2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

キャッチボールをしよう! 捕球のためのグローブ編

 【16//2012】

さて、キャッチボールをするうえで投げることは非常に大事ですが、相手が投げたボールを取るというのも非常に大事です。

だって、いくら相手がうまく投げても自分が取れなくちゃ意味ないですもんね。

さて、最初に書いておきますが、このキャッチボールの記事に書いてあるコツのようなものは私の小、中学生時代の技術とそれに私の独学での内容になりますのでご了承ください。



ではまず、ボールを取るグローブについて少しお話を。

グローブそのものにも個性はありますが、最終的に取りやすさを決めるのは使い込んでグローブに型がついたときです。

グローブの型はボールを捕球するときだけにつくのではなく、自分好みにつけることができます。
小中学生のころは自分の好きな方に座布団の下にグローブを置いて踏みながら形をつけていたのを覚えています。


さて、次の画像を見てもらいましょう。
グローブの型2
グローブの型1

どっちが捕球しやすいでしょうか。

私は断然下の画像ですね。
とりあえず上下の画像の違いを書いておきます。

グローブの親指の位置が違います。
上は親指の先が人差し指の先に合うようになっています。

下の画像は親指の先が薬指の先にくるようになっています。

私は下の画像のように形をつけています。

さて、この違いは捕球にどういう変化があるでしょうか。

まずはポケット(ボールを取ったときのボールがグローブの中にどれくらい埋まるか)の深さが変わります。

あと捕球位置が変わります。

上の画像だと捕球位置は画像の通りになります。
グローブ取る位置2

下の画像の捕球位置はコチラ
グローブ取る位置3


まずは上の画像から

この捕球位置だと結構正しい場所のように感じますが、この辺りはグローブの折り目や縫い目があるため、ボールを弾きやすいんです。

そして手のひらに近い分さらに弾きやすくなります。

またボールを掴むポケットが浅くなるため掴んだボールがこぼれやすくもあります。


次に下の画像。
上の画像よりやや右上、人差し指の付け根あたりにボールが来ています。

グローブによっても異なるかもしれませんが、ここはグローブでは付け根に見えますが実際の指がある場所は人差し指の先っぽになります。

反発するものもなくグローブ自体の柔らかい部分なのでここでボールの勢いも吸収しやすく慣れればグローブを閉じなくても捕球できるくらいです。

また、この位置はグローブのほぼ中心になるので多少ボールがそれても取りこぼしが少なくなります。

スポンサーサイト

Category: キャッチボール

Theme: 野球全般

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。