2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

相対性理論と野球

 【26//2011】

きょびです。
タイトルはどうでもいいとです。

思ったことを書きます。

相対性理論は時間は絶対的なものではなく相対的なもの、そのときの環境や状況によって変化するものである。

簡単に相対性理論を説明されるときによく聞かれる言葉です。

つまり、地球が1周するのは24時間ですが、実際それぞれ個人が1週する時間を数えたら、23時間で数え終わる人もいれば25時間で数え終わる人もいる。

人それぞれで時間の流れが違うというものです。

実際はもっと複雑でいろんな話しや公式などがありますが、そんなの関係ねぇ(`´)


この話を聞いて思ったことを書くわけです。

それが野球の話し。

例えばキャッチボール。

キャッチボールでできないことといえば・・・

自分の投げたボールを自分で受ける。
もちろん上に投げたボールを受けることはできますが、上に投げたボールというよりはただ投げたボールが勢いを失い落ちてきたボールを受けるだけ。

もう一つが他人の感覚で投げたボールを受けるということ。

こっちが気になって記事を書き始めたわけです。

もし時間の流れがそれぞれ違うなら見える景色の速さも変わってくるんじゃないのかな?ということです。

つまり、同じ100キロのボールでも人によって感じる速度が違うんじゃないかということ。

バッティングセンターなんかでも100キロのボールを平然と打てる人もいれば、バットに当てることも難しい人もいますよね。

運動神経というのもありますし、慣れや経験というのもあります。

慣れればなれるほどボールはゆっくりに見えますし、初めての人はものすごい早く感じるかもしれません。


同じ人でも初めての100キロと毎日1年通った人の100キロのボールだとやはり感じるスピードは違うかもしれませんね。


つまり人よってボールのスピードの感じ方は変わるんじゃないか?という疑問を持ったという記事でした。


え?結論??ナイヨソンナノ・・・


本当になんとなく思ったことを書いただけですからっ!!!残念っ!!!!



じゃぁ最後にクイズ。

なつかしの芸人ネタを3つほど隠しました。

ゲッツっ(σ゜△゜)σ

スポンサーサイト

Category: 科学っぽいの(笑)

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。