2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

バトルフィールド3 戦車のコツ

 【01//2012】

最近バトルフィールド3で戦車にはまっていると前の記事で書いたのでちょっと、戦車運用のコツなんか書いてみようと思います。

まずは兵科は工兵でリペアトーチ+ロケットランチャーがオススメ。

理由は

・対戦車のときに明らかに戦車が破壊されそうになったとき降りてRPGなどで最後の足掻きができる。

・勝てたときには自分で修理ができる。

・主砲のリロードの間にRPGが打ててダメージ的に優位に立てる。
(ただし、外に出てやられると戦車を敵に奪われる可能性がかなり高いので味方が乗っていないときはやらないほうがいいと思います。戦車を奪われるのは戦局にかなり大きく影響します。)

・上に乗るとき(マシンガン使用時)に戦車に遭遇したときは、修理しながら援護ができたり、RPGで戦車と一緒に攻撃ができる。

といった利点があります。
戦車に乗る気満々のときは工兵で出たほうがいいでしょう。

一応注意点ですが、敵戦車と遭遇したときに戦車を降りるタイミングですが相手がこちらに気づいている場合は、相手が一発撃った直後がいいです。

相手がまだ撃っていないときに降りてしまうと、タイミング悪く敵の砲弾で降りた瞬間死ぬという可能性が高くなるからです。(ていうか本当は降りないほうがいい。銃座についたときにやるほう戦車の援護になると思います。)

次に戦車での立ち回りですが、最前線には行くべからず。

確かに後方にいては役に立たない戦車ですが、最前線に行き過ぎると敵の戦車+ロケットランチャーであっという間にやられてしまいます。

ある程度腕に自身があって、このルートならっていうのがない限りは無理に最前線に行かない方が懸命だと思います。

ではどのあたりで立ち回るのが一番いいか。
個人的に一番活躍できると思ったのが、最前線の中盤から後方あたり、後方といっても後ろのほうという意味ではなく最前線にいる人たちの中の後ろという意味です。

中盤というのは最前線にいる人たちに囲まれているような場所です。

実際のところ最前線に変わりはないんですけどね。
つまりは、前に出過ぎない、単独特攻しないということです。

単独特攻すると、敵戦車に遭遇したときには修理してくれる人がいない可能性があります(上に乗っている人が工兵とは限らない。)。
さらには敵の工兵に囲まれてあっというまに棺おけにされてしまうことも多いでしょう。

ですが、逆に言うと敵が単独で攻めてきてこっちが味方といるのなら敵戦車の撃破に味方のRPGが飛んでいくことも多くなり、RPGの工兵を倒してくれることも多くなり戦車に乗っていられる時間が多くなります。

もう一つ、戦車の強度も場所によって強さが違います。
戦車の前面が一番硬く、横が中くらい、後ろが弱くなっているので戦車と対面したらなるべく正面を見せるようにしたほうがいいでしょう。状況に応じてですが。

逆に横や後ろを狙えるならそっちを狙ったほうが後ろで修理しているいる工兵がいる場合に効果的です。

この手のゲームでは当たり前かもしれませんが、自分の不利を作らず相手の不利を作ることがゲームを楽しく進められるコツではないでしょうか。

スポンサーサイト

Category: バトルフィールド3

Theme: Xbox360

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。