2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スプリンターセル コンヴィクションをレビューして見ます

 【07//2010】

先日、このブログの記事でも話しましたが、スプリンターセル コンヴィクションのレビューやってみたいと思います。

とはいえ、レビューがへたくそなんでいつもどこから書けばいいか悩みものです(笑)

というわけで今回レビューするソフトはコレ
楽天市場より紹介

スプリンターセル コンヴィクション 【初回限定特典】リファレンスガイド(A5版68ページ)付き



とにかくまず始めの感想としてはホントにおもしろかった!!

前記事でも書いたように、旧XBOXのスプセルは友人の家でやらしてもらい挫折。
操作に苦労してその後スプセルシリーズは全然やらなかったんですが、友人の勧めで買った今作はかなり大当たりって感じがしました。

今まで私の持っていたイメージでは、絶対に見つかってはいけない、でも理不尽に見つかることがあるっていうのがイメージだったんですが、やってみた感じだとそうではありませんでした。

見つかっても逃げればいい、倒せればいいんだっていうものに変わりました。
ゲームの感じでいったら、メタルギアのようなものなんですがまったくの別物。

アクション性とスニーキング性が高く大胆に隠密行動ができるので結構な爽快感がありました。

スニーキング系でいったら、メタルギアよりも個人的にはかなりおもしろいって思いました。


次に、ゲームの難易度ですが、かなり絶妙に作られてるように思いました。
難易度は3段階で、ルーキー、ノーマル、リアルとありますが、ルーキーではやられにくかったりガシガシといけますが、それなりに油断するとやられるので、簡単すぎてつまらないっていうこともありませんでした。

そして、リアルの難易度ですが、これもまた絶妙。
昔のゲームのようにこれクリアできないんじゃないっていう絶望的な難易度ではなく、難しくはあるものの、慎重に行動すればなんとかやられるずにはクリアできる、でも、油断すればやられるっていう感じです。

緊張感持ってやりたいときはいいかもしれませんね。


次はゲームのボリュームですね。

かなり、ボリュームは大きいです。

シングルでのストーリーモードと協力プレイでのストーリーモードはまったく別の話が収録されているんですが、どっちがメインの話かって言われると、わからなくなるほど両方ともしっかり作られていて、攻略には同じくらい時間がかかりました。


☆(購入を決定している人は下の二行は飛ばしてください。
知らないほうがゲームを楽しめると思います。っていうか最後に何かあるって知ってしまった時点で驚きも半減になってしまいますので。えっそんなもの書くなって・・・すいません。知っていると書きたくなってしまうものなんですよ。)

また、あるミッション(コープストーリーの)ではちょっとしたギミックが・・・詳しくは言いませんが、友人も私も何も知らずにやっていたので、最後はちょっと『えっ!!』驚かされましたね。



他にも協力モードには、『ハンター』と『ラストスタンド』と『フェイスオフ』というものがあってそれぞれかなり楽しめます。

ハンターはストーリーモードのマップを通しでやります。
目的は敵の全滅で、各エリアごとに区切られて最初は10人ずつ敵がいてその10人を倒せば次のエリアへ移動できるようになります。

が、一度でも敵に見つかってしまうと増援を呼ばれ、敵が10人増えてしまい20人倒さなくてはいけません。
自分だけが見つからないんじゃなくて、相方も見つかってはいけないので結構なお互いフォローしあったりとかなりの緊張感があって、顔見知りの友人とやるといかにも協力プレイしているって感じがしてメチャクチャ楽しめますよ!
オススメはリアル難易度です。

個人的には一番好きなゲームモードでした。


次にラストスタンド。
これはいる敵を倒すのではなく、設置されたEMPという兵器を破壊に来た敵を迎え撃つルールです。
ラウンド制で来る敵は人数が決まっていてラウンドを重ねるごとに敵の数が増えていきます。

ミスしてもラウンドごとにリトライが可能でそのときにEMPのダメージやグレネードなどのガジェットがリセットされるのでやられながらも何とかクリアはできますが、ルーキーでも通しでクリアするのは結構大変だと思います。

リアル難易度はもっときついです。このゲームで一番難しいゲームモードかもしれません。
一人でもできるんですが、リアル難易度では絶望感を味わいました(笑)
コープもボイチャが出来てある程度連携ができる人じゃないときついかもです。

(ちなみに一人でもかなり苦労しますが、クリアは出来るようです。GOGOLINAさんは一人でもクリアしてましたがかなり苦労したそうです。←一人でプレイすることになったのは私のせいなのですが(笑)
もしかしたらそのときのことブログで書いてくれるかもしれません。↓)

GOGOLINAさんのブログ→実績解除でGO!GO!


最後にフェイスオフ

これは今現在プレイ中のモードなのですが、内容的には対戦モードに近い感じです。
二人のプレイヤーでの対戦ですが、時間制限内で倒した敵の数を競っていくものです。
特徴的なのはその『敵』の中には相手プレイヤーもいるっていうことです。

感じで言ったら、ハンターモードをやりながらプレイヤー同士も対戦しているっていう感じですね。
これはこれでおもしろいんですが、やはり協力して敵を倒していくのが近作の醍醐味なんじゃないかなって思いました。


というわけで、近作のおもしろかったゲームモードを順位付けすると・・・

1位、『協力ハンターモード』
2位、『協力ストーリーモード』
3位、『シングルストーリーモード』
4位、『協力ラストスタンドモード』
5位、『フェイスオフモード』

ランク付けしてはみましたが、上位3つはほんとは順位決められないほどおもしろかったですね。

いままで協力プレイ(コープ)ゲームは『ギアーズオブウォー』『アーミーオブトゥー』『HALO』『レインボウシックス』『コールオブデューティ4』などなどいくつかやってきましたが、コープゲームっていう中では一番おもしろかった思いました。

相方がどう動いているかもわかりやすいですし、援護された、援護した、助けた、助けられたっていうのもわかりやすく表現されているので、ほんとに協力プレイしているんだっていう感じがあっておもしろかったです。

他にも銃などの武器の種類や実績などの出しやすさなどもありますが、記事がなくなってしまったので簡単に一言。
『とてもバランスよく出来ている』っていうのが感想です。

と、ホントに長くなってしまったのこんな感じでしめくらせていただきたいと思います。

ほんとはもっと書きことあるんですが、もっと簡潔に書ければいいんだけどなぁ・・


楽天市場より紹介

スプリンターセル コンヴィクション 【初回限定特典】リファレンスガイド(A5版68ページ)付き
スポンサーサイト

Category: XBOX360ソフト

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事へのトラックバック

-
管理人の承認後に表示されます

2010.05.15 (Sat) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。