2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

夜空を見上げて・・・

 【06//2012】

なんてロマンチックなタイトルなんでしょうw

んなことどうでもいいんです。

みなさん最近、夜空を見上げることはありますか?
都心に近いと夜空を見上げても星は数えるほどしか見えません。

しかし、少しですが星は見えますよね?


そしてその少ない星のうち大きな異変を迎えようとしている星が一つ。

そう、ベテルギウスという星。
みなさんもよくご存知ですよね。

この星、太陽の1000倍もの大きさをもつ巨大な恒星(太陽みたいに明るく燃えている星)。
この星がまもなく寿命を向かえ大爆発するといわれています。

え?ベテルギウスがどこにあるかって?見たことないって?

そんなことありませんよ。絶対みたことありますって!!!


そう、オリオン座の右上の星でっせ!!

こいつが近いうちに爆発してなくなっちゃうってんでぇこりゃあ大変だ。
おいおい、そんなことあったら地球一体どうなんちまうんでぃ!と熊五郎。
物知りの隠居の元へと駆け込んだ。

熊五郎:ごいんきょ~てぇへんだ!!ベテルギウスが爆発するらしいですぜ!!と熊五郎。

ご隠居:おうおうなんでぃなんでぃ!そんな血相かいて。なにが爆発するッてぇ?

熊五郎:なんでもよ、ベテルギウスってぇのが爆発するらしいですぜ。

ご隠居:べてるぎうす?そいつが爆発するって誰から聞いたんじゃ?

熊五郎:なんでもよ、南蛮渡来の学者さんがそういってるんでぃ!もしかしてご隠居、ベテルギウス知らねぇんで?

ご隠居:あぁ知ってるとも、まぁそいつが爆発したらてぇへんだ。あぁてぇへんだ。

熊五郎:一体爆発したらなにが起こるんで?

ご隠居:お前さんそんなことも知らんのか?

熊五郎:だからご隠居のところにきたんですぜ!!教えてくだせぇ!!

ご隠居:教えてやらんでもいいがものすごいことになるぞ覚悟はできてるのか?

熊五郎:覚悟はできておりやす!!

ご隠居:ほんとにいのか?

熊五郎:でぇじょうぶですって!!!もしかしてご隠居、ほんとはしらねぇんで?

ご隠居:知っておるはわしをバカにするんじゃあねぇ!!

熊五郎:じゃあベテルギウスっていう恒星についてしっかりとおしてくだせぇ!

ご隠居:よいか熊五郎、しっかりきくんじゃ。そもそもこうせいというのはしっかりしていなくちゃいけね。
それがメチャクチャになると、とてつもなく炎上するのじゃ。

熊五郎:なるほど、それで爆発するですね。

ご隠居:そうじゃ、とにかくこうせいはしっかり考えてやらないとこのブログのように、メチャクチャになってしまう。そして、いずれ炎上し、作者が爆発して跡形もなく消えてしまうのじゃ。

熊五郎:それって恒星じゃなくて構成では?


おあとがよろしいようで。



めっちゃ脱線してしまいました。
ふと思いついて落語風にやってみようと思いましたが、結局のところはちゃめちゃになっただけでしたね(笑)

話を少し戻して、このベテルギウスというほし、ほんとに寿命の99.9%を終え、ほんとにいつ爆発してもいい状態、もしかしたらすでに爆発している可能性もあるとのこと(地球から見える星は距離に応じて全て過去しか見えないから。)

さて、もし爆発したらどうなるか?

恒星の爆発というのは過去に何度もあったそうですが、今までで一番近い位置にある星があるのでもしかしたら地球にも何かしらの影響の可能性があるかもしれないらしい。(コズミックフロントでガンマ線がどうたらこうたらで地表の生物がヤバイ言ってたwwww)

まぁ被害はどうでもいいとして、もし爆発したらそれはもうすさまじい光を放ち小さな太陽が夜空に浮かぶように見えるそうです。

月よりもかなり明るいのでもし爆発したら地球からでも昼にでもはっきり見える。

それが数ヶ月続き徐々に消えていくというのです。

もしそれが起きれば日食、月食とは比べ物にならない天体ショーになりそうですね。

99.9%の寿命を終えているとはいえ、宇宙感覚の時間と人間感覚の時間じゃ全然違いそうなので私たちが生きているうちに見えるかどうかはわからない気もしますけどね。

というわけで、もしかしたらなくなるかもしれない、星、ベテルギウスを眺めてみてはいかがでしょうか。という記事でした。


おあとがよろしいようで。



追記
『おあとがよろしいようで。』というのは本来は落語で次の人の準備ができたようでという意味らしいですね。
つい最近までは私はなんか終わりにうまいこといったとか思っていました。
スポンサーサイト

Category: 科学っぽいの(笑)

Theme: どーでもいいこと。

Genre: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。