2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

最近気になる燃料電池自動車(^ フ^)

 【30//2009】

最近気になっているのが燃料電池自動車。

燃料電池自動車は水素を燃料に電気を作ってモーターを動かすものらしいということは知っていたのですが、今日テレビでその特集をやっていて、さらに興味が出てきました。

燃料電池自動車の前に、電気自動車が一時期話題になっていました。

電気自動車もモーターで駆動するもので間違いなのですが、その電気の供給方法は、バッテリーからの電力を必要とするので、充電が必要です。

そこでいつも疑問に思っていたのが、その充電時間。
どんな電気自動車でも、電気を消費するので必ず充電が必要になります。

今までのガソリンエンジンの自動車では、ガソリンを給油すればすぐに走れたのに対して、電気自動車は充電が完了するまで時間がかかるという問題が大きくのしかかっていました。

さらに走行距離も通常のガソリンエンジンの自動車に比べて短い・・・
実用化にはほど遠いなというかこんなもの実用化してほしくないと思っていました。

そこで、燃料電池自動車。

これは水素と酸素が交わったときに、発生する電気を燃料とするため、極端な話バッテリーが入らないんですよね。
その場で発電するわけですから。(加速用や車内装備用にバッテリーも積んではあるようです。)(テレビでは車の中に小さな発電所があるようなものですといっていました。)
その代わり燃料とする水素が必要になるだけです。

走行距離も今回やっていた車では一回の水素を満タン(満タンでいいのかな?)にすると走行距離は800キロ近くも走るそうです。

モーターといえど加速性能も通常の車と同じほどはあるようです。(新幹線とかを考えたらそれだけパワーのあるモーターがあって当然かなって思いました。)

そして水素は、水から取り出せるので、石油に頼らなくてもいい。日本でも精製できることも考えると、かなりミライのあるものになるんではないかなぁって思っています。

水素を使ったエンジンでは、私の乗っているFCなどに搭載されているロータリーエンジンの燃料を水素にするといった車も開発されているようです。

これは、水素で電気を作るものではなくて、水素の可燃性を生かしてガソリンの代わりにエンジンに噴射するものです。

どちらかというと私はこっちのほうが好みでした。
スポーツカーが好きなので、やっぱり爽快感や、運転の楽しさを考えると、エンジン音や排気音もその気にさせる1つの要素だと思っているからです。

でも、最近はどっちになってもいいかなって思うようになりました。
モーターでの加速感も嫌いなものではないと思います。


気になるのは、もし燃料電池自動車が普及するようになったら・・・各自動車メーカーはスポーツカーを作ってくれるのかな・・・ってことが一番気になります・・・

エコも大事だと思いますが、スポーツカーみたいな走りの楽しさを追求した車も作ってほしい心から願っております。

というわけで、開発者の方には応援しているといいたいですね。
実用化にむけて各自動車メーカーにもがんばってほしいです。

車のミライがとても楽しみな今日この頃な日記でした。
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: 車関係なんでも

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。