2012 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

mikihouseのCMが怖すぎる件・・・

 【29//2012】

注:この記事は筆者の妄想によって書かれています。事実とは一切関係ないのでご注意ください。



つい先ほど、テレビを見ていたら流れていたCM。
YOUTUBEでもあったのでまずは見てください。



かわいい幼zy・・・じゃなくて、女の子がかわいいピンクの象さんを助けてあげるというなんともかわいらしい話・・・


ん?ピンクの象??


さて、もうピンときた方も多いはず。

ピンクの象が見えるということは、この子は・・・

もう考えるだけで恐ろしいことなんのって・・・

詳しいことは『ピンクの象』でググればすぐわかるはずです。


と、丸投げするのもなんなんでちょっと簡単にピンクの象さんについて説明。

ピンクの象が見えるというのは海外の映画などでよく使われる表現で、アルコールあるいは薬物によって見える幻覚として表現される場合が多い。

日本では男性器として表現されることも多い。

ほら、もうこれだけでこのCMの恐ろしさがわかるだろう・・・

ある意味で確かにこの少女は幻覚を見ていると言える。

ロケットも男性器として表現できる。

というかこれCMとしていいのだろうか?
まぁ上記の通りピンクの象に関してはいろんな意味を持っているのだろうし、上記の意味は含まないでCMは作られたのかもしれない。

確信犯だとしたら・・・何を狙っているんだ・・・mikihouse・・・

スポンサーサイト

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

続、skype、line、viberのレビューと、スマホの電池のもちについて。

 【25//2012】

どんなキーワードで私のブログに来ていただいているかを調べると『skype、line、viber』に関するキーワードできていただいている方が多いようです。

おそらく前に書いたレビューを見ていただいているのだと思いますが・・・

というわけで現在の無料通話系のアプリの状況を書いてみようと思います。

現状ではLINEに軍配が上がっています。
理由はやはり利用者の多さですね。

私の友人のほとんどがLINEを利用。(そもそも友人は多いほうではないんですけどね(笑))
さらにVIBERをもっている人もLINEに登録して重複している人がほとんどという状況になっています。

利用者が多いのはやはり『日本語』というのが大きいのかもしれませんね。

SKYPEに関しては特定の友人とたまにしか使わない程度です。

というわけで、今回VIBERはスマホから削除しました。
VIBERもLINEも常時稼動アプリなので、やはり無駄に電池喰うアプリは少なくしたいもんです。

Skypeはログオフしておけるので一応とっておくことに。


やはりこの手アプリは性能というより使っている人の多さで軍配が決まるといっていいかもしれません。



さて、VIBERの削除のついでに不要なアプリをいくつか停止しました。
もちろん目的は電池の節約。

その結果・・・

電池のもちが3倍くらいになった!!

今まであまりスマホをいじっていいないときで1日で電池が20%くらいになっていたのが、3日で20%くらいになった。
もちろんまるまる一日スマホを触らない日はないわけで、通話やスマホいじっているという時間もあるので一概には言えませんが、それでもかなりもつようになりました。

VIBERを削除してLINE一本にしぼったのが大きいのか他のアプリを止めたのが大きいのかはわかりませんが、やはり使っていないアプリをとめるのは電池のもちにかなり影響を与えるようですね。

あ、とはいってもスマホをいじくっているときの電池の消耗の速さはあまり変わらない気がします。

あくまでスマホを触っていないときの電池の消耗が遅くなるって話です。



ちょ、なんかお腹が・・・

さっき食べた明太子に当たったかも・・・

うん、まだ我慢できそうなので、もうちょっとかいtから・・

ダメダ・・・もr

Category: スマホ

Theme: スマートフォン

Genre: 携帯電話・PHS

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

デウスエクス到着&感想

 【22//2012】

デウスエクスが無事到着さっそくプレイした感想なんか書いてみようと思います。


最近BF3ばっかやっていたせいで違うゲームへの免疫がすっかりなくなっていて、ゲームに慣れるのにちょっと時間がかかりました。

が、慣れれば慣れるほどおもしろいですね。

感覚的にはスプリンターセル コンヴィクションに近いゲームかなと思いました。

ステルスしながらもいけるし、敵を全滅させて進んでもよし、無視して進むもよし、気絶させてもキルしてもよしと行動のパターンが非常に豊富。

またマップもかなり広大で目的地にたどり着く手段も通風孔などの隠しルートが非常に多い。

マップのパターンも2種類あって、街中で散策しながらミッションとサブミッションをこなしていくマップと特定の場所からスタートして目的地を目指すマップがあり、箱庭ゲーっぽさも感じました。

あとは主人公の強化、個人的には主人公を強化できるゲームは好きなんでこれもポイントが高い。


主人公は経験値をためていわゆるポイントがたまると様々な特殊技能が覚えられる。

ジャンプ力が高くなったり、重いものを持ち上げられたり、壁を壊せたり、ハッキングのレベルが上がったり、透明になれたり、その他いろいろと・・・

つまりこれらのどれを上げるかで進むルートのいけるところが増えたりするわけです。

ハッキングも理解するのちょっとかかりましたが、やり方がわかるとこれもよくできている。

とりあえずおもしろいのですが、いくつか不満点上げるとしたらまずは手に入れたアイテムを預けたりすることができる場所がないということでしょうか。

持てる所有量はインベントリ強化で増やせるのですが、全部の武器を持ち歩けるほどの余裕はない。
つまり余った武器はその場に置き去りにするしかないわけです。

捨てた武器はその場にずっとあるようですが、保管庫みたいなのがあってくれたほうがよかった気もします。

他のFPSのように武器をとっかえひっかえしながら進むようなゲームならまだしも武器の強化とできるのにアイテムを保管できないと持ち運ぶ武器を慎重に考えなくてはいけませんしね。

それもゲームの味といえば味ですので、おもしろいことには変わり無いんですけどね。

最後になっちゃいましたがこのゲーム、結構難易度は高めだと思います。

ノーマル難易度でプレイしていますが、油断すると結構な確率で即死します。
特にうっかり敵の目の前に突っ立っちゃったり、敵がいるのにも関わらずハッキングとかしているといつの間にか後ろから撃たれて即死・・・とかよくありますね。

逆に言うとそれだけやりがいのあるゲームだと思います。

Category: XBOX360ソフト

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

買っちゃった♪

 【16//2012】

知識は経験なくしては無意味である。

by ボチョリヌ スギフキー

というわけでゲーム買っちゃいました。

1500円以上ご購入で【送料無料】【中古】【ゲーム XBox360】Zランク デウスエクス【中古】afb...

デウスエクス
価格:2,780円(税込、送料込)




あれ?この前のゾンビ本は?とかいわないでください・・・
衝動買いですw

前々から気になっていたこのゲーム、動画などを見る限りはスプリンターセルみたいなステルスアクションに近いような感じで、おもしろそうでした。

箱○では海外版しか出ていないと思っていたのですが、ネットでウインドウショッピングしていたら国内版がだいぶ前に出ていたんですね・・・

というわけで中古で購入。


でも実は・・・

友人に借りたソフトが手付かずなんです・・・
なぜって??


そりゃ・・・

ホラーなんだよっ!!こえぇんだよっ!!!

ご存知の方はご存知だと思いますが、私ホラーは苦手なんです。
デッドスペースを前回借りたときもクリアできずに返してしまったくらいのヘタれっぷりwwww

でも怖いもの見たさというのもあるので実は好きだったり・・・

どっちだよって?

やりたい・・・けど怖い・・・

これが本音です。

なぜだか不思議なものでこの手のホラーがものすごい怖く感じるときと、なんとも思わず楽しめるときがあるんですよね・・・

つまりこの機会を狙っているわけです。

お借りしたゲームがサイレントヒルHCとFEAR3。

両方とも下調べした限りではかなり面白そう。
ぜひともやってみたいのですが、今はそのときではないんです。

と、言い訳したところで、締めさせていただきます。

デウスエクスが届くまでは特に書くことないですしね。

Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自己啓発という洗脳

 【14//2012】

久々に中二的記事です。戯言です(笑)

まぁ暇つぶしに見てやってください。


たまにコンビニの本コーナーにおいてある自己啓発本。
そこでこんな本を見つけた。

バカそうに見える話し方、頭がよさそうに見える話し方について書かれた本だ。

さて、察しの言い方はもうこの言い回しに疑問をもっただろう。

『○○そうに見える話し方』つまり頭が良さそうに見えるだけで、実際の中身についてはつまりはバカなのだ。

もちろん世の中はきちんとした話し方を覚える必要がある。
それは自分ひとりでではなく他人とのかかわりがあってこその社会だからだ。

しかしそれはただ単に敬語が使えるあるとか言葉の使い回しが方の問題ではなく、相手のことを考えて話すということである。


どんなに言葉は取り繕っていても、その人の表情を見ればその人がどんな人なのかはわかるのである。


さて、話はタイトルの洗脳の話に戻ろう。

一時期、マナー関連の本が非常に売れたことがあった。
さらにはテレビでもマナーに関して取り扱うことが増え、マナーというものが日常に密接なものとなった。

しかし、それが過剰なものであることに注意を喚起したい。

みんなが本やテレビの言うことを鵜呑みにし、どこにでもそのマナーを当てはめるようになる。
それができないとこの人はマナーがなっていないということになる。

例えばレストランや結婚式。
もちろん形式的にそうしなくては恥ずかしい思いをするような場所もあるが、それをもっと近い日常にまでもってきてしまってはどうなるであろうか。

例えばファミレスなんかでいちいち座り方を気にするなどのことだ。

ファミレスでそんなことしなくてもいいだろう。
だが、マナーというものに固く縛られた者たちはそれができないだけでもこの人はマナーも守れないダメな人というレッテルを貼ってしまう。

そもそもマナーとはルールではなく相手とのコミュニケーションや間柄を不快を感じずに潤滑に行うための礼儀作法である。

つまり思いやりを形式化したものである。前提は思いやりにある。
しかし、このマナーについて自己啓発本やテレビなどによって前提が覆ってしまった。
つまりこの形式ができていないと思いやりがないということになってしまっている。


このほかにも自己啓発本には様々な問題を抱えている。

その多くが活字マジックである。

つまり文字にすることで信憑性に高く感じるのだ。

特に『~すべきだ』『~なのだ』と断定的に書かれているものに対してのおのずと信頼感を得てしまう。

ただ、よく考えて欲しい。

その文書を書いた人物はどんな人なのかを知っているのか?

どんな思いでそれを書いたのかを知っているのか?

知る余地がない。


もしかしたらハナクソをほじりながら書いているのかもしれない。
こんなこと書いて『おれって文才あるじゃん』とか自画自賛しているかもしれない。
『こんな適当なこと書いてあとでばれたらどうしよう』と思っているかもしれない。
そして『もしかしたら誰か途中まで真剣に読んじゃったんじゃない?釣りともしらずに^^デュフフ』

そう、この記事の全てがコレである。

つまり・・・


また適当なこと書きましたよ~^^

ってことです(笑)

そうです、こんな真面目な記事を私が書くことなんてないのです(笑)

真面目に読んじゃった人はすいません。

まぁ書いたことに対してふと考えたことはありますが、あまり深く考えないで途中からコレをどうおもしろおかしくしようか・・・というのが私ですのでf^^

まぁマナーや頭の言い話し方とかのくだりについてはまったくの作り話です。
それっぽいこと書いただけですから

実際のところはマナーに関しても知り合いの結婚式なんかいっても堅苦しいこともなく、書いたようなマナーにがんじがらめの人は危惧するほど多くはないのではないかと思いますし。

話し方についても私自身話下手なのでどうこう言える筋合いではないのでそれっぽいことを書いただけなんです。

収穫といえばまぁやっぱあれです。

私に堅苦しいことは書けない!!ということです!!!

それがわかっただけもこの記事を書いたかいはありましたw


Category: その他

Theme: 文明・文化&思想

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

短いですが・・・

 【11//2012】

今テレビ見てて・・・

ナルトの我愛羅はツタンカーメンがモデルじゃないかと思えてきた(笑)

砂漠の国の悲劇の王、ツタンカーメン。でも実は誰に愛される王だったとか・・・

ツイぽでいいんじゃないかってくらい短い記事でごめ~んね(笑)


Category: 日記

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

いざというときのためにこれだけは読んでおけっ!!

 【06//2012】

世の中にはいろんな本がある、そんな中でも指南書と呼ばれるもの、今回はそれについてお話しよう。

まず指南書にもいろいろある。
役に立つものからまったく適当に書かれた物、信用性にかけるものなど。

このジャンルの本は実際に読んだ気になっていれば気分がいいが実際のところはさほど役に立つことはほとんどないだろう。

それは、本の内容にかかわらず読んだことで満足してしまうからだ。


しかし、今回紹介する本は必ず役に立つときが来るであろう。
それほど重要なことが書かれている本なのだ。

もしもそのときがきた時ために必ず読んでおくことをオススメする。
必ずくるその日のために。



それでは、まずこの本にタイトルを紹介する。

『ゾンビの作法 もしもゾンビになったら』

そう、今回紹介する本はいつ自分も感染しゾンビになってしまった場合どう立ち振る舞えばよいかが書かれた指南書である。

私たちのもっとも身近にある恐怖、いつゾンビになってしまうか、そして、ゾンビになってしまったらどうすればよいのか、もっとも知っておくべきある今身近にある脅威に対応しうる方法が多く書かれているのだ。

さて、そもそもなぜゾンビなってしまう脅威がこんなにも多いのかを説明しておこう。

これは映画やゲームなどをたとえると非常にわかりやすい。

映画やゲームの主人公の人数は非常に限られており、その主人公に選ばれる人はかなり少ないといえる。
その一方で脇役や敵役は非常に多くそれがわれわれ一般人である。

そう、私たちは主人公になるよりも脇役になることのほうが確率としても多いのだ。

それなの私の思った以上にゾンビになってしまったとき、どう行動すればいいかは知らないのが現実だ。

この本では、ゾンビになってからの作法が数多く書かれている。
ゾンビの歴史機から始まり、人間の襲い方や仲間の増やし方などなど、
最近流行のマナー書よりもよっぽど役に立つだろう。


本書はすでにゾンビになってしまった人向けとして、『ゾンビ以外のものが読むことを禁ずる』とされているが、これを読んでぜひ、ゾンビになってしまったときの行動を知っておいてほしい。




と、実は私、これまだ買っていないんです。

最近本読んでいないなぁと思い本屋で目に入ったのがこれでした。
ちょっと立ち読みしてみた感想、かなりおもしろいと思った本です。
内容がかなり馬鹿らしいものですが、しっかりとした内容でゾンビの立場として書かれているのでゾンビ映画やゲームをやったことある人ならかなりおもしろいと思います。

ただ、上のリンク見てもらうとわかるように1890円と結構高額、なのですぐに手が出なかった。
文庫本でてないのかなぁ。

Category: 日記

Theme: 読書感想文

Genre: 小説・文学

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。