2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

まさかの○るルートくん?(仮)

 【08//2011】

気づけばラボに戻っていた。

世界線は変わったのだろうか。

あとでルカ子がきちんと男に戻った確認しなくは・・・


とりあえず周りを見渡してみる。

パソコンの前ではダルがゲームをしている。

またギャルゲでもやっているのだろう。


まゆりや紅莉栖の姿はない。

オ『おいダル、まゆりと助手はどこへいったんだ?』

ダ『今度のコミマの買い出しにいってるぉ・・・』

ダ『ってさっきその場にオカリンもいたじゃん。』

オ『?』

違和感・・・

何か違和感を感じる。


オ『うん?』


オ『ダルお前なにやっているんだ?』

ダ『なにって乙女ゲーだお!』

オ『っ!?』

なんということだ!ダルが2次でも3次でも食っちまうことはわかっていたが、この世界線でのダルはそっちのほうにも手を広げているのか!!!

ここは話をそらしておこう

オ『ところでダルよ。風邪でも引いたのか?声が変だが?』

ダ『なに言ってるんだぉ??いつもどおりだぉ!!』

ダ『変なのオカリンのほうっしょ。』


ダ『いつもはダル子って呼んでるのに・・・』

オ『え?』

ダ『え??』


いや?まさかそんな・・・

この世界線のおれはそっちけいなのか??

いやしかしダルの容姿も少し変わっているような・・・
さらにぽっちゃり、というよりしている。

まさか・・・

『ダ、ダルよ・・・お前男だよな??』


『オカリン、なにを言っているん??』

そのときラボのドアが開いた。

『あ、オカリン!!ドゥッドゥルー』

そこには、あきらかなが二人が立っていた・・・


『アーッ!!』



気づくとおれはソファーに座っていた。

あれからのことはほとんど覚えていない。

3人はこちらを気にかけらながらも会話を続けている。

ま『オカリンどうした?元気ですんですよっ!!ほらジューシーからあげナンバーワンあげますので』

まゆりの口調まで変わってしまっている。

く『ほっときゃいいんだよ!どうせ、変なもので食ったんっしょ?それより岡部!ナンパ行こうぜっ!』
紅莉栖にいたってはチャラ男になっていた。だがそう言いながらも慰めようとしているあたりはツンデレだ。

く『まゆりぃ、おれにもからあげくれ!!』
ま『いいよ~!はい、あ~ん』

ダ『YAOIキターーー!!』

く『ダマレ!腐女子っ!!』

ま『ダルちゃん、YAOIってなぁに?』




というわけで風邪で熱が出始めた勢いでちょっと書いてみた(笑)
たぶんすぐ消しますw

だが、さすがに体の節々が痛いのでギブアップ・・・

改めておもしろいSSをかける人ってすごいですね。
原作がおもしろいということもあるんでしょうが、初めてSSっぽいことをしてみました。
もちろんシュタインズゲートのSS。

スポンサーサイト

Category: その他

Theme: 二次創作

Genre: 小説・文学

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。