2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

久々のスパークプラグのメンテナンスで・・・

 【13//2009】

昨日、久々にスパークプラグの焼けと芯の減り具合を見るためプラグを外してみました。


取り付けていたのはNGKのFD用プラグで、BUR9EQPとBUR7EQPです。FC用と違いは品番の後ろにPが付いているかとの違いと、あとは多少作りも違うみたいです。

FC用より長持ちするということで取り付けました。

早速、ロータリーエンジンのリア側から(プラグを外すのはリア側から外したほうが楽です。)外して焼け具合や減り具合を見ました。

T側・・・特に問題なし。焼け方もきれいに芯の部分も角がまだ全然とがっているので問題なし
L側・・・多少減りがあり角が丸まっていましたがまだまだ大丈夫そう。

そしてフロント側、、

T側のプラグコード外そうとしたときです。



『ペキペキ?!』

プラグコードを触ったときに何かいやな手ごたえが・・・

そのままプラグコードを引き抜いていると・・・

ぱっと見は問題ないけど・・・と思いながら、取り外してみると。。。

スパークプラグのガイシ割れ

ご覧のようにガイシの部分が割れていました。
(本当はヒビが入っている程度でしたが、好奇心からもっと割ってしまいましたw)

よく見ると芯の部分が歪んでるんです。
正直記憶は無いんですよね。

自然に曲がったか何か力が加わったのか・・・それとも、取り付け時に曲げてしまっていたか(取り付けミスが一番可能性大)・・・

何はともあれ、とりあえずは前回使っていたやつが減りも少なく使えそうだったので、交換しました。

それで軽く家の周りを一周。
多少パワーが上がった気はします。

もしかしたら、そのプラグだけ火花を飛ばしてなかったのかもしれません。

ほかのプラグは特に問題ないのでちょっと様子見をしようと思います。
スポンサーサイト

Category: RX-7 FC3S

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。