旧を始めてた\(^o^)/

おかしい、某マンガのようにバーローな展開になるはずだったのに・・・

現実はきびしぃーーーっ(笑)

というわけで私のはほぼ復旧。

その復旧のさまもおもしろくて、なんか少しずつ消えていた実績が戻ってくるんです。
一回開いて閉じてまた開くと1000ずつくらい消えた実績が戻ってくる。

実はいまだに戻っていない実績があるのですが、これはプロフィールの復元をすれば元に戻るそうです。

と、まぁ幕引きはあっけないわけですが、一時大きな混乱になった事件と言うことで記事を書いたわけです。


が、悲劇は実はこれだけでなかった。

彼に起こった更なる悲劇。
それがセーブデータの消滅である。

プロフィールの復元と言うのはめったに行わない行為である。
そこにはミスはつき物である。だが、問題なのはそれがミスかどうかも気づきにくいことがあるのだ。

特に今回の件はサーバー側のトラブルと言うのもあいまって、もしかしたら復元時の操作ミスによって削除されてしまったのかもしれない、もしかしたらサーバートラブルに関連する誤作動があったのかもしれない。

どちらにしてもデータが消えると言うのは由々しき自体である。
もし復元などの情報があれば彼に力を・・・

この記事↓
http://hanyachan.blog29.fc2.com/blog-entry-879.html
(LINAさんのブログ)

Category: XBOX360本体、その他

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ワンピースの・・・

 【16//2012】

ルフィーは全身コンドーム!!!

これだけが言いたいがためにこんな夜中に・・・

Category: 日記

Theme: 伝えたいこと

Genre: 日記

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

つまらないゲームとは?

 【13//2012】

前の記事はすっかり、プリキュアの変身シーンに負けてしまったわけだが今回は負けるわけには行かない。

前回は『おもしろいゲーム』について考えていたのだが、唐突なプリキュア出現で敗北を帰してしまった。

今回はそうはいかない、しっかりとテレビのボリュームは下げてあるので問題ないはずだ。


前回は友人の視点からゲームについておもしろいと感じることを考えてみた。
結論で言うなら、『達成感』の一言につきるだろう。

今回は私の視点、つまりゲームをやる人間から考える『つまらないゲーム』である。

前回の反省を踏まえ、最初に結論を書いてしまおう。
つまらないゲーム、それは単純におもしろいゲームの逆で『ストレスしか残らないゲーム』であるだろう。

おもしろいゲームであるならストレスはあるもののそれを補うほどの達成感を味わうことができる。

しかしつまらないゲームはそのストレスを補うこともせず、補おうとしてもストレスが勝ってしまうゲームと考えて間違いないだろう。

例えば前者の場合はRPGに多いと感じる。
RPGは基本的にストーリーやシナリオが大事だと思う、作業自体は単調なのでこの部分が大きく影響されると言えるだろう。

レベルを上げ、武器やアイテムを揃え、多くの雑魚敵をなぎ倒し長いダンジョンの奥にいるボスを倒したとする。
しかし、ボスを倒したとシナリオがあまりに電波だったり脈略のないものだったりすると、『どうしてこんなことのために・・・』なんて気分に陥る・・・

つまりクソゲーだ。

それはアイテム収集についてもそうだ、ボスを倒したり難解な場所にある宝箱を開けたときにどこでも手に入るようなアイテムだった場合はのがっかり感といったら・・・

つまりクソゲーだ。

もちろんゲームにはストレスを感じることも重要であるから、実際に他の場所にはいいものがあったりするのなら達成感までの演出としてはありだろう。

だがほとんどのものがそのような場合はストレスがマックスにな以下にその後のストーリーが感動的なものでもストレスを上回る達成感は得られないだろう。

つまりクソ(ry。

また移動するマップの広さやエンカウントなども重要なポイントである。
やたら広いマップ、やたら多いエンカウント、これらを繰り返すことですっかりゲームの目的を忘れてしまうことがある。

もはやどんなストーリーだったかすら忘れてしまうこともあるのだ。

つまり(ry

私はこれらを全て兼ね備えるゲームを知っている。
それが、私のはじめてのクソゲー・・・

はじめて絶望と無意味というものを知ったゲーム・・・

『ローグギャラ・・・ん?誰か来たようだ・・・』

・・・


上記とは逆に神ゲーなのがローグギャラクシーである。


とお約束の展開をしたというわけで次に後者である。

ストレスを補うとしてもストレスが勝ってしまう場合。

これは操作性に関することが多い。
アクションやシューティング系のゲームで感じることが多いだろう。

人には大体の人が兼ね備えている、現実世界での日常の感覚と言うのがある。
物が落ちるものを投げる、飛び越える、走る止まるなど。
つまり物理の法則だ。

これはゲームをプレイ中でも感覚的に感じていることが多いだろう。

もちろんゲームは非現実の世界であるゆえに、全ての物理の法則を当てはめると言うわけではない。
ゲームには宇宙空間や異世界、架空の惑星などが舞台になっていることが多い。

だが人は感覚的にはゲームプレイ中でも現実の物理の法則を無意識に意識していると言ってもいいだろう。
動きが早かったり行動が特殊であっても基本的には物理の法則のアレンジであるといってもいい。

なのでそれにそぐわない動きをすると違和感を感じるものである。

これらは大きなストレスになる。

簡単に言うと操作する感覚に慣れることなく進んでいくゲームはつまらない。
つまりクソゲーだ。

ゲームは操作感に尽きる、誰かが言った名言である。

これだけスティックを倒せばこの位置に移動する、敵にカーソルが合う、敵に弾が当たるなど操作感が優れていれば最初に慣れは必要であれ、慣れると苦にならないものである。

しかし、それらの感覚をまったく無視した場合は敵一体を倒すのも膨大なストレスがたまる。

つ(ry

操作感がゲームの良し悪しを決めるのは明白だが他にも操作に関しては残念なことがある。

それがタイミングでボタンを押してゲームを進めるコマンド形式のゲームである。
これは個人的に感じることが多いので一概には言えないが、私はアクションあるいはFPSなどのゲームにおけるコマンド入力式のゲームが大っ嫌いである。

そこは自分で操作したいというのが私の本音である。

コマンド形式のゲームとは一部ボスや障害物などを超えたりするときに画面中央に現れる『○○ボタンを押せ』と言うものである。

たいがいこの手のゲームには『アクション初心者でも楽しめるシステム』と書かれているがそれは過剰に親切すぎるんじゃないかと私は思う。

アクションゲームなんかは難解なステージ、ボスをテクニックを駆使して何とか攻略するというのが醍醐味のはずなのに、それをボタン一つタイミングを合わせて押すだけなんてお手軽すぎる。
ストレスはたまらないかもしれないが達成感も発生しないというのが私の感じていることだ。

いつからアクションはリズムゲーになったんだ!!!

ストレスはたまらないと書いたが実はそれは1回目のときだけで2回目以降はただの作業でしかなくめんどくさいゲームとなってしまう。

2週目以降はやる気が起きない原因の一つかもしれない。

コマンド方式が全て悪いと言うわけではなく演出上は十分ありだったりするのですが、それがしょっちゅうあったり長かったりするとめんどくさくなってしまうんですよね。

最後にまとめるとつまらないゲームとは、リズム感が悪いプリキュアっ!!メタモルフォーゼっ!!

つまりは多いある希望の力 キュアドリームになってしまっているということ・・・

あぁまたかっ!またしてもプリキュアかっ!!!
こんな時間に劇場版やってんじゃねぇよ!!!!

プリキュア・・・またしても私の邪魔をするか・・


レッツプリキュア!!!!

Category: 日記

Theme: ゲーム

Genre: ゲーム

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

おもしろいゲームとは?

 【13//2012】

一つ前の記事の始めに書いたもの。

『ゲームとは、ストレスを越えた先にある快感を得るものである』

と書きました。

先週地元の友人とツタヤへ。

彼はまったくテレビゲームをやらない。

私はめっちゃやる。

私とは正反対な友人である。

なので基本的にはゲームの話題はほとんどしないのである。

ただ、ごくたまにおもしろいゲームやあまりにクソゲーに出会ったときにテンションが上がってゲームの話をするときがあるくらいだ。

そんな友人も昔はゲームをやっていた。

やらなくなったのはPSが出たくらいのときだったらしい、ちょうどゲームの3Dポリゴン化したあたりだと思う。
目が回り新しいゲームについていけなくなったと友人は語っていた。

そしてツタヤの帰りふと聞かれた『ゲームってそんなに楽しいか?』との一言。

この言葉にイラっとしたわけではない。

彼がゲームを好きではないことは知っているからだ。
だが、ちょっとそこまでゲーム嫌いならなぜ嫌いなのかが気になったのでちょっと聞いてみた。

『どうして、そんなにゲーム嫌いなんだ?』と聞いた。

すると彼はこういった。

『ダメなんだよね・・・もうゲームやっているとストレスしかたまらない。』と・・・

そのときは特に気にすることもなくいつもの他愛のない会話として普通に話していた。

家に帰り風呂に入るとふとこのときの会話を考え直してみた。

『ゲームってそんなにストレスたまるかな?』と・・・

よくよく考えるとゲームプレイ中はストレスがたまることが多い。

なかなか進まないキャンペーン、敵が強くて倒されまくるなど基本的にはゲームはストレスの塊であることも否定はできない。

ならなぜ私はゲームをやるのだろう?自分自身ストレスを感じていると言うのに・・・

今は『そこにゲームがあるからだ!!!』などと無粋なことを言うつもりは、ゲームをやる目的は明確だからだ。

私がゲームをやる理由、それはそのストレスを越えた先にある達成感である。

困難な難所をクリアできた、クリアした先に感動や納得のストーリーがあったなどゲームを攻略したときの快感ストレスを吹き飛ばし達成感を得ることができるからであろう。

これはクリアしたときに限らずある特定の敵を倒したりスムーズに行動できたなども含まれる。

だが、友人はその達成感を味わうことがないという。
彼のことだからそこまで達する前にやめてしまっているというのも考えられるが、これは人それぞれだろう。

彼はサッカーをする。
車やバイクをいじる。

これらのこともストレスの塊と言っても間違いない。

サッカーの練習もうまくできなければストレスがたまり車いじりも思ったとおりにいかなければストレスがたまる。

だが、これらはゲームと同じである。

チェンジ!!!ぷりきゅあっ!!!

あ、すまない・・・今気づいたがテレビでぷりきゅあがやっていた。

話の続きだが、つまりは人それぞれストレスの先に得られる快感は、もぎたてフレッシュぴゅあぴーーーちっ!!!ということだろう。

彼にとってはゲームをやってもストレスしかならずにレッツ!!ぷりきゅあ!!!にしかならないのだ。


やることはやったわけなので話を戻そう。

というか、今完璧に無断ことをしてしまった・・・ほんとに無駄なことを・・・

完璧に何を書こうしていか忘れてしまった・・・

恐るべきぷりきゅあ・・・


もういいや・・・この記事はプリキュアに負けました。

つまりこの記事で言いたかったことは、ブログを書いている最中はテレビ、特にTOKYOMXはつけていはいけないということっ!!!

Category: 日記

Theme: ゲーム

Genre: ゲーム

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

BRINKは神ゲーでした!

 【13//2012】

1週間もブログサボってしまった・・・

というわけでブログ更新!!!


ゲームとは、ストレスを越えた先にある快感を得るものである byきょび



先週末、友人からちょっと早いというよりかなり早い誕生日プレゼントをいただいちゃいました♪

それがこの『BRINK』と言うゲーム。

一般的にFPSという一人称視点のゲームで、舞台が地球が沈没したあとに残された小島『アーク』というところが舞台のゲームです。

このゲームのおもしろいところはキャンペーンも全てオンライン対戦のようなシステムになっているということ。

オンライン対戦のようなといってもルールは旗取り合戦やデスマッチではなく、普通のキャンペーンのような目標物があり、それを達成させる側と阻止する側にわかれて対戦すると言うような形。

簡単に言うと普通のFPSのゲームのキャンペーンの敵がコンピューターではなく、人間がやオンライン用のBOTがやっていると思っていいでしょう。

ゲームの形式も一人でプレイできるソロ、味方のみ協力プレイで敵は全部ボットのCOOP、敵味方に分かれて対戦できる対戦などがある。

兵種も4種類ありそれぞれにミッションをプレイするときに必要なスキルが分かれていたり、味方を強化できるスキルを持っていたりする。

プレゼントをくれた友人の話によるとソロは味方のAIが馬鹿すぎてつまらないとのことでしたが、実際プレイしてみるとそのとおりでした・・・

ノーマル以上の難易度だと味方のボットのほうが弱いんじゃないかと言うくらいボコボコ倒れていく、倒されてダウンしても目の前にいるメディックがなかなか助けてくれない、というか敵を倒さないと助けてくれないなどなど・・・

確かに一人でプレイするのはきつすぎる内容でした・・・

が、しかしっ!!

一人でも味方になるプレイヤーがいるといっぺんおもしろいゲームに早がわり!!!

先にも書いたように兵種によっての役割が完璧に差別化されているおかげで、それぞれの兵種での役割が大きく影響されるの協力プレイの醍醐味が十分に味わえる作品になるのです。

例えば私がよくメインで使うのがメディックなんですがこの兵種は、味方の体力(ライフゲージ)の増強や回復ができる、ダウンした味方の蘇生ができる。

このゲームでは敵のボットがタイミングが合うと束になって攻めてくることがある。
そのとき、味方のプレイヤーやボットが減ってしまうと一気に崩されてしまうことがある。
そんなときにダメージを食らった味方や倒された味方を蘇生、回復することで持ちこたえられることがある。

これほどメディックが重宝するゲームは多くはないだろう。

また敵のボットメディックも目の前で敵が倒れたら回復、蘇生行為を行うで、早めに倒しておかないと永遠と先頭を繰り返してしまうと言うこともある。

敵のメディックが復活行為をするのは大変『ウザイ』行為ではあるが、よくよく考えるとゲームの戦略性を持たせるのに一役買っているような気もする。
戦略性を持たせるという言う意味で早めの敵メディックを倒すと言うことも考えながらプレイするのも大事になってくるのだ。

そして、友人がメインで使っているのがエンジニアと言う兵種。

この兵種はボット(ゲーム中に登場するメカのこと、敵ボットと差別するためにメカと呼びます。)

カッコが気が長くなったので改めて

この兵種はメカの修理には必須の兵種であり、その他ショートカットの作成目標物の設置解除を行うゲームには必須の兵種です。

さらには、無人タレットを設置することができ、味方の武器の強化などもできる。

このゲームでは戦争ゲーム(BFやCODなどに比べると)基本の体力設定が高めで大体味方に強化されている場合が多いので、敵を瞬殺と言うのはなかなか難しい。

そこで、このエンジニアの武器の強化してもらうことで、比較的早いタイミングで敵を倒していけるのでかなり重宝するのです。

タレットも敵を察知しないと攻撃しないのですが、察知したときの攻撃はかなり優秀で攻撃力もかなり高い、さらに敵も優先的にタレットを攻撃してくるので攻撃をしのぎながらプレイするのにも一役買うのです。

こういったように役割を決めて、友人とコミュニケーションをとりながらプレイすることによって、戦略的にゲームを攻略できるようになるのです。

というか目標物にハッキングや爆弾設置中のプレッシャーはすごい(笑)

いやぁゲームってほんとにいいですね~wwww

メチャクチャ早い割りにかなりいい誕生日プレゼントをもらっちゃいました♪

ゲームは楽しくてなんぼ!!!

Category: XBOX360ソフト

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バタフライエフェクトを見ました。

 【07//2012】

ちょっと前からずっと気になっていた映画『バタフライエフェクト』を昨日見てみました。

さてこの映画が気になったきっかけはちょっと前にプレイしたゲーム、シュタインズゲートをきっかけに興味を持ったと言っていいでしょう。

つまりはその手の映画というわけです。


と言ってもシュタインズゲートやったことない人にはわからないと思うので、このバタフライエフェクト、どういった映画かというのを書いてみます。

ものすごい簡単に言うと『タイムトラベルもの』と言っていいでしょう。

ただ、SFのようなタイムマシンに乗って・・・と言うものではなく、過去に記憶を飛ばすと言うものです。

そしてこの映画のタイトルともなっているバタフライエフェクト、バタフライ効果と呼ばれるカオス理論を表現するのに使われる言葉で、『ある場所で蝶が羽ばたくと、将来まったく違う場所で台風が起きる』というもの。

簡単に言うと蝶の小さい羽ばたきえもさまざまなものに影響を与えいつしか大きな台風になりかねないと言う例えです。

さらに他の例えで言うと、今行った小さな出来事(例えば私が今ブログを書いている)ということが、将来地球を破滅させてしまうような感じ。

つまり言いたいことはまったく関係ないように思える出来事でも時間がたつと影響を与えると言うような・・・

あぁ、説明がむずかしい・・・理由は簡単私も理解できていないのだから。


とりあえず映画の話に戻るとちょっとは解りやすくなるかもですね。

つまりは幼いころにやった小さなイタズラが将来とんでもない不幸をもたらす。

でももし、過去に戻れるなら・・・
もしその過去を書き換えることができるなら・・・
でもその結果未来が大きく変わってしまったら・・・

と言うようなお話の映画。

ストーリーはサスペンス映画だけにここで言ってしまうとハラハラがなくなってしまいそうなので簡単に書くと、主人公は幼少時代に時々記憶がなくなるという原因不明の病気である。

そして大学に入り、脳科学を猛勉強しついに記憶の消失の原因を突き止める。

そしてタイムリープを・・・
あとは自分の目でお確かめあれ。


内容はサスペンス映画だけどちゃんとハッピーエンドになるので私的にはバッドエンドが苦手なので十分楽しめた。

おそらくはシュタインズゲートの基盤となった映画だと思うので、シュタインズゲートをプレイ、あるいは見ていればいろいろなことは想像できると思う。

エンディングの二人が出会うシーンなんか(特に特典の別エンディング)は、まさにシュタインズゲートを思い出す。

私の唯一の誤算は先にシュタインズゲートをプレイしたこと。

バタフライエフェクトは話はよくできておもしろいが個人的にはシュタインズゲートのほうが好み。

なによりこれだけ重厚なストーリーなのに映画の時間と言う枠に収めるのはちょっと無理があったのではないかと思う。


とはいえシュタインズゲートとは取り上げている題材は同じものの演出やストーリーはまったく似て非なるものなので、シュタインズゲートを楽しめた人なら十分楽しめる映画だと思います。

楽天ブックスより紹介

Category: 映画、ドラマ

Theme: 映画感想

Genre: 映画

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。