2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

シュタインズゲート、クリア!!

 【22//2011】

やっ、やめろっ!!!
くそっ!!!こんなときになぜっ!!

みんなにげろっ!!早く俺から離れるんだっ!!

もう誰も傷つけたくない・・・傷つけたくないんだっ!!!

くそ・・・出てくるな・・・


おれの厨二病っ!!!!


というわけでシュタインズゲートのトルゥーエンドまでたどり着きました(笑)
1週目攻略サイトも見ず通常プレイ。
確か鈴羽エンドだったかな?

まぁここにたどり着くまででもかなり面白かったんですが・・・

2週目は攻略サイトを見ました。
いっきにトゥットルゥー・・・

トゥルーエンドを見たくなってしまい。
攻略サイトを・・・・

しかしこれが失敗の始まりだった。

確かに攻略サイトを見れば、分岐を間違えることなく行ける。

しかしそれと同時に物語の終わりもわかってしまったのだ。
もちろん攻略サイトもネタバレしないように工夫されており、分岐でどちらを選ぶかまでしか書いていない。

ただ決定的にわかってしまうことがある。


それは・・・

何章まであるかっ!!!

これは物語を楽しむ上ではかなり重要なこだとにゲーム後半で気づかされた。


1週目のプレイでまず感じたことは、結末がいつくるのかわからないこと。
1週目は攻略サイトはもちろん、ネットのレビューなどの前情報、友人からのネタバレまでも封印してプレイした。

その結果感じたのが、

もうそろそろで終わりか・・・
と思うと、さらに続いていくストーリー
やばい、これはバットエンドかもしれないと思ってしまう緊張感だった。

ストーリーは当然のようにおもしろかった、しかしさらにその面白さにスパイスを加えるとしたらやはり、いつ終わるかわからないわくわくかんだと思う。

そう、私はこの大事なこと失敗してしまったのだ。

そう私は失敗・・・

失敗した失敗した・・・


と、やりたかったのだが、ネタバレになるのでここは自重しよう・・・


もしDメールを送れるのなら、2日前の自分に伝えたい。







『攻略サイトは見るな』と








と、ほんとに影響されやすいわたしなんですが・・・

いや、ほんとにおもしろかった。
まだすべてのルート見たわけではないんですが、かなりおもしろかった。

私も『どうせギャルゲーでしょ』と、思っていました。

LINAさんのブログを見て興味を持ち、ススメられて購入。

最初は画面で文字読むのめんどくさそうだなぁと思ったのですが、
最初はずば抜けて痛い主人公だなぁと思いましたが、10分ほどでその世界に引きずり込まれましたね。
私の中のギャルゲーという概念を覆されました。

私のイメージではギャルゲーというと、なぜかモテモテの主人公がその中の誰かと付き合うためのゲームというイメージしかないからです。

こういったタイプのもの、つまり恋愛ものは、ゲームに限らずドラマ、マンガなどでも苦手な方なんです。
すべての恋愛ものが苦手なわけではなく、恋愛一辺倒のものが苦手なんです。

シュタインズゲートみたいに、あるテーマ(今回はタイムトラベル)があって、その中で恋愛に発展していくというのは結構好きかもと今回プレイして思いました。

私はSFやファンタジーも含めこの手の時間、タイムトラベルを扱った物語が結構好きで結構見ているほうです。

アニメ、マンガはもちろん、映画、小説など。
その中では一番かもしれません。

物語に前半部分にの出てくる疑問。
それが、中盤あたりでヒントとなって出てくる。
そこで、もしかして前半で出てきたのは後のストーリーやエンディングにつながる最後、原因になるんじゃないかと、想像力が刺激される。

結構なこの手のタイムトラベルものを見ている人はわかると思いますが、ある程度ヒントが出てくると推測できるんですよね。

ただ、ちょっと斜め上を行くものがある。
というより、その上に積み重ねられるような感じですかね。

たとえば『もしかしたら』からXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXという感じ。
(XXXXXXXは伏字です。この作品はなにも先入観なしでみてほしい。けど、なんか書きたいって気持ちから(笑))

個人的にはエンディングも大満足。
最終章ちょっと前あたりから、エンディングにいたるまでは、もう・・・言葉がないですね。
のめりこみました。

ストーリー全体もSFミステリー(でいいのかな?)でありながら、コメディ色も結構高く、シリアスな部分も多々ありながら、笑いながら途中泣きそうになりながら最後までプレイできました。

間違いないです。

オススメだニャン!!


というか、ここまで長文書いたんだ・・・
記事の保存、失敗しないでくれ!!!

この記事がブログに掲載されたときは、ブログの保存に成功したということになるだろう。
などと考えながら私は、ブログの記事の保存をクリックするのだった。

エル・プサイ・コングリゥ




とかいって一応コピペの準備してるんだけどねw というか・・・

シュタインズゲートってギャルゲーなの??

個人的にはほんとに普通におもしろい小説を読んでるような感じを受けた。

そもそもギャルゲーってどんなものをギャルゲーと呼ぶのか?
かわいい女の子が出てきてその中の誰かと恋愛するものをギャルゲーと呼ぶなら、

世の中のドラマや映画だった、ギャルドラとかギャルビーとか言うべきじゃない?
芸能人のワイドショーだってギャルンダルとか?


まぁ考えてもしょうがないか。


スポンサーサイト

Category: XBOX360ソフト

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。