2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

自己啓発という洗脳

 【14//2012】

久々に中二的記事です。戯言です(笑)

まぁ暇つぶしに見てやってください。


たまにコンビニの本コーナーにおいてある自己啓発本。
そこでこんな本を見つけた。

バカそうに見える話し方、頭がよさそうに見える話し方について書かれた本だ。

さて、察しの言い方はもうこの言い回しに疑問をもっただろう。

『○○そうに見える話し方』つまり頭が良さそうに見えるだけで、実際の中身についてはつまりはバカなのだ。

もちろん世の中はきちんとした話し方を覚える必要がある。
それは自分ひとりでではなく他人とのかかわりがあってこその社会だからだ。

しかしそれはただ単に敬語が使えるあるとか言葉の使い回しが方の問題ではなく、相手のことを考えて話すということである。


どんなに言葉は取り繕っていても、その人の表情を見ればその人がどんな人なのかはわかるのである。


さて、話はタイトルの洗脳の話に戻ろう。

一時期、マナー関連の本が非常に売れたことがあった。
さらにはテレビでもマナーに関して取り扱うことが増え、マナーというものが日常に密接なものとなった。

しかし、それが過剰なものであることに注意を喚起したい。

みんなが本やテレビの言うことを鵜呑みにし、どこにでもそのマナーを当てはめるようになる。
それができないとこの人はマナーがなっていないということになる。

例えばレストランや結婚式。
もちろん形式的にそうしなくては恥ずかしい思いをするような場所もあるが、それをもっと近い日常にまでもってきてしまってはどうなるであろうか。

例えばファミレスなんかでいちいち座り方を気にするなどのことだ。

ファミレスでそんなことしなくてもいいだろう。
だが、マナーというものに固く縛られた者たちはそれができないだけでもこの人はマナーも守れないダメな人というレッテルを貼ってしまう。

そもそもマナーとはルールではなく相手とのコミュニケーションや間柄を不快を感じずに潤滑に行うための礼儀作法である。

つまり思いやりを形式化したものである。前提は思いやりにある。
しかし、このマナーについて自己啓発本やテレビなどによって前提が覆ってしまった。
つまりこの形式ができていないと思いやりがないということになってしまっている。


このほかにも自己啓発本には様々な問題を抱えている。

その多くが活字マジックである。

つまり文字にすることで信憑性に高く感じるのだ。

特に『~すべきだ』『~なのだ』と断定的に書かれているものに対してのおのずと信頼感を得てしまう。

ただ、よく考えて欲しい。

その文書を書いた人物はどんな人なのかを知っているのか?

どんな思いでそれを書いたのかを知っているのか?

知る余地がない。


もしかしたらハナクソをほじりながら書いているのかもしれない。
こんなこと書いて『おれって文才あるじゃん』とか自画自賛しているかもしれない。
『こんな適当なこと書いてあとでばれたらどうしよう』と思っているかもしれない。
そして『もしかしたら誰か途中まで真剣に読んじゃったんじゃない?釣りともしらずに^^デュフフ』

そう、この記事の全てがコレである。

つまり・・・


また適当なこと書きましたよ~^^

ってことです(笑)

そうです、こんな真面目な記事を私が書くことなんてないのです(笑)

真面目に読んじゃった人はすいません。

まぁ書いたことに対してふと考えたことはありますが、あまり深く考えないで途中からコレをどうおもしろおかしくしようか・・・というのが私ですのでf^^

まぁマナーや頭の言い話し方とかのくだりについてはまったくの作り話です。
それっぽいこと書いただけですから

実際のところはマナーに関しても知り合いの結婚式なんかいっても堅苦しいこともなく、書いたようなマナーにがんじがらめの人は危惧するほど多くはないのではないかと思いますし。

話し方についても私自身話下手なのでどうこう言える筋合いではないのでそれっぽいことを書いただけなんです。

収穫といえばまぁやっぱあれです。

私に堅苦しいことは書けない!!ということです!!!

それがわかっただけもこの記事を書いたかいはありましたw


スポンサーサイト

Category: その他

Theme: 文明・文化&思想

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

つまりきょびさんの記事はまともに読んじゃいけないんですね、わかります。
っていうのは冗談で笑えました。

にしても自己啓発本はあてにならないことばかりですからねー
コンビニにおいてあるのなんて大抵が「知ってるよ」程度の常識本。
当たり前のことを理解してない人間がいるのか?っていう内容が大半ですが、逆にいえばそれすらできていない人間がいるってことなんでしょうかね?

ヤバス!

Posted at 16:41:52 2012/08/14 by GO GO LINA

Comments

真面目に読んでしまった…(゜ε゜;)
これからは警戒せねば(笑)
ストーカー全然OKです
うちのクラスノリよくてバカ多いんで知り合いのストーキングなんてよくあることさw
こないだなんか同じマンションに住んでる奴が俺に「鍵忘れたから下のドア開けて」ってメールしてきたんだけどタイミングよくうちに遊びに来た友達をみて後ろを付けて入れたってw

つけられた奴に聞いたら気づいてなかった(笑)
GO GO LINAさんこんちゃ\(^^)√
俺中学生ですけど(バカですw)俺でも知ってるようなものをできない人がもしかしたらいるのかもw

まさか著者か!?

長文スマセン

Posted at 00:47:19 2012/08/15 by

Comments

スマソm(_ _)m
上の名無し俺ですw

Posted at 01:41:22 2012/08/16 by 直輝っち

Comments

Re: タイトルなし

コメントの返信遅れてすいません。

GO GO LINAさん。
そうですよ、まともに読んだらダメですよ(笑)
自己啓発本はほんとに常識本ですよね~
問題はそれをやるかやらないか・・・まぁ本読んでやるくらいならそんな本読んでいないとも思いますし。

というか私自身読み物としては楽しめるけど・・・という人間なんで・・・ヤバスっ!!

直輝っちさん。
中学生とは・・・その歳を倍にしたら私の歳になります(笑)
若人にこんな毒々しいブログで悪影響を与えなければいいのですが・・・

ストーカーは冗談ですよw
まぁあれですよ、バカをするのとバカなのは別物ですよ!

Posted at 18:05:49 2012/08/16 by きょび

Comments

インパクト

 スウェーデンやロスチャイルド、ロックフェラー、ロイターなどの洗脳。ペプシ、コカコーラ、フェースブック、ツィッターなどの暴走。レディーガガのどこがいいのやら?

Posted at 23:09:44 2012/10/26 by ノーベル賞

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。