2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

そうだ、キャッチボールをしよう!!

 【14//2012】

新コーナー!!そうだキャッチボールをしよう!!!!


というわけではじまりました、新コーナー『キャッチボールをしよう!!』ですが、最近週末は友人とキャッチボールをすることのが決まりになってきているんですね。

私も運動不足ぎみですし、中学まで野球やっていたので、ボールを投げる捕るというの結構好きなんです。

だから結構楽しく運動不足を解消しているのです。

まぁ私の話はさておき、キャッチボールするのは近くの緑地公園の広場でやるのですが、休日ということで小学生くらいのサッカー少年、野球少年が多いんです。

しかし、そんな中にも私たちのような大の大人がキャッチボールするという人も結構いるわけなんですがっ!!!

中にはまったくボールを投げたことない、捕ったことないような人もやっていることあるんです。

まぁぶっちゃけ言っちゃえばヘタクソという感じなんですが、普段ボールを投げたことがない人っていうのはそういうものですよね。

徐々にうまくなればいいわけです。

ただ、あまりにもの動きにこっちでキャッチボールしながら『ここをこうするといいのに・・・』とか横目でちらちらと見ているわけです。

ですが、知らない人にいきなり指摘されても『は?』となると思う。

そこで思いついたのがこのコーナーというわけです。

というわけでこのコーナーではキャッチボールしたことないけどしてみたい、これからキャッチボールするんだけど・・・という人向けに発信していこうと思っているわけです。

というわけで今後書いていこうと思っているのが以下のことを書いていこうと思っています。

1道具の選び方

2キャッチボールする際気をつけること

3ボールの投げ方

4ボールのとり方

あとは思いついたこと取り上げていこうと思います。


というわけで今回は初回ということで道具の選び方から入っていこうと思います。

まずキャッチボールに必要なもの。

グローブとボールですね。

グローブの前にボールの話を。
野球で使われているボールは軟式と硬式がありますが、キャッチボールでするなら軟式の方がいいでしょう。
草野球も軟式が使われますし、もし身近で野球をすることになっても軟式を使用することが多いです。

それに広場なんかでやるには硬式球は硬くて見知らぬ人に怪我をさせてしまう可能性があります。

ボールを選ぶなら軟式にをオススメします。

次にボールにも種類があります。

ホームセンターやスポーツショップなどでボールがおいてあるところを見るとわかりますが、ボールの種類に

『A号』『B号』『C号』とあります。
これはボールの大きさを示しており大人であるなら『A号』を選んでください。

中には準硬式球というH号ボールというのがありますが、まぁそこは好みでいいのかな。
というか使ったこないのでわかりません。
この場合グローブは硬式用になるのか、軟式用でもいいのか・・・

わからんっ!!キャッチボール程度なんだからA球をつかえっ!!!ということにしておいてください。
↓楽天市場より紹介です。



さて、というわけで次にグローブの選び方に入ります。

これは・・・好みでいいです。好きなメーカーの好きなデザインのグローブを買えばいいんです。
もちろん選ぶなら『軟式用』のものになります。

そして、グローブの形状などでもポジション別、たとえば外野用、内野用(の中にもセカンド用ショート用など)、ファースト用、ピッチャー用、キャッチャー用、つまりは全ポジションにそれぞれにあったグローブがあるわけです。

さらにはオールラウンド用なんていうのもあります。

大雑把に特徴を書くと、

外野手用はフライやライナーそして守備範囲が広いためポケットが深くグローブ自体が大きめ。
内野手(ファーストは除く)用はゴロなどボールをとってすぐ投げるという動作が多いため小さめに作られているなどです。

ただ基本的にはどのポジションでどのグローブを使わなくてはいけないということはないですし、ましてやキャッチボールするのが目的であるのだから、自分の好みで選ぶのが一番いいでしょう。

あとはグローブのメーカーについてですね。
ほんとにキャッチボール用に安価で980円くらいで売っているものもありますが、これはオススメできません。
理由は、革が破けすぐ壊れます(笑)。

いや本当です。
私はマイグローブを持っているのですが、友人は持っていないため、某ディスカウントショップで買った安物を使っているのですが、これで実は3つ目。

全部革が裂けて破けてしまっています。

無名のメーカーは捕りやすさも考えて避けたほうがいいでしょう。
軟式グローブの価格帯は3,980円から8000円程度のもであればしっかりしたものが買えます。

そこで一応オススメというかグローブと言えばのメーカーをいくつか紹介しておきます。

まずグローブ、というか野球といったら『ミズノ』ですね。
プロの野球選手もこのメーカーを使っている人が非常に多く、私自身も小、中学のときは愛用していました。
今のグローブもだいぶへたってきたので次に買うときはミズノにします。
↓オススメというわけではないですミズノグローブの一例(手の甲に辺りにあるのがメーカーロゴです。)


とにかく昔からあるメーカーですのでボールの捕りやすさや耐久性もしっかりしているので安物で安心して使えるでしょう。


次にあげるのは『ZETT(ゼット)』というメーカー。
コチラも国産の野球関連ではかなり老舗のメーカー。
小学生時代の最初のグローブがこれでした。
↓コチラも同じくです。

日本で野球用品買うならこのミズノかZETTを選んでおけば間違いないでしょう。

そしてもう一つ、『ローリングス』というメーカーがあります。
今私の愛用しているグローブがこれです。
ぶっちゃけいうとデザインで買いました。

でもこのメーカーはどうやらアシックスと統合したとかどうとか・・・詳しい話はわかりませんが・・・

このメーカーは今でも多くのメジャーリーガーが使用するブランドです。日本のプロ野球選手も使っていたはずです。

個人的な感想を書くと若干ですが、捕球するのにちょっと癖があるように感じます。
捕りにくいとか違和感があるとかじゃなくてなんていうんですかね、癖というか特徴というか。
結局使い慣れてしまうので気にすることはないのですけどね。

ちなみこれがマイグローブ。
グローブ修理完成2

他にもメーカーはナイキなどが出しています。

ここら辺はほんとに好みでいいでしょう。

最初はグローブは革で出来ているので最初は硬く、自分の手の形になじんでいないので捕りにくいのです。
使い込んでいくうちに自分のとりやすい形になっていきます。

そんな中でもあえて捕りやすさを求めるならやはりミズノということになるでしょう。


かなり長くなってしまったので一度ここで締めようと思います。

道具に関して言うと、グローブ型つけ方やメンテナンスなんかありますが、まぁそんな細かいこと考えてもしょうがない(物は大事にすれば長持ちするのですが)ので、それはまたいつかということで。

次は、なにをしようか、キャッチボールする場所について書こうか、投げ方について書こうか、それとも捕りかた。

まさかこの新コーナー1回きりで打ち切りなんてこのならんだろうか・・・
スポンサーサイト

Category: キャッチボール

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。