2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

西武ドームに 西武 ライオンズ対日本ハムファイターズ戦を見てきました。

 【20//2009】

先日、友人に誘われて西武ドームに埼玉西武ライオンズ対日本ハムファイターズの試合を見に行ってきました。
西武ドーム

席は内野自由席でほぼ外野よりの結構前のほうに座って観戦しました。
ちょうどブルペンの真裏あたりですね。

ブルペンの真裏なので投球練習する投手はすごいよく見えました。

しかも結構低い位置なので、上のほうで見る迫力とは違う感じでした。
上のほうで見るとほんとにグランド全体が見れるのですが、低い位置から見ると、ボールを見る感じがほんとに野球やってるときの視点に近い感じがしました。

そいういえば今年から?ホームチームのベンチの位置が変わったみたいですね。
今まではホームチームは1塁側ベンチだったのですが、ライオンズが3塁側になっていました。

試合内容なんですが、結構な打撃戦でした。
西武ライオンズの先発はワズディン、日ハムはスウィーニーで、両者ともに立ち上がりにボール先行気味で、ほとんどの回で両チーム塁に出ていたと思いました。

特に日ハムはこの試合ヒット14本打っていたのですが、チャンスを生かせず14本ヒットを打っていたわりには、前半は点が入らず同点に追いつくもその先がない状態が続いていました。

対する西武ライオンズはヒットの本数が6本と少ないもここぞというときに一気に点を取り5回裏に3点勝ち越し。

しかし、この日ヒットを打ったのはWBC組みの片岡が1本、中島が2本、4番の中村が2本と9番の石井が1本で1番から4番を過ぎてしまうとせっかくできた流れが止まってしまうっていう雰囲気を感じました。

西武ライオンズは投手陣がピリッとせず、投手を代えるたびにきちっと抑える日ハムに対して西武ライオンズは投手を代えるたびに点を取られていました。

9回の表、西武ライオンズは投手を使い果たした感があり、平野、星野、岡本、大沼、つないだあと9回に小野寺。

ピンチになるも代えるピッチャーがいないのか、ブルペンで投球練習している選手はいませんでした。

と、いいますか。
両チームとも点取りすぎですね。

西武ライオンズもこの点なら普通は勝てる試合ですし。
日ハムからしても8点は取ったものの6点の失点は大きいはずです。

やっぱり最近のプロ野球は打撃戦が多いし、ピッチャーの良し悪しが出る試合が多いと思いました。
スポンサーサイト

Category: 野球

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。