2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アクセルペダルいじってみました。

 【18//2013】

さて、というわけで前回やると書いたデミオのアクセルペダル内のスプリングを交換してみる。
というのを実際に行っていました。

ペダルの外し方や詳しいやり方は、ミンカラなどで紹介してされているのでそちらを参考にしたほうがいいかもです。

とりあえず、すでにアクセルペダルは外してありますが。
簡単に外し方を書いておきます。

まずアクセルペダルの上にあるコネクタを外します。
コネクタはつまむとへこむところがあるのでそこ指でぎゅーっとやりながら一生懸命グリグリすると外れます。
外れたら、10mmか12mmのソケットあるいはメガネレンチでアクセルペダルを止めているナットを外します。

これでペダルは外れます。

そしてペダルを外したのが下の状態
デミオアクセルペダルスプリング2
デミオアクセルペダルスプリング1
ワイヤーがついていないのでかなりシンプルな感じがします。
ちなみにとまっているビスというかネジはプラスでもなく六角でもなく『トルクスネジ』というもので星型の工具が必要になります。
サイズは確かT-20だったかな。

ちなみに横から見てわかるとおり、アクセルペダルはカバーとの間にナットをかませてアクセルの高さを調整しましていました。
ペダル本体の元のほうをかさ上げするという方法もあるみたいですが、このやり方はFCのころからやっていたのでこういう風にしましていました。
現在はブレーキペダルの位置を調整したのですべて外しています。


そしてネジを外してふたを開けたのがこの状態。
デミオアクセルペダルスプリング3
ネジが2重になっています。
調べてみるとこれはバネが切れたとき、アクセルが戻らないのを防ぐためにあるようです。
さて、ここからバネを外すのですが、これも結構簡単で、慎重にバネがびよ~んてならないようにアクセルペダルごしごししごけば外れます。
デミオアクセルペダルスプリング4
バネを外したのがこちらです。
上が外側のバネ、下が内側のバネです。
内側のバネは逆巻きになっていて、さらにゴムのスペーサーによってバネ同士が絡むのを防いでいるようです。
うち側のバネは逆巻きになっていて一般的にはなかなか手に入りにくいので、外側のバネを交換しました。

そして今回交換したのがコチラ。
デミオアクセルペダルスプリング5
右が純正、左が今回購入したもの。
指でフニフニしてみると明らかに硬いです。

これに内側のバネをつけて元に戻せば完成です。
ただ前より硬くなっているので戻すのは結構力が要りました。

なんともすごいざっくりなやりかたですが、まぁ本当に簡単でした。

さて、というわけでスプリングを交換してみて早速運転してきたのでその感想を・・・

すっごいいいよっ!!!
何がいいってアクセルペダルにちょいと足を乗せただけではエンジンの回転数があがらないっ!!!
つまりアクセルペダルにある程度反発ができたので、低回転域の操作がすごいやりやすくなりました。

我が家の近くは信号も多いし渋滞も多い、特に渋滞時はあまり加速ができないので、ちょいと吹かしてアイドリング位置でクラッチをつなぐようにする運転が多いんです。
そのときに、アクセルペダルがふわふわだと踏みすぎてブォ~ンってなったり、抜きすぎてエンストこいたりしていたのですが、バネを交換してある程度重さと抵抗ができてすごい操作しやすくなりました。

個人的にはもうちょっと重くてもいいかなとも思いますが、アクセルの調整にたまっていたストレスからも開放されたので、まぁ十分に合格点です。

そしてアクセル操作に使っていた集中力が分散したおかげかデミオがものすごい扱いやすくなり、加速感や旋回感も楽しめるようになってきました。

やっべぇ本当にデミオおもしれぇwwwww
って感じです。

さて、というわけで皆さんもデミオに限らず、電子制御式のアクセルペダルで軽すぎて不満を持っている方、ぜひともこの方法はオススメしませんよっ!!!

まぁ散々書いてきて何いってんだ話ですが、個人的には一つ不安な要素があるのでぜひやってみてくださいとはいえないんですよね。

その不安要素というのが、強度の問題。
バネ側の強度は心配要らないと思いますが、画像をごらんいただければわかるとおり、アクセルペダル全体が樹脂製でできているんですよね。

基本的には純正のままで使うのであれば何度もテストをしているでしょうし心配ありませんが、そこに反発を強めたバネをおいた場合のバネを支える根元の強度に関してはまったくの未知数です。
他の方の記事では特に問題が起こったような記事は書かれていませんが、今後どうなるかはわかりませんしね。
なので私も近いうちに中古で予備のペダルでも買っておこうかななんて考えています。

とはいえバネを変えたことによる操作感向上は間違いないの元に戻すつもりはないんですけどね。
純正でこれくらいのペダルだしてくれないかなぁ・・・

あ、ちなみにブレーキペダルの位置も変えましたこれは画像とってないのでまた調整する日が来たら書こうと思います。

スポンサーサイト

Category: デミオ

Theme: 整備

Genre: 車・バイク

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

いつも2000回転発進号

つまり・・・
スロコンが高いけど安全(でいて同じような効果が得られる!?)なのでしょうか?^^;

Posted at 23:36:44 2014/01/20 by お邪魔します

Comments

Re: いつも2000回転発進号

スロコンは持っていないのでわからないのですが、アクセルそのものの重さ自体は変わらないと思います。
私が思うに慣れと好みの部分が強いんじゃないでしょうか。
私の場合はふみ応えがしっかりしていたほうが好みなのでバネを固くしてみました。
これでスロコンでアクセルの開度をまったり気味にすればもっと好みに近づくかもとか思います(笑)
> つまり・・・
> スロコンが高いけど安全(でいて同じような効果が得られる!?)なのでしょうか?^^;

Posted at 14:46:32 2014/05/17 by きょび

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。