2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

windows7高速化メモ スタートアップの停止

 【04//2011】

スタートアップの停止は、パソコンの起動を速くするのに一番効果があると思います。

パソコンは電源を入れると、さまざまなソフトを立ち上げます。

もちろん起動や動作に影響するものも起動するのですが、使わないソフトも裏で起動させているのです。

裏で起動させる理由はいろいろあり、『アップデートの確認』や『そのソフトウェアを起動するとき起動を早くする』というものなど。

Windowsやウイルスソフトの起動はセキュリティの関係上、素人はいじらないと思いますが、音楽ソフトや地図ソフトなどそう毎回パソコンを起動するたびに使わないものは、起動時裏で動作していても無駄でしかないわけです。

こういった起動時に立ち上げる必要のないソフト止めることを、スタートアップの停止と呼びます。


では実際にスタートアップを止めるにはどうしたらいいか?

やり方は簡単です。

タスクバー左下のスタートをクリックして『プログラムとファイルの検索(XPのときはプログラム名を指定して実行だったかな?)』に『msconfig』と入力してエンター。

そして、上のスタートアップのタブを選んでチェックを外せばスタートアップから外すことができます。

問題はここから。

どれを止めていいかですよね。

スタートアップに登録される項目はパソコンによっても違いますし、それに入っているソフトによっても違います。

数もかなりあるのでどれが止めて平気というのを書いたらキリがありません。

なので省略しますが、私なりの判断の仕方を書いてみようと思います。


まず、基本的にマイクロソフト関係とシステム関係(オーディオやモニタなど)のものはいじらない。
(確信を持って止めてもよさそうのものは止めて平気)

スタートアップの項目の名前をネットで検索。
多くの人が止めても平気と書いてあれば止める。
(一般のソフトウェア(オーディオソフトやビデオ、地図などなど)のスタートアップは止めても問題ないことが多い。)

そして不要なものを停止したら再起動。

他にもスタートアップの止め方では、ソフトウェアを起動するとたいていの場合『オプション』『ツール』などがあります。
そこに、『パソコン起動時に起動する』などの項目を外す方法もあります。
たまにスタートアップに表示されていないこともあるので、チェックしてみるのもいいと思います。

また、あまり更新の必要のないソフト(ペイントソフトなど)についている『自動でアップデート』などの項目を外しておくのも効果があります。


スタートアップは起動のスピードが早くなるのをかなり体感できると思います。

ただ、項目の中には止めてはいけないものもありますので注意してください。

まぁ、迷ったら『やらない』わからないところは『やらない』を守ればまぁ大丈夫ですよ。

スポンサーサイト

Category: パソコン

Theme: パソコン関連お役立ち情報

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。